WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

プロが語る採用の潮流 人材確保のヒントがここに

買手市場から売手市場へと激変してきた採用事情。しかし、こうした流れは過去にもあったはず。これまでの採用を振り返り、「いま、本当に必要な採用手法」のヒントを探ります。

今も昔も主流は採用ナビ

厚生労働省が今年1月に発表したデータによると、2017年平均の有効求人倍率は1.50倍。8年連続で上昇を続け、過去最高だった1973年以来44年ぶりの高水準となっています。

人口減少、景気回復による採用意欲の向上、働き方改革など、いくつもの要因で大きく変化しつつある雇用事情。では、新卒を中心とした採用の手法はどのように変化してきたのでしょうか。人事の最新動向を調査するProFuture株式会社/HR総研の首席研究員、松岡仁さんは言います。

「実は採用手法のメインストリームは、ここ20年ほど変わっていません。1990年代後半から2000年代に入ってからは、マイナビなどに代表される『採用ナビ』や、自社のWebサイトが新卒採用のメインストリームであり続けています。企業はまずWebでプレエントリーしてもらい、興味を持った学生を会社説明会やセミナーに呼んで詳しく説明する。そして興味を持った学生にエントリーしてもらい、書類選考を経て面接、採用するという流れです。それ以前は、Webではなくハガキで資料請求したなどの違いはあるにせよ、企業側の手法に大きな変化はありませんでした」

この頃の手法を象徴するのが、『母集団積み上げ方式』という考え方です。例えば、今年は何人採用したいから、採用予定人数の何倍の人に内定を出し、さらにその何倍の人と面接するため、会社説明会はこれだけの人数を集めなければいけない・・・と母数を積み上げていく考え方です。そのため、企業はいかに多くの学生にプレエントリーしてもらうかを重要視していたのが、従来の採用手法だったのです。

 

人は欲しいがハードルは下げない企業側

では、企業側と学生側のマインドはどのように変化しているのでしょうか?

「学生のマインドでいうと、今も昔も景気に関連している部分が大きいと言えるでしょう。学生は景気がいいと、大手志向になります。これは企業の求人数が増えることで、『自分も入れるのでは』と考える学生が増えることが背景にあります。これを象徴するのがバブルの頃で、当時は新卒の約3分の1が上場企業に入社したと言われています。一方で、雇用側のマインドは大きく変わっています。バブル期の頃は、採用計画を何が何でも達成することが命題でしたが、いまはそうではありません」

いま、少なくない企業にとって課題となっているのが、バブル期に採用した社員の処遇。採用のハードルを下げて大量に採用した社員が今、企業の「負の遺産」となって重くのしかかっているケースも少なくありません。こうした過去を踏まえて、「人材は欲しくても、採用のハードルを下げない」のが、今の企業側だと松岡さんは指摘します。

「1人でも多くの人材を獲得したいが、採用のハードルは下げない」

こうした企業の思惑から、今、採用手法に大きな変化が生まれつつあります。それが「インターンシップ」と「逆求人型サイト」。次頁でこの動きと背景を詳しく見ていきましょう。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています