WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

[3-4]面談の裁量権は現場のメンバーに委ねよう Part.3 入社してもらう

採用は会社全体で取り組むものです。そのため、メンバーも裁量権を有します。ただしその前提として、自社のペルソナや面談で見るべき視点、面談の目的などを共有し、理解していることが大切です。

いまどきの成功パターンとなる面談の流れ

最初の面談を終えて次に進みたいと思ってくれた候補者には、現場のメンバーに面談をしてもらいます(01)。まずは、候補者が入社した場合に所属する部署のメンバーが良いでしょう。というのも、企業にマッチする候補者とは、社内のコミュニティに馴染み結果的に高いモチベーションで働くことができる人と言い換えられるからです。

d90ba30fc9e0fed358414e997f88fd38.jpg
01 面談の流れ
一次面談では社長や広報などが自社プレゼンを行い、二次では担当部署の上司などが業務説明を行う。三次では候補者と近い立場の人や候補者が興味のあることに詳しい人がより詳細な業務説明を行い、採用したいということになれば人事や社長がオファー面談を行うというのが最近では王道の面談の流れです

そのため、一緒に働くことになるメンバーが、不快に思うポイントや仕事への温度感などにミスマッチなところはないかを判断するのが適切です。候補者にとっても、より具体的な業務内容や仕事の様子などを聞くことができます。彼らが知りたいのは、入社後に自分をとりまくコミュニティや具体的な仕事内容、どんな人がいるのか、続けていくとどんなキャリアステップが歩めるのかといったことだからです。ここでの裁量権は、面談を担当したメンバーが持ちます。

さらに次に進む候補者には、より近い立場のメンバーが面談を行うのが望ましいです。年齢が近かったり、前職の業種が類似していたり、チャレンジしたいことが一緒だったりといった観点から、候補者にあわせて柔軟に対応します。それまでも、候補者に心理安全性を保って本心を話してもらうための配慮をしているのですが、やはり社長や未来の上司にあたる人には多少なりとも遠慮をしてしまうものです。より自身に近い立場の人との面談で、さらに疑問点や懸念点を聞きやすくなり、自身が入社後に働く姿をイメージでき、共感を得やすくなります。この段階でも当然、面談を担当したメンバーが裁量権を持ちます。

また、面談で得られた候補者の特技・興味関心情報から、その話題に強い現場メンバーに担当してもらうというのも一つの方法です。候補者の状況にあわせて、最適なメンバーが面談を行うためにも、社内で「タレントマネジメント」をしているとスムーズです(02)。これはメンバーのタレント(才能、スキル、資質)を把握しておくことで人材開発・組織開発に活かすことができるものです。都度、状況にあわせて、どのメンバーが面談をするとよいのかを考えるのに適しています。

799abd4bbca35e2eaaec997443f97dab.jpg
02 タレントマネジメントツール
カオナビなど、タレントマネジメントツールも登場しています。社内メンバーのスキルセットやゴールデンサークルを明らかにするだけではなく、候補者との共通項から最適な面談担当者を探すことが可能です。また、社内の人材育成や評価、異動シミュレーションなど、さまざまな用途で活用できます

候補者の関心を高め、入社への意思を強くさせる中で、同時に候補者がどこに懸念を抱いているのか、他にも面談している会社があるのかといったヒアリングをしていきます。そのヒアリングに応じて面談を重ねるのか、クロージング(入社の意思を固めてもらうための施策)に入るのかを判断します。そしてぜひ入社してほしいという結論になったら、社長や人事が内定をオファーする面談を行い、その候補者にどんなことを期待していて、いかに入社してほしいかなどを伝えて最後の一押しをします。このとき、候補者の志向性や価値観を把握して、自社に勤務することによってどのようなメリットを最大化できるのかを具体的に伝えることが大事です。場合によっては、気楽に話ができるように食事会をセッティングすることもあります。

クロージングまでに行う面談回数は企業によって違いますが、近年採用がうまくいっている企業では、主にこうした流れで面談を行うのが王道パターンになっています。従来は、面接の回数を重ねるごとに偉い人が出てくるのが主流だったので、まるっきり逆の流れになっているというわけです。

各面談で得られた候補者の情報は社内で共有し、次の面談担当者に引き継ぐようにしましょう。最初の面接ではまだ候補者との関係性が築けていなかったのでここまで聞けなかったら、次の面談で聞いてほしい、というような連携も取りやすくなります。

 

面談担当者との事前オリエンテーション

現場のメンバーに面談をしてもらう際には、事前にオリエンテーションをしておくとよいでしょう。注意してほしいのは、会社として「こういう話をしてください」「こんなことは言ってはいけない」という趣旨のものではないということです。基本的には、面談を担当するメンバーの思うまま、会社のネガティブな面も含めて正直に話してもらいます。ただ、自社の採用活動の目的、そこに自身がどんな目的・使命のもとに関わっていて、どういう観点から候補者の採用・不採用を判断すべきなのか、自社に対する他のメンバーとの共通認識の確認、候補者への適切な情報提供などについてしっかり理解しておく必要があります。現場のメンバーも面談のプロではないので、こうした事前準備をきっちりしないと、志望動機を尋ねる従来の面接のような場になってしまいかねません。オリエンテーションでは、以下の内容について話しあい、意見をまとめておくとよいでしょう。

(1)目的
 ・みんなにとって理想のコミュニティにしたいこと
 ・既存メンバーにマッチして、みんなが一緒に働きたい人を採用したいこと
(2)自社ゴールデンサークルについて(候補者とのマッチングに求めるもの)
(3)採用ペルソナについて(求めている人物像)
(4)採用プロセス(面談)全貌について
(5)面談における判断基準
(6)裁量権の説明(現場に裁量をもたせていくこと)
(7)採用活動をいつから開始するか

このとき重要なのは、社長などトップの人間に、採用活動にコミットメントする姿勢を話してもらうことです。特に現場のメンバーが採用活動に関わる取り組みを始めたばかりのときは、日常業務以外に面倒な仕事が増えたという印象を持たれてしまうかもしれません。採用活動を自分ごと化し、理解してもらうために、人事担当者からだけの説明よりも受け入れてもらいやすくなります。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています