WD Online

知的財産権にまつわるエトセトラ Web Designing 2020年12月号

ライセンス契約で留意すべき「当然対抗制度」 ~青山ではたらく弁護士に聞く「法律」のこと~

身の回りに溢れる写真や映像、さまざまなネット上の記事‥‥そういった情報をSNSを通じて誰もが発信したりできるようになりました。これらを使ったWebサービスが数多く誕生しています。私達はプロジェクトの著作権を守らなくてはいけないだけでなく、他社の著作物を利用する側でもあります。そういった知的財産権に関する知っておくべき知識を取り上げ、毎回わかりやすく解説していくコラムです。

2020年の著作権法改正によって、以前本連載で取り上げた私的違法DLの拡張などとともに、10月から「当然対抗制度」という制度が導入されました。あまり注目されていないのですが、読者の皆さんのライセンス契約実務にかなり大きな影響がありますので今回ご紹介します。

著作権者からライセンスを受けて著作物を利用することは一般的ですが、ライセンシーの権利(利用権)はとても不安定なものでした。というのは、著作権者が著作権を譲渡してしまった場合、ライセンシーは譲受人に対抗(利用権の主張)ができないからです。つまり、著作物を利用すると譲受人への著作権侵害になってしまいます。

ライセンシーの利用権は、契約をした相手(ライセンサー)にだけ主張できるもので、契約の当事者ではない譲受人に主張できるものではありませんでした。そのため、譲受人から要求されたら利用を止めるか、譲受人との間で改めてライセンス契約を結ばないといけなくなります。

もちろん、著作権を譲渡したライセンサーに対して損害賠償の請求はできますが、著作物の利用を止めるのは大きな損失です。これではライセンス契約を結んでも安心して著作物を利用することはできません。

そこで、ライセンシーの地位の保護を強化するために導入されたのが当然対抗制度です。この制度により、ライセンシーは譲受人に利用権を対抗できるようになります。ですから、著作権が譲渡されても著作物の利用を続けることができるわけです。しかも、ライセンス契約を結んだ時点で著作権が譲渡されていたとしても、その譲渡について文化庁への登録まで行われていなければ、利用権を対抗することができます。著作権の譲渡をしても登録まで行う例は多くないので、利用権が対抗できるケースはかなり多くなると予想されます。

著作権者がライセンス契約を結びつつ著作権を譲渡することは考えにくいかもしれません。でも、著作権者が死亡して、相続人がライセンス契約のことを知らずに著作権を処分してしまうことや、著作権者の破産や債権者からの差し押さえで強制的に著作権が譲渡されてしまう場合もあります。

なお、この当然対抗制度は、10月1日以前に締結されていたライセンス契約上の利用権にも適用されます。ですから、今までに結んだライセンス契約上の利用権も、10月1日以降に行われた著作権譲渡の譲受人には対抗ができるわけです。

利用権の保護が厚くなったことで、ライセンシーの地位は向上しました。一方、譲受人の立場では、著作権の譲渡を受ける場合、ライセンス契約の有無に注意する必要がありますし、著作権譲渡の登録手続きを想定しておくことも必要になりそうです。

copyrights_01.jpg
著作権の譲渡が行われた場合の「著作権者(ライセンサー)」「著作権の譲受人」「ライセンシー」の関係性
office_LOGO.jpg
Text:桑野雄一郎
1991年早稲田大学法学部卒業、1993年弁護士登録、2018年高樹町法律事務所設立。著書に『出版・マンガビジネスの著作権(第2版)』(一般社団法人著作権情報センター 刊 2018年)など http://www.takagicho.com/

掲載号

Web Designing 2020年12月号

Web Designing 2020年12月号

2020年10月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に業務を加速させる![図解]ビジネスツールガイド・Microsoft Teams使いこなし小冊子付き!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 12月号(10月17日発売)特集

8人のプロに聞く、Withコロナ時代に手放せない強力ツール
超図解!Webビジネス33ツール


あなたの会社にピッタリなツールが「素早く」見つかる!

年末から年明けに向けて今までの「新型コロナ」自粛で溜まり溜まった業務やノルマを、一気に巻き返さなければいけない企業は多いことでしょう。また、未だ収まりそうにない事態に不安のある中、動ける今のうちにしっかりと準備をしておきたいと考える会社、チーム、個人の方がほとんどだと思います。そこで大きく力になってくれるのは、デジタルをベースとしたツールやプラットフォームです。

しかし、すべての人にピッタリな「万能薬ツール」があるわけではありません。それぞれの業種やミッション、チーム&個人の状況により合う合わないがあります。できるだけ早い時間に、できるだけ時間的・人的コストをかけずに「最適なツール」を見つけ出せないものでしょうか。

そこで本号では、「自社に最適なツール」を素早く見つけ出すための選び方を紹介します。

「企画立案」「チームビルディング」「プロジェクトマネジメント」「制作」「解析」と、Web制作をはじめとしたデジタル施策の大筋の流れに従い、IT分野で活躍するプロフェッショナルにおすすめツールを理由とともに紹介していただきます。

ツールの機能やおすすめのシチュエーションなどを、ポイントを一言で簡潔に説明するので、じっくり読み込む必要はなく、誌面を眺めるだけで自然と自分(自社)に合いそうなツールが把握できます。

数あるツールに迷っている方、導入のために多くの関係部署や上司を説得しなければいけない方! 本号で意思決定→本格導入までをスピードアップさせてください!

●STEP1. プロジェクト運営×ツール <関係者の意思疎通をスムーズにしたい!>

●STEP2. 企画立案×ツール<アイデア出し・ブレストの質をあげたい!>

●STEP3. 設計&実装×ツール<共同作業の「二度手間」を無くしたい!>

●STEP4. 解析&改善×ツール<客観的&的確な判断材料が欲しい!>

●[16ページスペシャル!]一歩先ゆく「Adobe XD」使い方ガイド

【特別付録小冊子】
使いこなし度100%アップ!
Microsoft Teams 徹底活用ブック

知ればさらに生産性が上がるTips&連携ツール

リモート時代に企業での活用が目まぐるしく広がった「Microsoft Teams」を、さらに快適&効率的&生産的に活用するための「プラスα」を凝縮した小冊子です。

やりとりが効率化するTipsはもちろん、Teamsを活用したWeb会議にあると便利なマイクやカメラなどの周辺機器、Teamsを会社の代表電話にする!といったTeamsと連携できるツール紹介など知っていると確実に業務がはかどる情報を丁寧に解説しています!

この記事を見た人はこんな記事も見ています