WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年10月号

座談会(1):「AI」で仕事をするには何をどうすればいいの? 制作会社×エンジニア×AIプランナー

最近のビジネス業界では「AIを活かす」がひとつのトレンドワード。規模の大小を問わず、その活用を目指している企業は多い…にもかかわらず、AIを仕事に活用するのはまだ難しいのが現状です。AIのどういった点を理解して、どんな取り組みをすれば仕事にできるのか。すでに取り組みを始めている制作会社やエンジニア、さらにはAIの専門家に話を聞いてみることにします。

82912f269c4122932559a6837819c1cf.jpg
岩井和希_Kazuki Iwai
ILY. (株) 取締役。経営/戦略/マーケティング/ITのコンサルティングを行い、企業理念や戦略の立案から、サービスの立ち上げ、組織/業務プロセスの改善などを実現
3458ba4946b826526e2c32036e946fa0.jpg
大内遙河_Haruka Ohuchi
ILY. (株)チーフコンサルタント。理学博士、専門は宇宙物理学。主にスタートアップの分野でデータサイエンスとデザインを武器としたサービス開発に携わる。ILY. ではリサーチからUX設計、戦略立案などを行う
17325e70976a19a53bdd9aa031dbb8c9.jpg
前川和浩_Kazuhiro Maekaw
(株)テックビーンズ。26歳でIT業界へ入り、エンジニアとしてのキャリアをスタートさせる。2015年にテックビーンズを設立。受託開発と自社開発の両方を進めている
c8fee1db0d0c1e4b8b871ca72bcc18cf.jpg
中村健太_Kenta Nakamura
(株)レッジ。株式会社レッジのCMO。現在はAIコンサル事業の統括および企画プロデュースのマネジャー活動している

 

AIはこうすると仕事になる

─ 「AI」をビジネス活用したいと考える企業が増えています。しかしその一方で、AIの力を活用して課題解決につなげた事例はまだそれほど多くないようです。なぜうまくいかないのか。今回はWebデザイナー、AI技術者、エンジニア、さらにはAIプランナーの4人に集まっていただき、現状の課題や今取り組んでおくべきことについて、語っていただきたいと思います。まずは、それぞれの自己紹介をお願いします。

岩井 ILY.の岩井です。主にデザインとコンサルティングを中心とした仕事をしています。AIに関しては、今後企業の課題解決を行う際の重要なツールになると考えて、取り組みを進めています。

大内 ILY.で主にUX設計や戦略立案に携わっています。またAIに関しても以前から取り組みを進めてきました。最近の仕事としては、AIチャットボットを使ったコミュニケーションツールの構築や、スマートスピーカーを使う際のUX設計などを行っています。

前川 テックビーンズでエンジニアをしています。現在は主にWebアプリケーションやスマートフォンアプリケーションの開発を行っています。AI関連についてはILY.さんとともに取り組みを始めています。

─ もうひとり、中村健太さんには本特集の他のページでも記事作成に協力していただいています。

中村 レッジでAIの開発やビジネス化を担当している中村です。AIの「“あの技術”と“この技術”を組み合わせたらこういうことができるよ」といった提案や、AIに関する事業の立ち上げ、さらにはメディアの運営などを手がけています。

─ 中村さんはすでにAIの導入やサービス構築を手がけていらっしゃいますが、現状、すでにAIを活用したいと考えている企業はかなりあるんですか?

中村 具体的に話をいただくのは大手が中心ですが、AIに注目している企業はかなり増えていると思います。

─ どんな事業をしている企業がAIに注目しているんでしょうか。

中村 その質問をされることが多いんですが、AIって例えるならば、かつてのITのようなもの。つまり、ありとあらゆる企業に役立つものなんです。「うちにITは関係ないです」なんて言う企業、ありませんよね。

岩井 ありとあらゆる企業が、いずれAIを導入していくだろう、と。ただ、現状でもっとも話題になるのがビッグデータの解析にAIの力を利用しようという方向性ですよね。

大内 解析にかかっている人件費を削減できる、というわかりやすいメリットがあるから、仕事になりやすいんですよね。

9b2238f179210db785b0c934bec86632.jpg
 

中村 そうですね。ただし、今のAIでできる範囲ってすごくニッチなんです。自然言語解析にしても、画像解析にしても、すでに使える技術になってきているのは間違いないんですが、活用できる領域がごく一部に限られている。企業の課題がそこにピッタリとハマればいいんですが、ちょっとでもはずれるとまるで役に立たない、なんてこともあるんです。

─ その点もう少し具体的に教えていただけますか?

