ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

9784839981488.jpg

購入形態

EPUB(リフロー)
748円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

神様の用心棒 ~うさぎは星夜に涼む~

マイナビ出版

時は明治――戦(いくさ)で命を落とした兎月は修行のため宇佐伎神社の用心棒としてよみがえり、日々参拝客の願いを叶えている。
函館山も深い緑に包まれ過ごしやすくなってきた中、神社には画家の藍介と付き添いでお手伝いのお鈴が絵を描きに頻繁にやって来るように。
それからしばらく経ったある日、真っ青な顔をしたお鈴が「藍介を助けて」とやって来たのだった!?

続々重版の大人気和風ファンタジー第5弾!

発売日:2023-01-20

目次

著者プロフィール

  • 霜月りつ/アオジマイコ(著者)

    ■著者
    霜月りつ(しもつき・りつ)
    富山県生まれ。駒澤大学卒業後、編集者、ライターを経て作家デビュー。
    著書は『神様の子守はじめました。』(コスミック出版)、『あやかし斬り 千年狐は綾を解く』(小学館)、『百華後宮鬼譚』(ポプラ社)、『探しものは妖怪ですか?』(新紀元社)など多数。

    ■イラスト
    アオジマイコ

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
    沖田円(著)
    両親の不仲に悩む高1女子のセイは、優しくも不思議な少年ハナと出会い、惹かれていく。だが、彼は過酷な現実を背負っていて…。
  • 君が落とした青空
    櫻いいよ(著)
    彼が交通事故に遭ったのを目撃した高校生の実結。気づくと、その同じ日を何度も繰り返していた…。