ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

9784839979263.jpg

購入形態

EPUB
792円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

神社であった泣ける話

マイナビ出版

神社を舞台にした 14編のアンソロジー

本書は神社を舞台にした14編のアンソロジーです。

これまで刊行してきた「泣ける話」シリーズを3月刊「神社であった泣ける話」よりリニューアルします。
収録12編を14編にし、1編あたりの分量も増え、大きくボリュームアップしました。

14編のうち以下の1編は、マイナビ出版主催の短編小説コンテストの受賞作です。

【優秀賞】

『巫女のバイトをする理由』伊瀬ハヤテ


【収録作品】

鳩見すた『神出ボーイミーツ鬼没ガール』

桔梗楓『やさしくて、少しかなしいまぼろし』

溝口智子『舞い散る、舞い継ぐ』

霜月りつ『ひとつ足して』

那識あきら『越えてぞ行かまし八重垣を』

一色美雨季『鎮守の森のあふちの実』

杉背よい『バス停』

猫屋ちゃき『いつか見た日の』

ひらび久美『ナギの葉っぱ』

朝来みゆか『幼き願い』

編乃肌『御神木は語らない』

日野裕太郎『お稲荷さん、引き取りにまいりました』

矢凪『神頼みではなく、亀頼みを。』

伊瀬ハヤテ『巫女のバイトをする理由』

発売日:2022-03-11

目次

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
    沖田円(著)
    両親の不仲に悩む高1女子のセイは、優しくも不思議な少年ハナと出会い、惹かれていく。だが、彼は過酷な現実を背負っていて…。
  • 君が落とした青空
    櫻いいよ(著)
    彼が交通事故に遭ったのを目撃した高校生の実結。気づくと、その同じ日を何度も繰り返していた…。