ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

9784839976088.jpg

購入形態

EPUB(リフロー)
792円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

東京駅・大阪駅であった泣ける話

マイナビ出版

駅を舞台に人生の分岐点を描く12編のアンソロジー

東京駅と大阪駅、ある人は再会のために、ある人は別れをするために訪れる場所です。

本書はこの二つの駅を舞台にした、
人生の分岐点を描く、12編のストーリーを収録したものです。

ライト文芸の世界で活躍する気鋭の作家12人が紡ぐ本書で、ぜひ心地の良い涙を流してください。

【一部あらすじ】
『置いてきぼりのキラキラ』/朝比奈歩
失業中で恋人もいない私は、前向きな話をする友人に、置いてきぼりにされた気がして……

『富士山は見えたか見えないか』/桔梗楓
東京と大阪、二年間の遠距離恋愛を続けている二人。彼女から突然電話がきて……

『望京』/鳩見すた
社内誌の編集をしている俺。東京生まれの俺には故郷というテーマはピンとこなくて……

『大阪ダンジョンの冒険者』/溝口智子
うつ病を抱える主人公。出張先の大阪の地下街で、カウンセラーの言葉を思い出し……

『薫風のいたずら』/矢凪
結婚を決めた侑菜。東京駅でのウェディングフォト撮影で起きた奇跡とは?

【ほか7作品収録】
『ええねんよ』ひらび久美/『記憶の花園』朝来みゆか/『春告げ相撲』遠原嘉乃/『わたしたちは嘘つき』杉背よい/『退職』水城正太郎/『大阪駅地下には迷路が広がっている』石田空/『東京アリス探訪』猫屋ちゃき

発売日:2021-05-18

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 晴ヶ丘高校洗濯部!
    梨木れいあ(著)
    『一緒に青春しませんか?』――人と関わるのが苦手な高1の葵は、掲示板に見慣れない“洗濯部”の勧誘を見つけ入部する。
  • 春となりを待つきみへ
    沖田円(著)
    瑚春は、幼い頃からいつも一緒で大切な存在だった双子の弟・春霞を、5年前に事故で亡くしていた。その春霞の死から立ち直れず、苦しい日々を過ごす瑚春の目の前に、ある日突然、冬眞という謎の男が現れ、そのまま瑚春の部屋に住み着いてしまう。
  • 飛びたがりのバタフライ
    櫻いいよ(著)
    父の暴力による支配、母の過干渉…家族という呪縛、それはまるで檻のよう。――そんな窮屈な世界で息を潜めながら生きる高2の蓮。ある日、蓮のもとに現れた、転入生・観月もまた、壮絶な過去によって人生を狂わされていた。直感的に引き寄せられるふたり。
  • 浄天眼謎とき異聞録 下 ~明治つれづれ推理(ミステリー)~
    一色美雨季(著)
    「第2回お仕事小説コン」グランプリ受賞作! 明治の芝居小屋を舞台にほろりと泣けるレトロ謎解きミステリー!