WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年12月号

自社に適した地域の探し方 本当にその国でOK?

Webを利用した海外とのビジネスの基本を押さえたら、いよいよターゲットの選定です。でも、あなたの会社はどれだけ海外のことを知っていますか? ここでは海外展開の最初のターゲットとしてよく選ばれる代表的な地域、中国・東南アジア・アメリカの最新事情を解説します。

なぜ地域選びが重要なのか

海外の人たちをターゲットにしたビジネスを行う場合、訪日観光客に向けた「インバウンド」、海外での市場に参入する「アウトバウンド」、それらに伴い海外から自社ECサイトへの集客と販売を行う「越境EC」といった手法があります。しかし、いずれも自社が製造した製品やサービスを海外の人たちに購入してもらうという意味では共通しています。その大きな違いは「どこを拠点にビジネスをするのがもっとも利益を上げられるのか」という点に尽きます。

例えば、観光やイベント集客、輸出のコストが掛かる製品やサービスなどインバウンド向きの商材の場合、当然ながらビジネスの拠点は日本国内となりますので、ターゲットは訪日観光客の多い中国などが有力な候補となるでしょう。

この場合、売る場所は基本的に国内ですし、円安傾向にあるうちは向こうから積極的に訪れてくれるので国内施策が中心となります。一方で、訪日前に知名度を上げるための本格的なプロモーションは現地に向けて展開する必要が生じます。これにはしっかりとした戦略作りが求められます。

 

次に、拠点は国内に置きつつ海外での需要に応えるアウトバウンドですが、そもそも自社の商品が現地の消費者に受け入れられるのか、現地の法律や風習に背くものでないかどうか、販路をどう開拓していくのかといったインバウンドとは異なるマーケティング調査と戦略の策定を実施する必要があります。その際には、ターゲットとする国や地域の人たちの購買力など経済水準が大きなポイントとなります。

また、もしこれからビジネスを手掛けるのであれば、市場規模が大きく、かつ将来の成長が期待できる地域から選ぶのが得策です。その点において東南アジア地域のうちの数カ国はかなり有望と言えるでしょう。ただし、各国に特有な事情をよく知る必要があります。

 

そして、さらに一歩進んで日本市場を飛び越えてグローバルでのビジネス展開を考えるのであれば、北米市場、実質的にアメリカがもっとも適しています。もちろん商材の特性によってはヨーロッパ諸国でも問題ありませんが、アメリカで成功することはすなわちグローバルでの成功にもっとも近い距離にあると言えるでしょう。当然難易度は高く、場合によっては生産や流通の拠点を現地に設ける覚悟も必要ですが、それだけに挑戦する価値もあります。

 

地域特有の課題を知る

ビジネスを展開する場所を定めるということは、自社にとっての顧客を定義し、その顧客が抱える本質的な課題に応えることに他なりません。しかし、このニーズの在り処は国内市場だけを見ていただけではなかなか気がつきにくいものです。

もちろんターゲットとなる地域に自ら赴き市場調査することも重要ですが、スピード感が求められるオンラインマーケテイングの分野ではそれだけでは対応が後手に回りがちです。

そこで本章では中国、東南アジア、アメリカというそれぞれの地域のマーケティング事情に熟知した企業を水先案内人として、市場、文化、国民性、法律や習慣などの概況を解説してもらい、自社が目指すべき地域を選ぶためのヒントを提供してもらいました。

掲載号

Web Designing 2018年12月号

Web Designing 2018年12月号

2018年10月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

アウトバウンド・インバウンド・越境EC!海外展開で4,000万人を顧客にする方法

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
日本が注目される2020年まであと1年…でもまだ間に合う!

売り込む!呼び込む!買ってもらう!
世界を顧客にする方法
---------------------------------------------


2017年、訪日外国人の数は2869万人にのぼり、毎年400万人のペースで伸びてきているといいます。政府は、2020年に4000万人に乗せるという計画を公表しており、今後ますます国をあげて「訪日外国人増大」の波は確実に大きくなっていきます。

日本国内に向けた商品展開や売上に行き詰まりを感じている企業をはじめ、当然この「訪日顧客」の存在を無視する手はありません。さらに言えば、インターネットにより訪日外国人だけでなく世界中の人々に自社の商品・サービスの情報を届けることができる時代に、国内だけを見て一喜一憂していていいのでしょうか?

…とはいえ、

じゃあ何をすればいいのよ?
日本との文化の違いは大きな壁じゃないの?
どこの国を狙えばいいかわからない
売りたい商材、狙う国によってウケるアプローチは違うよね?

などとおっしゃる方も多いでしょう。そこで、海外を相手に「売り込む」「呼び込む」「買ってもらう」3つのアプローチを軸に、海外マーケティング戦略の基礎から1年で実現できる具体的な手法・考え方を、はじめの一歩から教えます。


[第1部]
■海外進出のために考えるべきことと準備すること
 ●売るのは「モノ」から「コト」へ
 ●海外の人に向けて、自社商品は何がウリなのか
 ●海外顧客に対応するためのWebでの受け入れ対策

■[Webで海外を相手にするアプローチ①]海外進出(アウトバウンド)
 海外に売り込む
  海外で取り扱ってもらうにはまず何をすればいい?
  ルールや法律はどちらの国のものが適用される?
 
■[Webで海外を相手にするアプローチ②]インバウンド
 ●日本向けと海外向けでコンテンツマーケティングの考え方は違うのか
 

■[Webで海外を相手にするアプローチ③]越境EC
 ●海外から自社ECショップへの集客術
 ●関税・免税はどう対処すればいい?


など

[第2部]

■世界地域別:進出とらの巻
第1部「海外を相手にする3つのアプローチ」を、自社ではどの国に仕掛ければいいでしょうか?
市場、文化、国民性、言語、法律、税制などアジア、ヨーロッパ、アメリカ、その他。地域独特の課題とクリアするヒントを解説します。

●自社の商品はどの国が狙い目?
 ターゲットにする国の選定基準

●各地域別攻略のヒント
 中国、東南アジア、アメリカなど


[第3部]

■言葉の壁をのりこえろ!

・ただの自動翻訳では客は集まらない!
・翻訳サービスの実際:作業期間・費用感
・サイトの海外対応で必ずぶつかる諸問題をできるだけ低予算で解決する
・テキストを使わないアプローチ



[第4部]

■海外戦略は決済対応が基本!

・地域別決済システムの有利不利・そのキメテ
・各国の決済事情への対応方法
・海外との決済関連の注意点
・低コストで導入できるサービス

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています