くらしの本棚

20016_1812123_s.jpg

購入形態

EPUB
1,518円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
>>電子書籍の読み方はこちら<<

紙の本を買う

新版 下肢静脈瘤

主婦の友社

足がつる、むくむは、下肢静脈瘤のサイン。早期発見で治療の選択肢が広がります。自己チェックや検査、手術法までを詳しく解説。

【電子版のご注意事項】

※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。

※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。

※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


足がつる、むくむは、下肢静脈瘤のサイン。早期発見で治療の選択肢が広がります。自己チェックや検査、手術法までを詳しく解説。

下肢静脈瘤は、静脈の血液が逆流しないように働く弁が
うまく働かなくなり、血液が逆流し滞って起こる病気。

ひどくなると血管が膨らみ、ボコボコと浮き上がって見えます。

これは、自然に治るものではなく、足がだるい、むくむなどさまざまな不快症状を引き起こします。

一昔前までは、治療には何日も入院が必要な手術が必要でしたが、

現在ではレーザーを使って原因血管を閉じてしまう日帰り手術が可能になり、痛みも体の負担も少なくなっています。

レーザー治療の大部分が保険適用になったこともあり、以前とは比べものにならないほど治療が受けやすくなりました。

本書では、レーザー治療をはじめ、ストリッピング手術など、治療法について図や症例写真、

体験談を交えて、わかりやすく解説しています。

下肢静脈瘤は、早期発見で治療の選択肢が広がります。

本書のチェック欄を参照し、症状があればまずは検査を受けてみましょう。

保坂 純郎(ほさかじゅんろう):四谷・血管クリニック院長。医学博士(日本医科大学、オスロ大学)。

1986年、日本医科大学医学部卒業。日本医科大学付属病院放射線科医局長、講師を歴任。

ニューヨークのコーネル大学Vascular Center(血管治療センター)にて、米国静脈学会会長、Min教授より血管内レーザー治療の指導を受ける。

2009年に四谷・血管クリニックを開院し、現職。レーザー手技により、皮膚を切らずに下肢静脈瘤を治療するスペシャリスト。

脈管専門医。放射線専門医。下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医。日本静脈学会評議員。弾力ストッキングコンダクター。

発売日:2018-12-19