WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年2月号

日本の工芸を元気にするための感情デザイン[さんち~工芸と探訪~] 目指すは「産地」への移住者を増やす

「中川政七商店」が運営するWebメディア「さんち~工芸と探訪~」とアプリ「さんちの手帖」。同社執行役員の緒方恵さん、制作を担当したグッドパッチのメンバーに制作プロセスをうかがった。

さんち~工芸と探訪~
施策手段●Webメディア、アプリ
準備期間●約3カ月
実施期間●2016年11月~
施策スタッフ●株式会社グッドパッチ

01 課題背景・経済規模&職人数、全盛期からの衰退を食い止めねば!

日本の工芸をベースに、日本人ならではの文化や暮らしの知恵を活かし、現代にも溶け込むようリデザインされた生活雑貨の企画・販売・卸を手掛ける「中川政七商店」。「日本の工芸を元気にする!」という企業ビジョンの元、工芸業界にコミットすべく、コンサル、人材育成教育事業や流通サポートなどの事業も行なっている。工芸業界で生きる人が経済的に自立できるかつ誇りを取り戻している状態の再構築を目指し、これまでの取り組み以上に“元気な工芸”にコミットしようと、2016年から立ち上げた事業が、「さんちプロジェクト」だ。「日本の工芸全体を産地ベースで捉えると300箇所くらいあります。私たちがコンサルなどで関われているのは、約30ブランドほど。全体からするとわずかにすぎません。『日本の工芸を元気にする!』といっても、今までのようにコンサルや人材育成だけではできることに限りがある。もっとスピード感を持ってできることは何か考え、出てきた答えが「PR」。そこで『さんちプロジェクト』を立ち上げることにしました」(緒方恵さん)

全盛期には5,400億円あったマーケット規模も、今では約5分の1に縮小。30万人いた職人は約4分の1ほどに減少し、そのうち5割以上を50歳以上の職人が占めている。深刻ともいうべきこの後継者不足は、経済的な自立より解決を急がなければならない問題である。

「『産地に移住してものづくりをしていきたい』と思う若者を、いかに工芸業界に引き込んでいくのかと考えた時に、工芸だけにフォーカスをするのではなく、産地にある魅力を発信するべきだと。まずは観光に来て産地に触れて、観光が積み重なった先に、移住をどうつくっていけるか。それがこのプロジェクトでやっていきたいことです」(緒方さん)

cd9009aff53ab49dbedb3f2042636c39.jpg ceb08a63033131be56e3555e7b4bcb47.jpg
全国の工芸・産地に関する読み物を毎日更新。「本をめくる」ような感覚で、記事を探すことができる

 

02 ターゲット・「工芸女子」を増産するだけでは移住者は増えない

工芸への興味を産地に向け、移住者創出を目指す「さんちプロジェクト」。そのターゲット設定も独特だ。

「流行をつくるのは女性であることが多いので、最初のアプローチは女性へ届けるのがベターだと思い、『工芸女子』というような人たち、カルチャーをどう作るかを入り口に考えました。しかし、こだわりのある、品質の高い商品に対する投資幅が大きい男性に対しての訴求も諦めるわけにはいかない。購買行動が全く違う2つのターゲットを並べたときに、ペルソナに固執していては、本質に辿りつけないと思いました。途中であえてペルソナを曖昧にし、全方位的にコンテンツを作る方針でカバーしました」(緒方さん)

8ab1390f89a4ce675628128d2997571e.jpg
中川政七商店としての思い
緒方さんが課題背景の把握の元にした日本の工芸業界の現状。チーム内の課題感の共有にも役立った

 

03 過程・「産地」に興味が薄い人でも郷愁を感じるサイト&アプリとは?

興味をもって観光にきたユーザーに、いかに地元に愛着を感じてもらい移住したいと思える情報を提供できるサイト/アプリにするのか。「旅行」と「愛着」の間を埋める中間の行動をどうデザインするのか。制作陣にとっては、徹底したユーザー目線が必要だった。

「毎日18時くらいに社内ツールでアプリのプロトタイプを配信して、触る時間を作っていました」(鬼灯惺史さん)

「その時間になると開発者脳からユーザー脳にスイッチしてアプリに向き合うことができました。自分が開発に携わっていても、こうやってユーザー目線で向き合い、バグやUIのおかしな動きにも都度気づくことができ、キレイに整った使いやすいものになったと思います」(丸怜里さん)

55d3c861b71c3d20e2e54f400c202d49.jpg e0f117e1f9ce5d4fa7d0395a118bdc08.jpg
Webサイト https://sunchi.jp/
産地の魅力を深堀した読み物記事でユーザーの「行ってみたい」という興味を呼び起こす
okmhtfcsq.jpg ijngrdxa.jpg
アプリ https://sunchi.jp/app
訪れた産地の見どころスポットで「旅印」を収集

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年2月号

Web Designing 2018年2月号

2017年12月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

デザイナー経験ゼロでもわかる 最新UXデザイン

サンプルデータはこちらから

Webビジネスの勝ち組は「制作前」にコレをやっている!
成功するUXデザイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「下ごしらえ」のひと手間が、Webサイト実制作の難易度・ビジネスの成否を大きく変える!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PVは上がっているのに、コンバージョンに繋がらない!
Webサイトが期待するほどの効果をあげられない!
そこで、サイトの改善を急務として考えている方は多いと思います。

Webサイトの弱点を改善して、成果の出せる武器にしたい、もしくは、Webを有効活用した新しいビジネスを立ち上げたい。そうお望みの方に、「UX(ユーザー体験)」のノウハウをお勧めします。

UXとはとても端的に言えば、ユーザー視点で設計やデザインを考えることです。マーケティングの世界は、ユーザーの心をとらえる「体験を売る」時代になり、ますますこの考え方が取り上げられるようになりました。ただ、「UX」という言葉が先行して、イマイチ何のことかわからない、理論はわかるけど実際にどこから手をつけていいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

UXは闇雲に叫んでも成功するものではありません。そこには理論に基づく準備やプロセスがあります。
本特集を一通りお読みいただければ、無意識にUXの理論や見るべき視点、メリットや期待できる効果などが把握でき、みなさんのビジネスの現場で応用ができるようになることでしょう。

【段違いの成果が出るUXの「5プロセス」】

[1]心を1つに。
プロジェクトチームの意識共有を図ろう

[2]お客様を知る。
ユーザーの「ホンネ」や動向を知ろう

[3]商品を知る。
プロジェクトにおけるビジネス的課題を把握しよう

[4]理想を描く。
商品のあるべき姿を描き、実現のためのアイデアを練ろう

[5]つくる・見せる・話を聞く。
原型を部外者に試してもらい、反応を見よう


<こんな方にオススメです>
・UXをまずは何から始めていいのかわからない
・UXってデザインだけじゃないの?
・そもそもUXってなにがよくなるの?
・部署を横断して取り組むべきなのはなんとなくわかっているが、説得する自信がない
・理論だけではなく、現場で実践していることが知りたい
・Web解析時のUX評価方法や改善方法を知りたい
・UXの重要性をクライアント・上司に理解してもらいたい
・効率よく成果をもたらすためのテクニックを知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています