WD Online

Bay Area Startup News Web Designing 2020年6月号

バーチャルワークプレイスを提供する「Spatial」 リモートコミュニケーションに没入感を!

海外で起こっている、あるいは起こりつつある新しいビジネスの潮流、近い将来に日本にやってくるであろうビジネストレンドなどを紹介・考察します。米国サンフランシスコ在住の筆者が、サンフランシスコおよびシリコンバレーの「ベイエリア」を中心に、イケてるスタートアップを中心とした会社、サービスを毎月1つ取り上げながら、その背景や目的、今後日本で起こりうるトレンドについて追究します。

AR/VR技術をエンタメだけでなくビジネス用途に活かす

リモートワークがどんどん加速する中で、ZoomやGoogle Hangoutといったオンラインミーティングツールの利用も加速しています。そんな中、今回注目したいのは、ARやVRの融合的な技術であるMR(混合現実)テクノロジーを活用し、仮想空間を活用したソリューションを提供するSpatialです。

ARやVRの分野は、まだ一般的なプロダクトとしては浸透しているとは言い難い状況ではありますが、アメリカの大企業リストであるフォーチュン1,000社の25%以上の企業からAR/VRのコラボレーションに対する強い需要があるとのデータも発表されており「まだまだこれから成長の余地がある分野」と言えます。その分野においてSpatialは「バーチャル・ワークプレイス」の実現を狙っているのです。

ARやVRの分野では、多くの企業がゲームやエンターテインメントに力を入れているのが現状ですが、それに対しSpatialは人々が日常的な仕事の目的で仮想空間をどのように利用できるかに着目しています。

具体的には、複数のビジネスマンが同じ仮想空間を共有するというもの。参加者を「アバター」で表示し、他の参加者が同じ部屋で話しているような体験を提供します。会話をするのはもちろん、バーチャルな壁を設けて図表を掲示したり、付箋を貼ったりすることができます。

考えてみれば、ZoomやGoogle Hangoutも共通のスペース(会議室)を設けて複数人が参加し、映像やテキストチャットなどでコミュニケーションを行なっています。それをより没入感のある世界で、よりリアルなコミュニケーションの環境を3D空間で実現させようということです。

ちなみにSpatialの操作は、ハンドジェスチャーを使ってPCでの操作より格段に直感的な操作ができるようになっています。「リアルなコミュニケーション空間」と考えれば、何かを伝えるのにキーボードを打つという動作はありえませんよね。

共同創業者でCEOであるAnand Agarawala氏は「仕事の未来はますます分散化していくと考えています」と語り、Spatialを活用すれば、バラバラな場所や環境にいるスタッフ全員が同じ部屋内に、テーブルを囲むように座っているかのような感覚を得ることができるとのこと。 

BASN01.jpg
Spatial
AR / VRでつくり出す3D仮想空間に複数でコミュニケーションがとれるスペースを提供するスタートアップ。2016年に創立し、ニューヨークとサンフランシスコを拠点にしています
BASN02.jpg
共同創設者の1人でありCEOのAnand Agarawala(アナンド・アガラワラ)氏。マルチタッチジェスチャで操作する3Dデスクトップインターフェイス「BumpTop」を生み出し、Googleに買収されたのを機にAndroidチームで活躍していました

 

バーチャル会議室とバーチャルデスクトップ空間

Spatialが提供する空間は2つあります。一つは、前述したような空間の参加者とまるで対面しているように感じられる「リモートプレゼンス」。もう一つは、“無限のデスクトップ”と呼ばれる部屋をモニターとして利用する「ナレッジルーム」です。Spatialは、「Microsoft HoloLens」「Oculus Quest」「Magic Leap One」「Qualcomm XR2」と提携しているソフトウェアプラットフォームですが、デバイスがないユーザーのために、Web版とモバイルアプリも提供しています。

ミーティングをスタートする際には、ホストユーザーが他のユーザーを同じ空間に招待します。部屋の中を見渡すと、同僚のアバターが表示され、コミュニケーションをすることが可能。このアバターは、ユーザーの2D写真を元にリアルな3Dに変換し、手と視線のトラッキングで生命を吹き込むAIを搭載しています。 

加えて、共有空間にはドキュメントや画像、サイトなどのマテリアルを表示し、それを見ながら会話をすることで、より現実の会議室に近い体験を提供してくれます。

 

5G時代のコミュニケーションの形フォードやKDDIも注目

Spatialは2018年に800万ドルのシードファンディングを、2020年の1月にはシリーズAで1,400万ドルの資金をシリコンバレーの著名VCやエンジェル投資家から調達しています。

Spatialの技術を利用している企業の一つが、フォードのインキュベーターであるフォードXで、モビリティに取り組むチームがリモートで共同作業するために、このソフトウェアを試験的に導入しています。現在のところ、Spatialは一度に15~20人程度を扱うことができますが、目標は数百人を一度に管理できるようにスケールアップするとのこと。さらに2020年2月、5G時代における新たなテレワークやユーザー間コミュニケーションシーンの創出を目的とする包括的パートナーシップを日本のKDDIと締結したことが発表されました。

これまでも、リモートでのコラボツールとしてはオンラインチャットやビデオチャットがありましたが、5Gネットワークの本格普及などを考えると、今後はSpatialのような、よりリアルな会議室を実現できるようなソリューションが増えてきそうです。

BASN03.jpg
現実の空間にバーチャルな3Dモデルやビデオ、ドキュメント、画像、Webサイトなどを表示し、共有します。ジェスチャの合図でさまざまなデータが現れる様子は、さながら近未来のSF映画のようです
BASN04.jpg
世界のどこにいてもバーチャル世界の自分の分身「アバター」によりメンバーが一同に介します。空間に掲示板を表示して付箋を貼ったりしながらディスカッションも可能。もちろんすべて参加者間で共有されます
BASN05.jpg
利用価格はフリー版と有料のエンタープライズ版があり(価格は規模によって要問い合わせ)、フリー版は1セッションにつき最大40分利用可能、スペースは3つまで保存できます。
0dbe44f02d94f68ac026ff0cabd70bb7.jpg
Text:ブランドン・片山・ヒル
米国サンフランシスコに本社のある日・米市場向けブランディング/マーケティング会社Btrax社CEO。主要クライアントは、カルビー、TOTO、JETRO、伊藤忠商事、Expedia、TripAdvisor等。2010年よりほぼ毎週日本から米国進出を希望する企業からの相談を受け、地元投資関係者やメディアとのやりとりも頻繁。 http://btrax.com/jp/

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています