ぶくま_書籍詳細|978STORE

header_img

20606_2284402_l.jpg

購入形態

EPUB
550円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

はい、こちら「月刊陰陽師」編集部です。

スターツ出版

憧れの出版社へ就職したら・・・上司がドS陰陽師なんですが!?

陰陽師家の血を継ぐ真名は、霊能力があるせいで、恋人もできず就活も大苦戦。見かねた父から就職先に出版社を紹介されるが、そこにはチャラ男な式神デザイナーや天気と人の心が読める編集長が・・・しかも看板雑誌はその名も「月刊陰陽師」!? 普通の社会人を夢見ていた真名は、意気消沈するが、そこに現れたイケメン敏腕編集者・泰明に、不覚にもときめいてしまう。しかし彼の正体は、安倍晴明の血を継ぐエリート陰陽師だった。泰明の魅力に釣られるまま、個性派揃いの編集部で真名の怪事件を追う日々が始まって――!?

発売日:2020-12-01

ラインナップ

書籍一覧へ
  • 繰り巫女あやかし夜噺~お憑かれさんです、ごくろうさま~
    日向夏(著)
    ―とんとんからん、とんからん。古都が舞台の、あやかし謎解き糸紡ぎ噺。
  • 夢の終わりで、君に会いたい。
    いぬじゅん(著)
    ある日、ジャング
    ルジムから落ちてしまったことをきっ
    かけに、鳴海は正夢を見るようになる。
    夢で見た通り、転校生の雅紀と出会う
    が、彼もまた、孤独を抱えていた。徐
    々に雅紀に惹かれていく鳴海は、雅紀
    の力になりたいと、正夢で見たことを
    ヒントに、雅紀を救おうとする。
  • そして君は、風になる。
    朝霧繭(著)
    「風になる瞬間、俺は生きてるんだ
    って感じる」――高校1年の日向は
    陸上部のエース。その走る姿は、ま
    さに透明な風だった。マネージャー
    として応援する幼なじみの柚は、そ
    んな日向へ密かに淡い恋心を抱き続
    けていた。
  • サムウェア・ノットヒア ~ここではない何処かへ~
    小野崎まち(著)
    失われないものなんて、この世界には何ひとつない―。 心の奥から涙が零れる、かけがえのない喪失の物語。