WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年6月号

GAアプリを武器にする AIアシスタント機能をフル活用!

現在、無料のWebサイト分析ツールで最も有名なGoogleアナリティクス。スマートフォンのGoogleアナリティクスアプリのみ、AIを使った「アシスタント」機能が用意されている。AI機能を中小企業のWeb担当者の仕事にどう活かすのか、使い方の概要も交えながら、そのヒントを伝えてみたい

GoogleアナリティクスではAIを利用した機能を搭載

Webサイトを制作したからには成果を期待し、分析のために「Googleアナリティクス」(以下GA)を実装したはず。このGAにもAIを利用した機能が搭載されているのをご存じだろうか。Webサイトのアクセス状況を教えてくれる「アシスタント」は、AIが分析した結果をテキストで表示する、スマホのGAアプリのみに提供された機能だ。

df3b93b9c75d4aa23b5f9caf3b4d2720.jpg
01 アシスタント画面
Googleアプリが現在の状況を判断してくれる。何から見ればよくわからない方はこの画面をまず確認。GoogleのAIがデータから導きだした注目すべきポイントをGoogleが教えてくれる(※画像はタブレット表示。スマホの場合はひとつずつ縦に並ぶ)
944525ebd90b2cfebf88cd4959c5baff.jpg
02 スマホアプリの画面とGAアプリのホーム画面
PC表示と多少項目が違うが「ユーザー」「ユーザー獲得」(PC画面でいう「集客」)「行動」には「サマリー」がある。分析結果がグラフになっているので、見た目でWebサイトのアクセス状況がわかる

ここでは、「手間がかかる」「わからない」などの理由でGAを利用していない人が、アシスタントも含めた分析結果を確認できるような、解析の第一歩を踏み出すための後押しをしてみたい。

 

スマホだからこその操作性とグラフによる視認性アップ

スマホアプリは、PCよりも見やすい。操作は直観的で、組み込まれているレポートにはグラフが表示されるので見ただけでわかる。

アシスタント機能を使う前に、まず手始めに、「ユーザー」「ユーザーの獲得(PCでいう集客)」「行動」の3つのサマリーを見てほしい。

筆者が一番おすすめしたいスマホアプリのレポートは、Webサイトへの新規ユーザーの流入数を「1週間24時間別に色の濃淡で表示」しているものだ。

4332ab0b69ac16446af40fadad2c6b8b.jpg
03 「ユーザー獲得」サマリー内「新しいユーザー(時間帯別)」
週のどの時間に流入が多いかが一目で判断できる。特に設定も必要なく、アプリでは標準で組み込まれている(eコマースにも同様のレポート「収益(時間帯別)」があり、購入者の行動がすぐにわかる)

見ただけで誰でもわかるデータなので、例えば、有料広告の流入効果を確認、改善の参考にできるだろう。

PCでは「目標」の中にある「eコマース」、スマホはホーム画面に項目あるので、一目でわかる。「eコマース」の組み込みレポートで、売上金額や1ユーザーあたりの購入点数、そして「何が売れたのか」などを直感的にすぐ把握できる。また、画面上部の<>をタップするだけで期間を前後できるので、PCにはない操作感で期間による比較が簡単に行える。さらに収益の結果を1週間24時間別に示してくれるレポートは、「メルマガの配信時間」や「有料広告の強化」などの施策を行った効果を自分たちで確認・判断が出せることが、ビジネスの上でも有効だろう。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年6月号

Web Designing 2017年6月号

2017年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

6月号のテーマは「AI」です。「え!?」と思った人、ぜひ本書ですでに直面している現実をご覧ください。

現在、ビジネスのキーワードとして飛び交っている「AI(人工知能)」。人間の脳の代わりとなり、さまざまな仕事をAIが賄ってくれる未来像がネット上でも飛び交っています。「人間の仕事を奪うのではないか」「人間を支配するのではないか」そういって煽るメディアも多々ありますが、果たして現在のAIとは、本当にそんなSFのような話なのでしょうか?
答えは「今はNO」です。
むしろ、AIはインターネット、そしてSNSといったものと同じ、現在のマーケティングを加速させる「新しいマーケティングツール」なのです。

一方、AIの導入は巨額の開発費を投資できる大手企業の話であり、自分たちのような中小規模の企業には関係ないと思っていませんか?
答えは「NO」です。
むしろ、時代の流れに少なからず影響を受ける中小企業こそ、大手との仕事のため、企業成長のため、正しい理解と認識が必要です。

AIは今すぐに、多額の投資をしなくとも活用できる状況がすでに作られています。
人工知能によってマーケティングにおけるあらゆるコミュニケーションが変わっていく可能性があり、そんな時代はもうすぐそこまで来ています。仕事の効率化、人件費削減など中小企業が抱える長年の課題に対する解決の道筋をつけてくれる可能性が大いに有り得ます。
御社の競合がAIを使った施策を行っている、そう聞いてからでは遅いのです。
本特集では、今、現場で活用できるAI技術を使ったWebマーケティングの方法と、それによるリソース面、予算面のメリットまで追求します。

第1部 【中小企業Web担こそ!】いますぐAIを検討すべき理由
●いますぐ使えるAIの基礎理解
●図解・AIがマーケティングで注目される理由
●AIの仕組み~要するに、何をしてるの?~
●AIをビジネスツールとして活かすには

第2部 AIを現場の即戦力にするメリット
●AI搭載型botでオペレーションコスト低減へ!スモールスタート可能なチャットボット活用法
●AIの機能は「分析」ではなく「分類」だ!AIの導き出す「答えの見方」
●実録・AIでFAQを作る
●こんな身近にある!AIツール

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています