WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年10月号

AIとは、人の「面倒くさい」を効率化するモノ AI開発者&起業家が考えるAI導入のヒント

「AIで何かをやってみたい」。漠然としたイメージでAIを導入しても、いい成果を生むことはできない。では、求めた効果を生むために、いかにビジネスに導入するべきなのか。AI開発者であり、スタートアップ起業家でもある巣籠悠輔さんに、AI導入のヒントを聞いた。

AI導入、その前に。認識しておくべき大前提とは

—ビジネスにAIを導入したいと考える企業も少なくないと思います。そのような企業が、まずAI導入のスタート地点として、心得ておくべきことは何でしょうか?

巣籠悠輔氏 まずはPOC(プルーフ・オブ・コンセプト/コンセプト実証)に、しっかり取り組むことが大前提になると考えています。実際、AI導入を進めているいろいろな企業が、今取り組んでいるのはPOCのフェーズではないかと思います。

—なぜコンセプトの実証が、大前提としてそんなに重要なのでしょうか?

巣籠氏 「AIを使う」ことが目的となってしまい、「AIで何をやりたかったのか?」を見失わないためです。「何をやりたいのか」とコンセプトがあやふやなまま進めてしまうと、費用は膨大にかかったけれど、期待どおりの成果を上げることができなかったという結果に陥ってしまうことも少なくありません。そういった意味で、コンセプトを実証することができたものを事業化するというのが、AIをビジネスに導入する上での大前提であり、スタート地点だと言えます。

—なるほど。他に、大前提として念頭に置いておくべきことはありますか?

巣籠氏 もうひとつ忘れてはいけない視点は、AIもR&D(研究開発)であるということです。AIを使って何か事業がやりたいわけですから、投資分の回収ができないような事業であれば、当然見直しを検討する必要があります。しかしAIと聞いた瞬間に、あたかも「すべてがうまくいくのが当たり前」というような前提で、プロジェクトが進められているケースを多々見受けます。実際には、AIだからといって、すべてうまくいくわけではありませんので、そのあたりの認識を正しておくことも大切ですね。

 

ヒント(1)人が面倒だと思うことに、“課題”を設定し明確にする

—具体的にAIの導入をしようとしたら、どのようなステップで考えればいいのでしょうか?

巣籠氏 まずは課題を明確にすることから始めます。世の中のAIを導入したいと考える企業さんの多くは、「なんとなくこんなことをしたい」と、やりたいことがあやふやな場合がすごく多いように感じています。それを明文化して、スコープを絞っていくことが大事ですね。

—「AIで何ができるのか」という視点で、課題を明確化していくのは難しいことのように感じますが…。

巣籠氏 難しく考えなくても大丈夫。基本的にAIは、「人が面倒くさい」と感じているところを、簡潔にするための存在だと思っています。世の中的には、AIは人を超える存在だと思っている人も多いですが、人を超えるAIをつくろうとすると難易度が高い。しかし、人が面倒に感じながらやっている作業を、機械にやってもらうという切り口で考えると、AIの導入がうまくいきやすいと思っています。

 その文脈から考えると、今面倒くさいと感じているところが課題になると思うので、まずはそこを明確にするのが1つ目の大きなポイントですね。

—面倒に感じている作業というのは、面白い視点ですね。

巣籠氏 そうですね、人間って単純労働をしていると消耗してしまうんですよね。そういう作業はまさしく機械に任せたい仕事。だから「もっと楽をしたい」というシーンに出くわしたら、AIを導入するチャンスがあるところかもしれません。たとえば、人が目で見て、判断・処理するような仕事は、できるだけ楽に済ませたいですよね。わかりやすい例でいうと、工場のラインで異常な部品を見つける作業や、文章の校正といった作業です。最近のブームになっているAIは、視覚に捉えたものに対して、何か判断を下すのが、圧倒的に人間より高速に処理できるというものです。「見て、判断する」というステップの作業から、まずは考えてみるというのもいいですね。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年10月号

Web Designing 2018年10月号

2018年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

課題別・AIの導入から活用まで超実践ノウハウを凝縮!

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
【今】
【ビジネス活用】
【課題解決】

超実践的・AIのビジネス導入ノウハウの決定版!
---------------------------------------------

AIが注目されはじめてからはや数年。
AIは「知る/理解する」段階から「利活用する」段階へと移行し始め、ビジネスに導入しようとする動きが活発になってきました。
一方で、いかに自社のビジネスに合った使い途があるのかを見極めるのが難しいという声があるのもまた事実。
自社の持つデータでAIをフル活用、作業効率化はAIで実現…などと考えてみるものの、課題解決も手段として
うまく結びつかずに思考停止してしまうなんてことが多いのもまたいまの現状ではないでしょうか。

本特集は、「いま」「ビジネス活用」「課題解決」をキーワードに、ビジネスにAIを導入するための考え方と方法を紹介します。
さらに、Webビジネスと親和性が高いと言われるチャットボット、今後ビジネス活用が期待される音声AIについて、
課題解決という点から事例を添えながら具体的に解説します。
最先端のAIを理解しながらも、ビジネスに活かすための知識を得る。本特集を通じて、AIについてもう一歩先の理解をしてみませんか?

●これってAI? Q&Aで把握する「AI理解度」
●未来ではない”いま”のAI 
●データで知るAIビジネス活用のいま

■課題から見る”使える”AIサービス_ビジネス導入のポイント
●チャートで理解してみよう「ビジネスとAIの相性/相関図」
●課題ありきで考える、いま使えるAIサービス
●AIを自社ビジネスに落とし込むための「3つのポイント」

■Webビジネスで使えるAI(チャットボットと音声AI)
●音声AIを知らずしてビジネスは語れず
●音声AIがビジネスで解決できること
●音声UIの考え方とスキル制作のポイント

●チャットボット導入のメリット
●チャットボット導入のプロセス
●チャットボット制作のコツとワザ

●AI人材、どう育てる?


<こんな方にオススメです>
■周り(上長)がAIと騒いでいるが、正直未だはっきりわかっていない
■競合がAIを導入したと聞いて、対抗しなくてはいけない
■未だに「自分たちの仕事が取られるのでは?」と戦々恐々としている
■とは言ってもまだまだ、中小企業の自社では予算もないし先の話だと思っている
■AIを導入すればなんでもできるようになると思っている
■Webサイト運営に効果的なAI活用を知りたい

10月号特集内のP058におきまして、AI Startup Studio by LedgeのURLを誤って記載しておりました。以下に訂正するとともに、読者のみなさまならびに関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

AI Startup Studio by Ledge
https://www.ai-startupstudio.ai/

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています