ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

9784839977597.jpg

購入形態

EPUB(リフロー)
693円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

占い館リヒトミューレ

マイナビ出版

職場でのパワハラが原因で思い悩んでいた主人公。
夜の街をふらふらと歩いていると占いの館の広告を見つける。
なにかアドバイスを貰えるのではと思い広告にある占いの館へ行くことに。しかし、そこは人間だけではなく妖怪もやってくる占いの館で、館の主人は人間と妖怪の混血児だった!?

占いの館を舞台に人間や妖怪の悩みを解決する人情ファンタジー

発売日:2022-01-21

著者プロフィール

  • さとみ桜(著者)

    ■著者
    さとみ桜(さとみ・さくら)
    2016年に第23回電撃小説大賞“銀賞”を受賞。翌年、受賞作『明治あやかし新聞怠惰な記者の裏稼業』でメディアワークス文庫よりデビューし、シリーズ3作を刊行。
    著書に『妖怪お宿稲荷荘』(中央公論新社)、『文具店シエルひみつのレターセット』(KADOKAWA)などがある。

    ■イラストレーター
    漣ミサ

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
    沖田円(著)
    両親の不仲に悩む高1女子のセイは、優しくも不思議な少年ハナと出会い、惹かれていく。だが、彼は過酷な現実を背負っていて…。
  • 君が落とした青空
    櫻いいよ(著)
    彼が交通事故に遭ったのを目撃した高校生の実結。気づくと、その同じ日を何度も繰り返していた…。