WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年12月号

外国人戦略を実現する「Wovn.io」が注目を集める理由 “インターネットのローカライズ”。多言語化対応のためのソリューション

Webサイトのローカライズ、つまり外国人にとって最適なサイト構築を可能にし、多言語化対応できるソリューションが「Wovn.io」(ウォーブンドットアイオー)。さまざまな企業から多くの支持を集め、導入する要因について取材を行った。

e4d9ccc0ceb554108e7891ca07e1618c.jpg
上森 久之
Wovn Technologies(株) 取締役COO/公認会計士

1万を超えるWebサイトで導入 本質を追求した多言語化サービス

「Wovn.io」は、多言語化対応のためのソリューション。Webサイトをはじめインターネット全体のローカライズが難なくできることを設計思想に開発された。いわゆるツールではない。そもそもローカライズとは、現地外国人/在日外国人/訪日外国人に向けた、“外国人戦略”を実現すること。Wovn.ioは、「なぜ多言語化?」という戦略レイヤーからツールを通じた多言語化対応、中長期的な運用までをカバーし、「テクノロジーで外国人戦略を推進する」というスタンスをとる。

インバウンドユーザーを念頭に多言語化対応が求められる昨今、(株)エイチ・アイ・エスや東京急行電鉄(株)など、技術力の高さに着目した大手企業が次々と導入。最大40言語以上、1万2,000以上のWebサイトで活用されている。

Wovn.ioのタグライン「Localize the Internet」とは、どの国や地域、母語を持つユーザーでも最適化されたWebサイトを享受できるようになること、という意味が込められている。

「確かに翻訳は重要ですが、それは多言語化対応におけるごく一部の課題です。翻訳以外にも対応すべきことを、私たちの知見や技術力で、一気通貫に解決できる。それがWovn.ioです」(上森久之さん、以下同)

 

戦略策定や運用のサポートまで継続的に多言語対応を支援

Wovn.ioの本質は、「なぜ」多言語化対応なのかという出発点から、検討や考察を深めていけるところにある。さらに中長期的な運用を見据えるところまでの一連の行動全体を「多言語化対応」だと捉え、対応できるソリューションとして提供している。

つまり、多言語化対応を巡って面全体をフォローするサービスであり、テクノロジーの力で業務効率と大幅なコスト抑制の両面を支える。

「昨今の状況を考えると、事業者側は直接海外に向けて、もしくは日本に住む外国人、旅行で訪れた外国人に向けて、それぞれのニーズに沿ったメッセージを自ら伝えられるとベターな時代です。Wovn.ioを導入すれば、自社で技術的な開発をする必要はないので、事業者側は技術をWovn.ioに任せた分、より“伝えること”に注力できます」

多言語化後進国でもある日本のWebサイトについて、もっとWebのローカライズを推進するためには、Wovn.ioが負う使命は軽くない。

「今夏から、規模にかかわらず多言語化に興味のある個人、事業者に対して、無料診断サービスを始めています。対面での打ち合わせを含めて約1カ月で診断内容を無償で提供します」

「実はこの商材、外国人のニーズがあるかも」といった自社商品やサービスを抱えている読者は、ぜひ一度相談してみるといいだろう。

より自社のニーズに踏み込んだ多言語化を望む場合でも、きめ細かな対応が機能として実装されている。ユーザーのデバイス環境から自動で最適な言語を選択する「自動言語マッチング」機能や、ブラウザ別/デバイス別など精緻な分析を可能にする「独自解析プラットフォーム」などがそうで、より高度な機能で長期的な運用支援をしてくれるはずだ。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年12月号

Web Designing 2018年12月号

2018年10月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

アウトバウンド・インバウンド・越境EC!海外展開で4,000万人を顧客にする方法

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
日本が注目される2020年まであと1年…でもまだ間に合う!

売り込む!呼び込む!買ってもらう!
世界を顧客にする方法
---------------------------------------------


2017年、訪日外国人の数は2869万人にのぼり、毎年400万人のペースで伸びてきているといいます。政府は、2020年に4000万人に乗せるという計画を公表しており、今後ますます国をあげて「訪日外国人増大」の波は確実に大きくなっていきます。

日本国内に向けた商品展開や売上に行き詰まりを感じている企業をはじめ、当然この「訪日顧客」の存在を無視する手はありません。さらに言えば、インターネットにより訪日外国人だけでなく世界中の人々に自社の商品・サービスの情報を届けることができる時代に、国内だけを見て一喜一憂していていいのでしょうか?

…とはいえ、

じゃあ何をすればいいのよ?
日本との文化の違いは大きな壁じゃないの?
どこの国を狙えばいいかわからない
売りたい商材、狙う国によってウケるアプローチは違うよね?

などとおっしゃる方も多いでしょう。そこで、海外を相手に「売り込む」「呼び込む」「買ってもらう」3つのアプローチを軸に、海外マーケティング戦略の基礎から1年で実現できる具体的な手法・考え方を、はじめの一歩から教えます。


[第1部]
■海外進出のために考えるべきことと準備すること
 ●売るのは「モノ」から「コト」へ
 ●海外の人に向けて、自社商品は何がウリなのか
 ●海外顧客に対応するためのWebでの受け入れ対策

■[Webで海外を相手にするアプローチ①]海外進出(アウトバウンド)
 海外に売り込む
  海外で取り扱ってもらうにはまず何をすればいい?
  ルールや法律はどちらの国のものが適用される?
 
■[Webで海外を相手にするアプローチ②]インバウンド
 ●日本向けと海外向けでコンテンツマーケティングの考え方は違うのか
 

■[Webで海外を相手にするアプローチ③]越境EC
 ●海外から自社ECショップへの集客術
 ●関税・免税はどう対処すればいい?


など

[第2部]

■世界地域別:進出とらの巻
第1部「海外を相手にする3つのアプローチ」を、自社ではどの国に仕掛ければいいでしょうか?
市場、文化、国民性、言語、法律、税制などアジア、ヨーロッパ、アメリカ、その他。地域独特の課題とクリアするヒントを解説します。

●自社の商品はどの国が狙い目?
 ターゲットにする国の選定基準

●各地域別攻略のヒント
 中国、東南アジア、アメリカなど


[第3部]

■言葉の壁をのりこえろ!

・ただの自動翻訳では客は集まらない!
・翻訳サービスの実際:作業期間・費用感
・サイトの海外対応で必ずぶつかる諸問題をできるだけ低予算で解決する
・テキストを使わないアプローチ



[第4部]

■海外戦略は決済対応が基本!

・地域別決済システムの有利不利・そのキメテ
・各国の決済事情への対応方法
・海外との決済関連の注意点
・低コストで導入できるサービス

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています