WD Online

特集一覧 Web Designing 2019年8月号

トラブル・混乱を防ぎつつ社内動画を活用するための最適ソリューションとは

社内で動画を最大限活用するためのTips11
Illustration_國廣稔

採用、研修、営業、社内報を動画にするといった、社内向けにも動画を活用しようという流れが強まっています。複雑な情報をわかりやすく伝えることができる動画の力を活用し、社内のさまざまな課題を解決しようというわけです。

しかし、いざ動画を利用しようとする際に問題となるのが、動画ファイルの管理です。社内動画を最大限に活用するためには、単にファイルをサーバに置いておけばいいというわけではありません。必要になった時にいつでも見つけ出すことができたり、プレゼンなどの用途に活用できたり、さらにはメンバー間で共有しやすかったりと、社内の誰もが使いやすい形で管理しておくことが必要となります。そうでなければ、どれだけいい動画をつくったとしても、活用は進まないでしょう。

そこで注目したいのがマイクロソフトが提供する中小企業向けの「Office 365 Business」や大企業向けの「Office 365 Enterprise」です。ビジネスシーンにおいて必携とも言えるWordやExcel、PowerPointといったツールを利用できるサービスとして活用している人は多いと思われますが、その中には、社内動画を管理し、活用するためのさまざまなアプリケーションや機能も用意されているのです。

そこでここでは、Office 365で、どんなことができるのか、Tips的に紹介してみたいと思います。

 

動画活用のコツ[プレゼン]:社内動画をプレゼンに活用する際の効率的ノウハウ

商品のプロモーションや機能説明の動画を、営業ツールとして管理し、活用するにはどういったソリューションを利用するのがいいでしょう。お客さんの前で動画を一つひとつ再生していくのでも構いませんが、複数の動画を1つのプレゼンとしてまとめ、ストーリーに仕立てて見せていけば、より効果的に魅力を伝えられます。マイクロソフトのプレゼンツール「Sway」や「PowerPoint」を利用すると、オンラインストレージ「One Drive for Business」内で管理する動画を利用して、魅力的なプレゼンを簡単に作成できます。

office02.jpg

 

 

動画活用のコツ[チームで活用]:大量の動画をチーム間でスマートに共有する方法

煩雑になりがちな動画ファイルの共有には、YouTubeなどの動画サービスを利用する方法もありますが、外部に公開したくない場合やチーム内だけで共有したい場合には、OneDrive for BusinessとSharePointという2種類のサービスがOffice 365には用意されています。どちらもオンラインストレージのサービスですが、ユーザー個人がファイルを管理するのがOneDrive for Business、チームやグループの共有スペースとして管理するのがSharePointで、SharePointには社内ポータルサイトを作れる機能も備わっています。

office08.jpg

 

 

動画活用のコツ[管理]:企画・プレゼン資料の作成時に品質向上と効率化を図るには?

研修動画、営業資料動画が膨大な数になった場合、それらを社内でどのように共有していくのがいいでしょうか。クラウドストレージベースの管理方法では、扱う動画の数が増えてくるとどうしても目的の動画を探しにくくなってしまい、運用上の課題が出てきます。そうした場合「Office 365 Enterprise」で利用できる「Stream」のような、社内用の動画配信や管理に特化したツールが頼りになります。社内スタッフが個々のウォッチリストを設定したり、チャンネルのフォローができたりと、まさに動画共有サイトのような使い勝手で利用できます。

office14.jpg

掲載号

Web Designing 2019年8月号

Web Designing 2019年8月号

2019年6月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

動画を作った! そのあとどうするの?

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「つくるだけ」では役に立たない!

Web動画を課題解決につなげる
必勝方程式

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

数年前より、Webマーケティング界隈では動画を使った施策が主流となってきました。
主要SNSプラットフォームも軒並み動画への動きを活発化させ、
インスタグラムストーリーやFacebook LIVE、TikTokなどさまざまなサービスが登場しており、
「動画は当たり前」という状況はますます加速しています。

これまでは「動画をつくる」ということに関してお金と時間、人手がかかり大きな障壁となっていましたが、
今ではスマホ1つで撮影でき、動画制作が手軽にできるツールも揃ってきました。
これで動画を使ってWebビジネスができる!…ちょっと待った!大事なことを忘れていませんか?

その動画、どう使ったらビジネスの課題解決に役立ちますか?
「動画をつくる」だけでは儲かりません。
それを本来の自分たちのビジネスの目的や課題(集客、商品売り上げUPなど)に結びつけて初めて意味があります。

せっかくつくった動画をどのプラットフォームに公開したらいいか、
動画を視聴した人にどんなアプローチをすれば購入まで誘えるか、
動画視聴者の動向をどんな数字を見て、どのように判断すればいいか…。

本特集では、せっかくつくった動画を120%ビジネスの結果に結びつけるために必要な考え方、
すべきことなどを系統立てて整理しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
集客や販売促進といった「外向け」の動画活用から、採用、研修、インナーブランディングといった「内向け」の
動画の効果的な活用法まで網羅!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【本号を読むメリット】
・動画を使った効果的な取り組みや戦略の立て方がわかる
・「動画をつくる」「動画を活用する」「動画を運用する」それぞれの目的で効果的な知見を得られる
・動画そのものだけに注目するのではなく、動画をビジネスのピースの一つとして、俯瞰的なビジネス施策のイメージがつかめる



【こんな方にオススメ】
■動画を作成したけどイマイチ期待する結果が出ていない企業Web担当者
■動最近話題の動画系サービスをマネタイズにつなげたい企業担当者
■動画作成は得意だけど、それを効果的に活用する施策提案までできるようになりたい制作会社
■動画施策を提案したいけど、決裁者に費用対効果がうまく説明できない担当者

この記事を見た人はこんな記事も見ています