中村 例えば画像解析AIを活用して、野菜の画像を自動的に分類したいという課題があったとします。AIにたくさんの画像を読み込ませて、せっせと学習させると「ダイコン」や「ナス」、「トマト」なんかを上手に分類できるようにはなるんです。ただ、そこに白い車の写真を見せても「ダイコンです」と答えてしまうがそれでいいか、ということなんです。複数の学習データを掛け合わせればいいじゃないかと思うかもしれませんが、現状の技術ではまだ難しい。となると、事前か事後に人が確認するしかない、みたいな話になってしまう。

何ができるのかを理解すべし

─ なるほど。「多少はノイズが入ってもいい」と考えられるのなら役立つけれど、ひたすらに高い精度をもとめるような仕事だとうまくいきませんね。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年10月号

Web Designing 2018年10月号

2018年8月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

課題別・AIの導入から活用まで超実践ノウハウを凝縮!

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
【今】
【ビジネス活用】
【課題解決】

超実践的・AIのビジネス導入ノウハウの決定版!
---------------------------------------------

AIが注目されはじめてからはや数年。
AIは「知る/理解する」段階から「利活用する」段階へと移行し始め、ビジネスに導入しようとする動きが活発になってきました。
一方で、いかに自社のビジネスに合った使い途があるのかを見極めるのが難しいという声があるのもまた事実。
自社の持つデータでAIをフル活用、作業効率化はAIで実現…などと考えてみるものの、課題解決も手段として
うまく結びつかずに思考停止してしまうなんてことが多いのもまたいまの現状ではないでしょうか。

本特集は、「いま」「ビジネス活用」「課題解決」をキーワードに、ビジネスにAIを導入するための考え方と方法を紹介します。
さらに、Webビジネスと親和性が高いと言われるチャットボット、今後ビジネス活用が期待される音声AIについて、
課題解決という点から事例を添えながら具体的に解説します。
最先端のAIを理解しながらも、ビジネスに活かすための知識を得る。本特集を通じて、AIについてもう一歩先の理解をしてみませんか?

●これってAI? Q&Aで把握する「AI理解度」
●未来ではない”いま”のAI 
●データで知るAIビジネス活用のいま

■課題から見る”使える”AIサービス_ビジネス導入のポイント
●チャートで理解してみよう「ビジネスとAIの相性/相関図」
●課題ありきで考える、いま使えるAIサービス
●AIを自社ビジネスに落とし込むための「3つのポイント」

■Webビジネスで使えるAI(チャットボットと音声AI)
●音声AIを知らずしてビジネスは語れず
●音声AIがビジネスで解決できること
●音声UIの考え方とスキル制作のポイント

●チャットボット導入のメリット
●チャットボット導入のプロセス
●チャットボット制作のコツとワザ

●AI人材、どう育てる?


<こんな方にオススメです>
■周り(上長)がAIと騒いでいるが、正直未だはっきりわかっていない
■競合がAIを導入したと聞いて、対抗しなくてはいけない
■未だに「自分たちの仕事が取られるのでは?」と戦々恐々としている
■とは言ってもまだまだ、中小企業の自社では予算もないし先の話だと思っている
■AIを導入すればなんでもできるようになると思っている
■Webサイト運営に効果的なAI活用を知りたい

10月号特集内のP058におきまして、AI Startup Studio by LedgeのURLを誤って記載しておりました。以下に訂正するとともに、読者のみなさまならびに関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

AI Startup Studio by Ledge
https://www.ai-startupstudio.ai/

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています