ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

9784839976088.jpg

購入形態

EPUB(リフロー)
792円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

東京駅・大阪駅であった泣ける話

マイナビ出版

駅を舞台に人生の分岐点を描く12編のアンソロジー

東京駅と大阪駅、ある人は再会のために、ある人は別れをするために訪れる場所です。

本書はこの二つの駅を舞台にした、
人生の分岐点を描く、12編のストーリーを収録したものです。

ライト文芸の世界で活躍する気鋭の作家12人が紡ぐ本書で、ぜひ心地の良い涙を流してください。

【一部あらすじ】
『置いてきぼりのキラキラ』/朝比奈歩
失業中で恋人もいない私は、前向きな話をする友人に、置いてきぼりにされた気がして……

『富士山は見えたか見えないか』/桔梗楓
東京と大阪、二年間の遠距離恋愛を続けている二人。彼女から突然電話がきて……

『望京』/鳩見すた
社内誌の編集をしている俺。東京生まれの俺には故郷というテーマはピンとこなくて……

『大阪ダンジョンの冒険者』/溝口智子
うつ病を抱える主人公。出張先の大阪の地下街で、カウンセラーの言葉を思い出し……

『薫風のいたずら』/矢凪
結婚を決めた侑菜。東京駅でのウェディングフォト撮影で起きた奇跡とは?

【ほか7作品収録】
『ええねんよ』ひらび久美/『記憶の花園』朝来みゆか/『春告げ相撲』遠原嘉乃/『わたしたちは嘘つき』杉背よい/『退職』水城正太郎/『大阪駅地下には迷路が広がっている』石田空/『東京アリス探訪』猫屋ちゃき

発売日:2021-05-18

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 一瞬の永遠を、きみと
    沖田円(著)
    絶望の中、高1の夏海は、夏休みの学校の屋上でひとり命を絶とうとしていた。そこへ不意に現れた見知らぬ少年・朗。「今ここで死んだつもりで、少しの間だけおまえの命、おれにくれない?」――彼が一体何者かもわからぬまま、ふたりは遠い海をめざし、自転車を走らせる。
  • あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
    汐見夏衛(著)
    母親とケンカをして家を飛び出し、目をさますとそこは70年前、戦時中の日本だった。偶然通りかかった彰に助けられ、彼と過ごす日々の中、百合は彰の誠実さと優しさに惹かれていく。しかし、彼は特攻隊員で、ほどなく命を懸け戦地に飛び立つ運命だった――。
  • 無気力探偵
    楠谷佑(著)
    「事件らしいけど、俺は早く家に帰りたい」 とことん無気力な高校生探偵が難解な謎に挑む!
  • 二階堂弁護士は今日も仕事がない
    佐藤大和(著)
    現役イケメン弁護士・佐藤大和が描く、弁護士ミステリー!