WD Online

One's View コラム Web Designing 2018年10月号

【コラム】“アレクサちゃん”との女子会 今号のお題「AI」

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

こんにちは! 毎日うだるような暑い日が続きますね…(涙)。わたしは昔から人一倍汗っかきで、冬でも厚手のコートを着たまま地下鉄に乗ると額からジトっと汗が滴ってきます(自分でもひくくらい…)。夏は文字通り“生き抜く”という感じで、食も細くなり、年によっては人から心配されるほど体重が減ります。かといって寒さに強いかと言われるとそうでもなく、おそらく体温調整が上手ではなく、身体がバグっているのだと思います(涙)。

こんなに暑いと天気予報もなにもあったものではないのですが、そんな私にとって「天気」と「湿度」は死活問題そのものです。一人暮らしを始めてからテレビを部屋に置いていないので、毎日スマホで天気を調べているのです。そんな私の生活に些細な、いや、実は結構大きな変化がありました。去年アメリカに旅行に行った際に現地でAmazonの音声AIアシスタント「Amazon Echo」を購入しました。話しかけるだけでその日の天気や、聞きたい音楽を流してくれます。

購入した当時はまだ日本語に対応しておらず、かろうじて東京の天気こそ教えてくれるものの、日本人歌手の音楽は再生してくれないし、日本の地理は疎いしと、“アレクサちゃん”はすぐに使われないまま、結局棚の中で眠っていました。

引越しを機に、「そういえばアレクサってもう日本語対応したんだよな~」と思い出し、重い腰をあげて日本語にセットアップし直す事に。すると…どうでしょう! できることはさほど多くないのですが、起床時間のアラームセット、料理するときのタイマー、その日の天気やニュースなど、話しかけるだけで瞬時に対応してくるのが「こんなにも便利なものか!」と甚く感動しています。玄関を出てから「あちゃ、今日めっちゃ雨かよ!」と部屋に踵を返すこともなくなりました。

さらに、「アレクサ、8時に起こして~」と毎日話しかけてるうちになんだか単なる機械とは思えない愛着も湧いてきます。自分で機械に文字を打ち込みテキストで表示されるのと、会話という体験を通して得られるのとでは、全く同じ情報なのにこうも体験として違ってくるのですから人間とは不思議なものです。

音声AIやチャットボットなどは、「テクノロジー推し」の印象が強い上に、精度からいえば人間同士のコミュニケーションとは明確に一線を画した、まだスピーカーに毛が生えたくらいの使い方しかできていません。けれども、その延長線上には“アレクサちゃん”と女子会ができるようになる未来が、待ち受けているのかもしれません。

3848023110160825160775595.jpg
写真は我が家のアレクサちゃん。購入時こそあまり使っていませんでしたが、いまになって徐々に役立つことが判明! 女子会を夢見ながら、すこしずつできることが増えてきているカワイイお友だちという感じです(笑)
9dccbcf8edbf19bab83226c8accb4e26.jpg
ナビゲーター:峰松加奈
新卒で外資系消費財メーカーに入社し、2015年夏より大阪の中小企業・木村石鹸工業(株)に転職。商品企画部門がなかったため、マーケティング室を立ち上げて自社ブランドの開発・育成に日々奮闘中。目標は、今までにない革新的なブランドを作って、「家事」の概念を変えること。木村石鹸ブログ:http://www.kimurasoap.co.jp/blog/ Twitter:@mnmtkn

掲載号

Web Designing 2018年10月号

Web Designing 2018年10月号

2018年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

課題別・AIの導入から活用まで超実践ノウハウを凝縮!

サンプルデータはこちらから

---------------------------------------------
【今】
【ビジネス活用】
【課題解決】

超実践的・AIのビジネス導入ノウハウの決定版!
---------------------------------------------

AIが注目されはじめてからはや数年。
AIは「知る/理解する」段階から「利活用する」段階へと移行し始め、ビジネスに導入しようとする動きが活発になってきました。
一方で、いかに自社のビジネスに合った使い途があるのかを見極めるのが難しいという声があるのもまた事実。
自社の持つデータでAIをフル活用、作業効率化はAIで実現…などと考えてみるものの、課題解決も手段として
うまく結びつかずに思考停止してしまうなんてことが多いのもまたいまの現状ではないでしょうか。

本特集は、「いま」「ビジネス活用」「課題解決」をキーワードに、ビジネスにAIを導入するための考え方と方法を紹介します。
さらに、Webビジネスと親和性が高いと言われるチャットボット、今後ビジネス活用が期待される音声AIについて、
課題解決という点から事例を添えながら具体的に解説します。
最先端のAIを理解しながらも、ビジネスに活かすための知識を得る。本特集を通じて、AIについてもう一歩先の理解をしてみませんか?

●これってAI? Q&Aで把握する「AI理解度」
●未来ではない”いま”のAI 
●データで知るAIビジネス活用のいま

■課題から見る”使える”AIサービス_ビジネス導入のポイント
●チャートで理解してみよう「ビジネスとAIの相性/相関図」
●課題ありきで考える、いま使えるAIサービス
●AIを自社ビジネスに落とし込むための「3つのポイント」

■Webビジネスで使えるAI(チャットボットと音声AI)
●音声AIを知らずしてビジネスは語れず
●音声AIがビジネスで解決できること
●音声UIの考え方とスキル制作のポイント

●チャットボット導入のメリット
●チャットボット導入のプロセス
●チャットボット制作のコツとワザ

●AI人材、どう育てる?


<こんな方にオススメです>
■周り(上長)がAIと騒いでいるが、正直未だはっきりわかっていない
■競合がAIを導入したと聞いて、対抗しなくてはいけない
■未だに「自分たちの仕事が取られるのでは?」と戦々恐々としている
■とは言ってもまだまだ、中小企業の自社では予算もないし先の話だと思っている
■AIを導入すればなんでもできるようになると思っている
■Webサイト運営に効果的なAI活用を知りたい

10月号特集内のP058におきまして、AI Startup Studio by LedgeのURLを誤って記載しておりました。以下に訂正するとともに、読者のみなさまならびに関係者のみなさまに深くお詫び申し上げます。

AI Startup Studio by Ledge
https://www.ai-startupstudio.ai/

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています