くらしの本棚

20553_1757560_s.jpg

購入形態

EPUB
1,100円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
>>電子書籍の読み方はこちら<<

紙の本を買う

元気なうちから始める!こじらせない「死に支度」

主婦と生活社

NHK『ニュースウオッチ9』『ごごナマ』『助けて!きわめびと』ほかメディア出演多数!

終活カウンセラー1万5000人を育てた「終活」のプロ・武藤頼胡さん初の著書。
たくさんの相談にのってきた著者だからこそ語れる、最低限知っておきたい「60のエッセイ」を収録。
身近な人、そして自分自身の「もしも」のときに困らない、よりよく生きていくための知恵とヒントが一冊に!
親の終活に困ったとき、自分の人生に悩んだときの力強い「生きる手立て」となる本です。
「武藤式エンディングノート」も収録。

〈目次〉
●1章 早いに越したことはない! 終活をこじらせないコツ
「どこに連れて帰ればいいのか?」悔いが残った母の死
・認知症が進む父と中途半端なままのエンディングノート
・親の終活はこじらせやすい
・エンディングノートは自由でいい、自由がいい
・人生の棚卸しをして日々の感謝に気づく

●2章 過去と現在の「私」を見つめる作業で、人生の整理を
・出逢った人、モノなど過去は自分の歴史そのもの
・住んでいた場所や旅先など愛着のある土地の記憶をたぐりよせる
・過去にかかった病気やケガは生きてきた証、これからの指針
・「過去」を見直したら「今の自分」に目を移そう
・チェックしていますか? 自分の財産、そのすべて

●3章 未来に向かっての手はずを整え、軽やかに生きる
・人生最後の一日まで“甲斐”を持てる人生を!
・「今」そして「今後」の人生に必要なものを選ぶ
・一度に頑張りすぎると挫折する 片づけは「15分間だけ」
・「遺影写真」は自分らしさを出せる1枚で
・亡くなったあとの「遺品整理」もっとも困るのは「布団」!
・利用したい! 見守りサービスと「成年後見制度」
・認知症後の財産を守る! 「家族信託」に注目が集まっています

●4章 悔いのない「葬儀」こそ終活の集大成
・いきなり大きな判断を迫られるお葬式はだれもがピンチ!
・「お葬式っていくら?」まずはどんな葬儀をしたいかをイメージ
・「戒名」は必要? 「戒名」の意味とは?
・「お墓の引っ越し」が増加中 管理と継承は悩ましい現代の問題
・自宅で供養をする「手元供養」をご存じですか?

●5章 武藤式「エンディングノート」を終活の道しるべに
・エンディングノートは「手書き」がおすすめ
・年1回は見直して情報をアップデート
・エンディングノートで頭スッキリ、人生イキイキ体験談
・武藤式エンディングノート

発売日:2018-08-24

ページ数:162ページ