くらしの本棚

第1回 生活のなかに無理なく活かせるダイエットの豆知識―『10秒ダイエット』(サンマーク出版)

エディター&ライター&スポーツインストラクターとして活動中。日々のレッスンでは美容や食の話題が多く、仕事を通して出合った本が数多くあります。美容、健康、グルメなど、実際に自分が役に立った、おすすめしてよかった本を紹介したいと思います。

56456_ext_06_0.jpg

10秒ダイエット(サンマーク出版)
真田陽一著

今でこそスポーツインストラクターとして、スタイルや健康を保つ生活を心がけていますが、編集の仕事だけをバリバリこなしていた頃は不規則な生活で運動習慣もなく、今よりも太っていました。編集を担当したピラティスやヨガの書籍を見ながら自分もチャレンジしては、長続きしなかったのを思い出します。

私のように、多くの人がダイエットをしようとして思うようにやせられなかったり、リバウンドしたり、長続きせず諦めてしまう人が多いのではないでしょうか? どんなダイエット方法がよいかも、たくさんの情報の中から一つひとつ調べていては、やせる前にかなりの時間を費やしてしまいますよね。

『10秒ダイエット』は、ダイエットの豆知識が1ページずつ120タイトル。10秒でやせるわけではありませんが、必要なことがわずか10秒で心に残るようにまとめられています。

私のレッスンに来られる方々は、やはり美容や健康に関心がある人が多いです。レッスンの前後には、ダイエットや健康によい食べ物、生活習慣などの話で盛り上がることも。食前に消化を助ける酵素をとることやギックリ腰の対処法、普段の生活にプラスしやすいプチストレッチなど、一方通行ではないさまざまな情報交換がされています。

ある程度やせたからといって胡坐をかいていては、年とともに少しずつ不健康な自分に逆戻りしていたかもしれません。私に磨きをかけたのは、そんな皆さんです。

だから情報収集は欠かせません。この本でもインストラクターとして参考になること、生徒さんにもおすすめしたいことが目を引きます。

私もよくレッスンで行っているエクササイズを「テレビを見ながらやってみて!」と言いますが、これは思いつかなかったというのが「トイレの7秒」。トイレの便座から立ち上がるときもエクササイズを忘れないなんて、目から鱗でした。

そして、インストラクターの視点から役に立ったのがこちら。

・運動前にカフェインをとると脂肪燃焼を促す
・朝食前の有酸素運動は体脂肪の燃焼アップ
・筋トレは就寝前にすると効果的
といった、相乗効果で効率よくできることが多いのもよいところです。

 

また、この本のひとことコラムでは、太っている今の自分を否定しすぎない、時には休むことも大事と、頑張りすぎのダイエッターにありがたいアドバイスであふれています。まるで付きっ切りでダイエットを応援してくれるパーソナルトレーナーのようです。

ページをパラパラとめくっていくと、生活のなかで無理なく活かせることが、わかりやすい言葉で書かれていて、心にすーっと入ってきます。ダイエットに行き詰まったときにも、また後から読み返しても、そのときそのときで必要な言葉が見つかるでしょう。

10秒というお伝えしやすいセンテンスなので、私も日々のレッスンで重宝しそうです。

プロフィール

大熊美智代(著者)
フリーライター&エディターとして美容健康、エクササイズ、グルメ、旅行など執筆・編集を手がける。2009年より新体操ワールドカップ元日本代表・ピラティスインストラクター松本宗子主宰のMTKウェルネスパートナーズ認定講師として活動。現在、よみうりカルチャー錦糸町、セントラルフィットネスクラブ、ヨガピス越谷レイクタウンなどでピラティス、ヨガ、パーソナルトレーニング等の指導を行う。スポーツ×ライフスタイルWEBマガジン『MELOS』(https://melos.media/)、『EPARKスポーツ』(https://sports.epark.jp/)にて記事連載中。編書に『マタニティ&ベビーピラティス』『ピラティスエクササイズ』(共に小学館)『千葉麗子のインテグラル・ヨーガ』(ローカス)等がある。ラーメン、かき氷、猫が好き【Instagram】@kuma_48anna