WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年10月号

マーケティングをAIが自動化する!? Adobe Senseiの新機能が革新を

今年3月に開催された「Adobe Summit」ではAIを用いた新技術として、マーケティングの工程を自動化するものが多数発表されました。将来的にこれらの利用が広まると、Webマーケターの働き方も大きく変化しそうです。

Adobe Summitのホットワード Adobe Senseiとは?

Webマーケティングは、集計・分析・レポート作成・施策の検討や実行など、非常に手間のかかる作業です。Webアナリスト・マーケターである筆者と同様に、こうした業務に関わる方の多くは、もう少し楽にならないだろうかと感じているのではないでしょうか。2018年3月に開催された「Adobe Summit」では、そうしたタスクを近い将来AIが軽減してくれるようになる機能がいくつも発表されました。

Adobe Summitとは、アドビシステムズ(以下Adobe)が毎年アメリカで行っているカンファレンスです。今年は「Make Experience Your Business (顧客体験をビジネスの中心に)」をテーマに、ラスベガスで開催されました。そこでは同時に20近くのセッションが行われ、累計セッション数は約300と膨大であり、多種多様な内容が披露されます。筆者も数々のセッションに参加しましたが、その多くで話題に挙がっていたキーワードが「Adobe Sensei」でした。

b35217277c01d0399a3d06f44de4ec2b.jpg
Adobe Summit
毎年アメリカで開催される、Adobeが開発した新機能などが紹介されるカンファレンス。参加人数は例年増加し、2018年は45カ国以上の国々から1万3,000名も参加した

これは特定の製品名ではなく技術の総称です。Adobeが提供するさまざまな製品に搭載されていて、すでに50種類以上の機能に利用されています。また、今後も新たな機能として搭載される予定です。その概要は、「人工知能(AI=Artificial Intelligence)と機械学習(ML=Machine Learning)をAdobeの商品群の中で共通フレームワークとして提供し、デザイン・分析・配信などの最大化と最適化を行う」というものです。

なんとなくすごいということはわかるけれど、どのように使われるのかがいまいちピンとこないかもしれません。

 

未来のWebマーケティングに人間は不要になる!?

筆者は、Webマーケティングの活動をDMAICとPDCAという観点で考えています。DMAICは「Define(定義する)」「Measure(測定する)」「Analysis(分析)」「Improve(改善する)」「Control(管理する)」という、継続的な改善を実現するための手順を意味していて、改善活動を継続的に行う部分が「PDCA」にあたります(01)。

e1c58830dbf286eaa582faaac5a69cca.jpg
01 マーケティングプロセスにおけるAIと人間の住み分け
筆者が考えるWebマーケティング活動における要素をまとめた図です。そのうち一部は将来的にAIが担うようになっていきますが、 人間が引き続き担うべき分野もあり、AIと協業していくのが未来の姿になると考えられます

Adobe Senseiによる新機能では、その中の分析、改善、管理などの部分をAIで自動化していくものが発表されていました。そうなると、これからも人間が担っていく部分、たとえば「そもそも何をゴールにするのか、どういったユーザーをターゲットにするのか」「どういったサービスを提供するのか」「AIや機械学習を活用したデータ自体の取得」「施策実施の判断や未来に向けたプランニング」といったことの重要性がより増していくことは間違いありません。つまり将来的にWebマーケティングは、人間とAIで協業して行っていくものになっていきそうです。

ではここから、Adobe Summitで発表されたAdobi Senseiを活用した具体的な新機能を紹介していきます。アメリカではすでに搭載されているけれども日本ではまだのもの、今後搭載が期待されるものも含みます。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年10月号

Web Designing 2018年10月号

2018年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

課題別・AIの導入から活用まで超実践ノウハウを凝縮!

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
【今】
【ビジネス活用】
【課題解決】

超実践的・AIのビジネス導入ノウハウの決定版!
---------------------------------------------

AIが注目されはじめてからはや数年。
AIは「知る/理解する」段階から「利活用する」段階へと移行し始め、ビジネスに導入しようとする動きが活発になってきました。
一方で、いかに自社のビジネスに合った使い途があるのかを見極めるのが難しいという声があるのもまた事実。
自社の持つデータでAIをフル活用、作業効率化はAIで実現…などと考えてみるものの、課題解決も手段として
うまく結びつかずに思考停止してしまうなんてことが多いのもまたいまの現状ではないでしょうか。

本特集は、「いま」「ビジネス活用」「課題解決」をキーワードに、ビジネスにAIを導入するための考え方と方法を紹介します。
さらに、Webビジネスと親和性が高いと言われるチャットボット、今後ビジネス活用が期待される音声AIについて、
課題解決という点から事例を添えながら具体的に解説します。
最先端のAIを理解しながらも、ビジネスに活かすための知識を得る。本特集を通じて、AIについてもう一歩先の理解をしてみませんか?

●これってAI? Q&Aで把握する「AI理解度」
●未来ではない”いま”のAI 
●データで知るAIビジネス活用のいま

■課題から見る”使える”AIサービス_ビジネス導入のポイント
●チャートで理解してみよう「ビジネスとAIの相性/相関図」
●課題ありきで考える、いま使えるAIサービス
●AIを自社ビジネスに落とし込むための「3つのポイント」

■Webビジネスで使えるAI(チャットボットと音声AI)
●音声AIを知らずしてビジネスは語れず
●音声AIがビジネスで解決できること
●音声UIの考え方とスキル制作のポイント

●チャットボット導入のメリット
●チャットボット導入のプロセス
●チャットボット制作のコツとワザ

●AI人材、どう育てる?


<こんな方にオススメです>
■周り(上長)がAIと騒いでいるが、正直未だはっきりわかっていない
■競合がAIを導入したと聞いて、対抗しなくてはいけない
■未だに「自分たちの仕事が取られるのでは?」と戦々恐々としている
■とは言ってもまだまだ、中小企業の自社では予算もないし先の話だと思っている
■AIを導入すればなんでもできるようになると思っている
■Webサイト運営に効果的なAI活用を知りたい

10月号特集内のP058におきまして、AI Startup Studio by LedgeのURLを誤って記載しておりました。以下に訂正するとともに、読者のみなさまならびに関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

AI Startup Studio by Ledge
https://www.ai-startupstudio.ai/

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています