WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年12月号

[お悩み10]「KPI」って解析ツールのどの項目のこと?

データ解析の分野ではしばしば話題となるKPI。これは、自分たちの大きな目標(KGI)の達成度合いを測るための、中間的な指標のこと。ここではそのKPIを、どのようにして設定し、どう見ればいいかを考えてみましょう。

 

KPIは目標次第で変わってくる

KPIとは、自分たちが求める大きな目標(KGI)がどの程度達成されているのかを測定するために参照する「中間目標」のことを言います。たとえばP■でお話した「コンバージョン数はユーザー数の1%が目安となる」ことを念頭に置いた場合、目標のコンバージョン数(KGI)を実現するためには、サイトを訪問するユニークユーザー数が「目標コンバージョン数の100倍」になる必要があります。仮に目標コンバージョン数が月に100件だった場合、KPIは月間1万ユーザーの訪問ということになります。この値を下回っている場合には、まだまだ集客に力を入れる必要があるということになります。

こうしてKPIを定めておくことで、Googleアナリティクスのどこを見ればいいのかもはっきりしますし、その項目の効果があがっているのか、そうでないのかという評価もしやすくなるというわけです。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています