WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年12月号

インバウンドのPR術③─ メディア編 基本を見直そう! 人を呼ぶコンテンツのつくりかた

海外向けに日本の観光情報を発信しているWebメディア「MATCHA」。独自の視点による編集記事を多言語で展開し、多くの読者を獲得しています。海外向けのコンテンツづくりに必要な視点について、編集チームを統括する石田優さんにお話をうかがいました。


日本最大級の訪日外国人観光客向けWebマガジン。日本の魅力や旅行に必要な情報を10言語で発信している。 https://matcha-jp.com/

6381b3a1d6783d6bc07c87f765b5c181.jpg
石田優さん_Yu Ishida
株式会社MATCHA インバウンド戦略部長

1. 海外への発信もマーケティングの基本は同じ

10言語で記事を制作 3つのネイティブ編集チームも

MATCHAは2018年12月で設立から丸5年を迎えます。設立のきっかけには弊社の代表(青木優 代表取締役社長)の経験があります。大学在学中に世界を旅して回った際、日本の文化自体は各地で受け入れられているのに、それがビジネスになっていないことを肌で感じたそうです。そして自分に何ができるのかを考え、情報発信に着目したことが今のMATCHAにつながっています。その経緯から、社のミッションを「日本の価値ある文化を、時代とともに創っていく」と定め、それを実現するひとつの方法として世界最大の訪日観光プラットフォームになることを目指しています。

現在は日本語と英語・中国語繁体・中国語簡体・タイ語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語・スペイン語、そして主に日本語学習者などを想定したやさしい日本語という、10の言葉で記事を制作しています。海外からの閲覧数を見ると、最も多いのが台湾で、次がタイ、英語圏という順です。

記事の制作フローは2通りあります。ひとつは日本人のライターが書いた記事を各国語に翻訳して掲載するもの。もうひとつはネイティブの編集チームが独自に制作し、その言語で掲載するものです。ネイティブの編集チームは現在、英語・中国語繁体(台湾・香港)・タイ語の3つがあります。

 

ガイドブック的な情報と雑誌的な情報

この2つは掲載スタイルだけでなくコンテンツの傾向も異なります。日本語から多言語展開する記事は、例えば成田空港から都内への移動手段、定番の観光スポットなど、言語に関係なく訪日客に必要な情報を多く扱っています。

一方でネイティブの編集チームが制作する記事は、その時に話題になっている旬のものや、いわゆる編集者の“目利き”で選んだテーマを多く取り上げています。弊社ではこれを「ガイドブック的な情報」と「雑誌的な情報」という言い方で分けています。

ガイドブックが比較的スタンダードな情報を載せるのに対して、雑誌は扱う分野やスタイルに個性がありますよね。各編集チームは日本をテーマにした雑誌をつくるような感覚で、外国人の視点から見て何が面白いのか、何が読者層に刺さりそうか、といった考え方で制作しているのです。

 

適した見せ方とSEO、SNS基本的な施策の積み重ね

読者のほとんどがスマートフォンで閲覧しているため、スマートフォンで読みやすい形式にすることも意識しています。といっても、ページを長くしすぎない、適宜段落で区切る、画像をはさむといった基本の部分で、厳密なレギュレーションではありません。逆に「○○のおすすめ20選」のように情報を網羅する記事なら1ページに入れてしまうなど、内容に相応しい形を適用しています。

海外の読者の流入元は、SEOとSNS、ブックマークが中心です。SEOでは観光地の地名や季節ごとの名詞などがターゲットです。季節のワードでは、例えば「桜(cherry blossom)」が人気ですが、春だけでなく秋冬にかけても増える傾向があります。海外旅行では3カ月や半年先の予定を立てることもありますよね。これにあわせて先取りした情報の提供も必要です。

