WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年12月号

数字の「見える化」でわかる比較・相関分析 基礎のキソ 分析がわかればレポートの読み方が変わる!

WebやSNSの課題に取り組むとき、レポートとして上がってきた数字を眺めているだけになっていませんか? 問題点や解決の糸口を見つけるために、比較分析の基礎知識を知っておきましょう。

PDCAの精度を高めよう! 数字の「見える化」がカギ

もしあなたがネットショップ担当者で、上司に今月の成果をたずねられたらどう答えるでしょうか? 「まあまあです」「なんとか大丈夫です」といったあいまいな回答では、人によって受け止め方が違います。これを「今のところ売上目標の80%で、残り20%は月末のセールで達成できそうです」と返せれば、事実を客観的に共有できます。

さらに、事実から課題を見つけ仮説を立てるステップでも、数字は欠かせない手段となります。例えば1万人の集客を目標とし、結果が8,000人であった場合、参照元は検索が多いのか、SNSなのか、メルマガ配信数に対して反応は…などなど、数字によって実際の状況を把握することができます。ビジネス用語で言うところの「見える化」です。

しかし、見える化だけでは分析したことにはなりません。男女比や過去の購入履歴と掛け合わせて傾向を見たり、以前と比較して施策の効果があった点・なかった点などから、なぜ達成できなかったのか仮説を立て、次の打ち手に繋げる必要があります。

このように数字から現れた事実(ファクト)に対して、そこにどういう意味があるのか考えること(ファインディング)が、データ分析の大きな意義なのです。今回はその基本として、比較分析と相関分析について解説します。

数字に苦手意識をお持ちの方も少なくないと思いますが、そんな方こそここで少しだけ、基礎知識や間違えやすいポイントを覚えておいてください。きっと、いつものレポートから見えてくるものが変わるはずです。

 

眺めているだけじゃダメ!「比較分析」の手順を知ろう

比較分析は、まず分類軸を選定し、数字を加工・比較して差異を抽出し、最後に知見をまとめるという手順で行います。分類軸として最もよく使われるのが「デモグラフィック」です。これは性別・年代・職業などといった顧客の固有情報のこと。この他、月別や曜日別といった「時間比較」、前年・前月などと比べる「経年比較」といった分類軸があります。

d28e36ec1c164ef188287a7129436c0b.jpg
比較分析のすすめ方
「比較分析」は数字を出すだけではなく、そこにどういう意味があるのか考えるまでが1セット
edcf918c07753b98fb1e8e1dfd39a4b.jpg
比較分析はこんな軸で分類しよう
マーケティングは、デモグラフィックを出発点にさまざまな分類軸と掛け合わせていくのが基本

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています