CMS構築でマーケティングの基盤づくり|WD ONLINE

WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年4月号

CMS構築でマーケティングの基盤づくり コンテンツの一元管理、表示速度の向上、コスト削減…

ここ最近、サイトの課題解決のためにCMSを導入する事例が増えている。企業のWeb部門と制作会社がパートナーシップを組んでサイトリニューアルを行った事例として、クラブツーリズム(株)と(株)キノトロープに話を聞いた。

クラブツーリズム株式会社
https://www.club-t.com/

CMS導入はゴールではなく手段

クラブツーリズム(株)は、KNT CT ホールディングスのグループ企業として事業展開を行う旅行の販売会社である。売上は半数以上がカタログを中心とした紙媒体からの購買が占め、Webからは4割程度だ。客層は60~70代がメインで紙からWebへのシフトが急激に進んでいるという。2019年に行ったWebサイトリニューアルについて、同社の村上さちえさんと市川智之さんに、制作、CMS導入などを担当した(株)キノトロープの生田昌弘さん、村井竜さんとともに話をうかがった。

「リニューアルを行うというタイミングで複数社とパートナーシップを組みたい、という思いがあり探していたところ、グループ企業等の導入実績があったキノトロープさんをご紹介をいただきました」と村上さんは出会いのきっかけを語る。

「クラブツーリズムさんは紙のカタログのサービスレベルが高い。それに比べ、Webのサービスレベルが追いついていなかった。CMSを導入したいというオーダーではなく、サービスレベルを上げたいというミッションに対して、CMSを使えばこんなことができると示すのが今回の提案でした。担当の市川さんがシステムやコンテンツのことも明るかったので、CMSの導入はあくまで手段であることも理解されていました」(生田氏)

CMS導入の目的
HTMLで作成されたPC向けとスマホ向けのページと、レスポンシブに作成されたページが混在していたのがリニューアル前。CMSの導入を機にページをつくり直し、一元管理/運用が行えるようにデータベースの再構築を行なった

 

制作実務スタート1年前から社内理解のための準備

WebサイトのリニューアルにあたりCMS導入決定までは長い道のりだったそう。

「CMSを導入する立場からすると、正直なところ導入しにくい例ではありました。なぜかというと、CMSを入れなくても“しっかりと業務がこなせている”という事実がある。例えば、スマートフォンの表示も成立しているんです。いまは成り立っている状況だから、かえって初期コストをお願いするのが困難になってしまいました」(生田さん)

CMS導入の話が出ては消え、と繰り返してきた経緯があると市川さんが続ける。

「これまでもCMSの導入を検討したことはありましたが、一元管理されてしまうが故にフレキシブルな運用ができない。テンプレート化する場合、現場からの要望にこたえきれないといったことがハードルになってしまい、どうしても一歩が踏み出せませんでした」

ではその状況において、どのようにして社内の理解を深めていったのだろうか。

「制作の1年前からWeb販売部門、旅行を企画している現場のスタッフ、キノトロープさんと一緒に現状のサイトが抱える課題について、定期ミーティングを月1回のペースで行いました。社内の現場スタッフを巻き込んで進めたことは、社内への共通理解を促すうえで大きな要因となりました」と市川さん。これに加えて、全社に対して生田さんの講演を実施したのも功を奏したという。

「セミナーという場を設けていただき、先生という立場で講演を行わせていただきました。大阪、名古屋でも登壇し、クラブツーリズムさん全社で共通認識を揃えることができたと思います。強引にプロジェクトを走らせるのではなく、1年かけてなじませていくような感じでしたね」(生田さん)

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年4月号

Web Designing 2020年4月号

2020年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSはマーケティング戦力アップの最終兵器だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さまざまなマーケティング戦略の「母艦」にする実践ノウハウ

攻めのCMSマーケティング2020


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMS。
顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!

Web Designing 2020年4月号では、
積極的にビジネスを展開させるためにCMSを120%活用するノウハウを
現場レベルの課題感に合わせてお伝えします。


【こんな方にオススメ!】
■とりあえずWordPressにしてみたものの、実際の運用に様々な課題が出てきた
■既存のCMSではこの度やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【内容(予定)】
●[攻めの多角的発信]ワンソースマルチユースを実現せよ!
・情報発信先はWebサイトだけではない!アプリ・IoT・サイネージ etc.
・ワンソースマルチユースが考えやすいCMSは?(機能面&サポート面)


●[攻めの新ビジネス]Webビジネスの潮流にCMSで乗りこなせ!
・サブスクリプション、CX、SNS、動画、EC、AI・・・


●[攻めのマーケティング]CMSをマーケティングにフル活用せよ!
・さまざまなマーケティングツールを連携させる戦術ノウハウ


●[攻めのリニューアル]Webサイトリニューアルで収益を上げろ!
・既存サイトを「攻めのサイト」に変えるには


●[攻めの運用]効率的かつ業務改善に繋がる運営をせよ!
・多部署間連携をスムーズにするコツ

●[攻めのための守り]セキュリティを堅固にせよ!

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています