WD Online

リモートで成果を出すチームビルディング 離れていてもチームは強くなる!

コロナ禍のなか、多くの企業がリモートワークに取り組みました。しかし、ひとつの場所で一緒に働かなくなることで、業務効率やチームワークの低下を危惧する人も多いのではないでしょうか。リモートワークでも強いチームをつくる方法を専門家から学びます。

リモートワークでは「役割」が重要になる

在宅勤務によるリモートワークや、海外拠点、外部スタッフとの共同プロジェクトなど、チームのメンバーが離れた場所で仕事することが予想される今。リモートでのチームビルディングはどのように行うのがいいのでしょうか。

組織強化の支援を行う株式会社タバネルの代表取締役、奥田和広さんは「チーム」と「チームビルディング」の定義とそれぞれの目的を次のように説明します。

「例えば共通の趣味を持つ人が集まるサークルや、同じ学校に通っているクラス(グループ)と、企業のチームとの一番の違いは共通の目的を、協力して達成しようとする組織であること。そしてチームビルディングとは、共通の目的やゴールを理解した上で、メンバー全員が相互理解を深めて能力を最大限発揮できるチームを築くことだと考えています」

もちろんリモートワークであっても、チームとして力を発揮することは可能です。しかし、オフィスに集まらなくなることで、チームや部署、結果的に会社全体の力が低下することを心配する声も少なくありません。

そうした懸念の背景には「リモートワークでは上司の顔色やチーム内の“空気”を感じることができないから」と奧田さんは説明します。

「多くの日本企業では、これまで上司の顔色にあわせて動くことや、社内、チームの空気を読むことが重視されていました。たとえば『今日、部長は時間がありそうだから、プロジェクトについて相談してみよう』とか『最近、●●君が元気がなさそうだから、ランチに誘って話を聞いてみよう』など、問題が大きくなる前に、それぞれが“空気”を読むことでそれなりに成立していた側面があります。ところがリモートワークになると近くにいるわけではありませんから、顔色や空気、チーム内の状況を逐一見たり感じたりすることはできません。それだけに、誰がどのような役割を果たすのかをはっきりさせないと、チームとして機能させることが難しくなるでしょう」

なかでも奧田さんが注意を促すのは、ビジネスの基本といわれる「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」における、相談の欠如です。

リモートワークでも報告や連絡は、メールをはじめ、Microsoft TeamsやChatwork、Slackといったツールで行う企業も増えているため、それほど支障は感じないかもしれません。しかし、ちょっとした相談がなくなることが、とくにリモートワーク下のチームにとって大きなマイナスになります。

「例えば『あのときはどうだった?』とか『これで大丈夫だよね』といった、ちょっとした雑談のなかでのコミュニケーションがチームにとって実はものすごく大事なこと。こうした機会が少なくなっていくことで、チームにとって最も重要な目的の共有、理解、共感が難しくなっていきます」

teambuild_01.jpg
チームとグループの違い

 

目的の共有、理解、共感が強いチームをつくる

そもそも、なぜチームは目的の共有、理解、共感を持つことが重要なのでしょうか? その理由を奧田さんはリレーと、玉入れに例えます。

「どちらの種目が頑張れるか、さぼりやすいかと言えば、多くの人はリレーのほうが頑張れると言うでしょう。どちらも共通の目的は勝利ですが、リレーは今、どのチームが勝っているかなど、成果や進捗が明確です。一方、玉入れはどちらが勝っているか、競技が終わるまではっきりしません。さらに個人の貢献度もリレーの方がより明確です。つまり、頑張れるチーム、強いチームをつくるには、メンバーが共通の目的を共有、理解し、さらにプロジェクトの成果や進捗が見えること、個人の貢献が明確であることも大事な要素になります」

チームになることで、相乗効果が生まれることも重要です。そのためには、このチームなら頑張りたい、このメンバーになら相談したいと思えるかどうかがポイントになります。

「心理学用語で『心理的安全性』と呼びますが、誰もが萎縮することなく、チーム内に意見やアイデアを出しやすい環境があることが重要です。失敗やミスを強く責められる環境では、誰もチャレンジしなくなります。このチームならリスクをとって挑戦しても大丈夫と思える環境が、チーム力を高めることにつながるのです」

teambuild_02.jpg
チームとは
複数の人がわざわざ集まって、一人では成し遂げられない「共通の目的」の達成を協力して目指す
teambuild_03.jpg
チーム力の公式
チーム・ビルディング→チームの人数+αの力が生まれるのが理想。負の相乗効果を減らし、正の相乗効果を伸ばす。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています