ぶくま_検索|978STORE

header_img

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 鎌倉ごちそう迷路
    五嶋りっか(著)
    彼女を救ったのは古民家カフェ「かまくら大仏」と、そこに出入りする謎の料理人・鎌田倉頼――略して“鎌倉”さんだった。
  • 迷宮のキャンバス
    国沢裕(著)
    謎解きは鑑定人にお任せ
  • 太陽に捧ぐ、ラストボール 下
    高橋あこ(著)
    エースになり甲子園をめざす響也を翠は病と闘いながらも、懸命に応援し続けた。練習で会えない日々もふたりの夢のためなら耐えられた。しかし…
  • 太陽に捧ぐ、ラストボール 上
    高橋あこ(著)
    人を見て“眩しい”と思ったのは、翠に会った時が初めてだった――。高校野球部のエースをめざす響也は太陽みたいな翠に、恋をする。「
  • 京都あやかし絵師の癒し帖
    八谷紬(著)
    物語の舞台は京都。芸術大学に入学した如月椿は、孤高なオーラを放つ同じ学部の三日月紫苑と、学内の大階段でぶつかり怪我を負わせてしま
    う。このことがきっかけで、椿は紫苑の屋敷へ案内され、彼の代わりにある大切な役割を任される。
  • 万国菓子舗 お気に召すまま ~花冠のケーキと季節外れのサンタクロース~
    溝口智子(著)
    ほっこり&レトロ。運命を変えるお菓子を、あなたに。
  • 世界のまんなかで笑うキミへ
    相沢ちせ(著)
    高2の美術部員・理央は、絵画コンクールで賞を逃して以来、スランプに陥っていた。ある日、学年の人気者・颯の存在を知り、二人は絵を通して距離を縮める。
  • 三月の雪は、きみの嘘
    いぬじゅん(著)
    自分の気持ちを伝えるのが苦手な文香は嘘をついて本当の自分をごまかしてばかりいた。するとクラスメイトの拓海に「嘘ばっかりついて疲れない?」と、なぜか嘘を見破られてしまう。