SNSは主にFacebookを活用しています。Instagramも含めて、特にアジア圏では人気があります。主にMATCHAの掲載記事を投稿しており、内容によってはコメント欄が盛り上がることもあります。SNSは拡散のためのツールと考えるよりも、コツコツと積み上げていくほうが得るものがあると言えるでしょう。

一方で、欧米圏では最近、ユーザーの反応が薄くなってきた印象があります。Facebook離れなのかアルゴリズム変更の影響なのかは掴みきれませんが、いずれにしても今後はSNSよりも個人が信用するメディアやブロガーとのダイレクトなチャンネルを情報源とする人が増えるのではないかと思っています。最近、ニュースレターの再興やサロンという形式が見られるのもその一面でしょう。その意味でも、今後はメディアとしてもブランドの強化がより重要なことになってくるのではないでしょうか。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年12月号

Web Designing 2018年12月号

2018年10月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

アウトバウンド・インバウンド・越境EC!海外展開で4,000万人を顧客にする方法

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
日本が注目される2020年まであと1年…でもまだ間に合う!

売り込む!呼び込む!買ってもらう!
世界を顧客にする方法
---------------------------------------------


2017年、訪日外国人の数は2869万人にのぼり、毎年400万人のペースで伸びてきているといいます。政府は、2020年に4000万人に乗せるという計画を公表しており、今後ますます国をあげて「訪日外国人増大」の波は確実に大きくなっていきます。

日本国内に向けた商品展開や売上に行き詰まりを感じている企業をはじめ、当然この「訪日顧客」の存在を無視する手はありません。さらに言えば、インターネットにより訪日外国人だけでなく世界中の人々に自社の商品・サービスの情報を届けることができる時代に、国内だけを見て一喜一憂していていいのでしょうか?

…とはいえ、

じゃあ何をすればいいのよ?
日本との文化の違いは大きな壁じゃないの?
どこの国を狙えばいいかわからない
売りたい商材、狙う国によってウケるアプローチは違うよね?

などとおっしゃる方も多いでしょう。そこで、海外を相手に「売り込む」「呼び込む」「買ってもらう」3つのアプローチを軸に、海外マーケティング戦略の基礎から1年で実現できる具体的な手法・考え方を、はじめの一歩から教えます。


[第1部]
■海外進出のために考えるべきことと準備すること
 ●売るのは「モノ」から「コト」へ
 ●海外の人に向けて、自社商品は何がウリなのか
 ●海外顧客に対応するためのWebでの受け入れ対策

■[Webで海外を相手にするアプローチ①]海外進出(アウトバウンド)
 海外に売り込む
  海外で取り扱ってもらうにはまず何をすればいい?
  ルールや法律はどちらの国のものが適用される?
 
■[Webで海外を相手にするアプローチ②]インバウンド
 ●日本向けと海外向けでコンテンツマーケティングの考え方は違うのか
 

■[Webで海外を相手にするアプローチ③]越境EC
 ●海外から自社ECショップへの集客術
 ●関税・免税はどう対処すればいい?


など

[第2部]

■世界地域別:進出とらの巻
第1部「海外を相手にする3つのアプローチ」を、自社ではどの国に仕掛ければいいでしょうか?
市場、文化、国民性、言語、法律、税制などアジア、ヨーロッパ、アメリカ、その他。地域独特の課題とクリアするヒントを解説します。

●自社の商品はどの国が狙い目?
 ターゲットにする国の選定基準

●各地域別攻略のヒント
 中国、東南アジア、アメリカなど


[第3部]

■言葉の壁をのりこえろ!

・ただの自動翻訳では客は集まらない!
・翻訳サービスの実際:作業期間・費用感
・サイトの海外対応で必ずぶつかる諸問題をできるだけ低予算で解決する
・テキストを使わないアプローチ



[第4部]

■海外戦略は決済対応が基本!

・地域別決済システムの有利不利・そのキメテ
・各国の決済事情への対応方法
・海外との決済関連の注意点
・低コストで導入できるサービス

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています