WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

[3-3]候補者を惹きつける面談内容を設計しよう Part.3 入社してもらう

最初の面談で候補者に信用され、自社に魅力を感じてもらうためには、相手に響く情報を伝えることが重要です。そのためには、事前に何をどう伝えるのかを精査し、しっかり準備をしておきましょう。

最初の面談者は誰がよいのか

面談は内定確定までの間に、複数回行われるのが一般的です。最初の面談は、前述のように(P065参照)、DONGURIでは代表が行い、裁量権は持っていません。近年の採用活動がうまくいっている企業では同様の例が多いですが、必ずしも最初は社長である必要はありません。

ここで大事なのは、候補者と対等な目線を持ち、自社についてしっかりアピールをすることです。面談の印象によって候補者にとっての企業への好感度が変わってきますので、こうしたことが得意な“適材”を選ぶようにしましょう。

 

ピッチスライドで自社プレゼンを作成

面談では、まず採用サイトやナビ媒体の情報などを見るだけでは理解してもらいづらい自社についての情報を候補者にプレゼンしていきます。候補者の興味を促進するアピール内容は、ゴールデンサークルを元にプレゼンに落とし込む方法「ピッチスライド」を用いて考えていくことができます。

これはもともと、シリコンバレーの起業家が投資家へ行うプレゼン対策として始めたフレームワークで、Airbnbなどの海外スタートアップで行われてきました。採用においても、自社についてわかりやすく伝えられるため、活用できます。具体的には、01に挙げたような項目を書き出していくことで自社の事業や特徴を改めて把握します。さらに、候補者が関心を持ちやすい項目も追加していくとよいでしょう。

通常のプレゼンとの違いは、「比較的短時間で内容を端的に」「専門用語や専門知識を知らない相手にも理解できるようわかりやすく」「投資したい(採用活動の場合はこの会社で働きたい)と共感させるストーリーを組み立てて」、スライドと共にメッセージを伝えていくということです。慣れないうちは10分ほどを目安にし、慣れたら数分で話していけるようにしていきます。

b3917c63d02adf35a1001fd6a9611efe.jpg
01 ピッチスライドの項目例
面談に備えて上記の項目を書き出していくことで、自社の事業や特徴を改めて把握します

 

候補者に信用されるトーク術

たとえば企業がCMなどで自社商品をいくら「よいものです」と言ったところで「自分の会社のものならそう言うよね」と思ってしまうものです。面談でのトークも同様で、説得力を持って自社の魅力を伝えるにはコツが必要です。

たとえばWebデザイン業界を志す候補者に「弊社は〇〇というプロジェクトのブランディングをやっています」と言っても、あまりピンときません。その理由の一つは、「どの段階から関わっているのか」が企業によりけりだからです。候補者の方も、「本当はWebサイトのブランディングを手がけただけなのに、プロジェクトの上流からブランディングを手がけたかのように話す『あれオレ詐欺』なんじゃないの?」という疑念を抱いてしまうのです。もう一つは、候補者がそのビジネスについて詳しくないため具体的にイメージしづらいということが挙げられます。これらを解決するためには、実際に手がけたフローを順を追って説明するのがよいです。たとえば、プロジェクトの立ち上げから参加し、そこからこういう業務を重ねてきました、というように。

また、社外から見えやすい事業、見えにくい事業というものもあります。たとえばDONGURIの場合は、企業の組織改革や事業開発からコンサルタントとして入り、最終的に完成したプロダクトやサービスに関連するWebサイトや広告、パッケージなどのデザインを手がけています。しかし「デザインをする会社だ」という認識の候補者が多く、組織改革や事業開発から手がけていると話すとたいてい驚かれます。B to B企業なども、社外から業務内容が理解されづらいという場合があるのではないでしょうか。

また、実際に候補者が入社した場合、どのような業務をすることになるのかといったプロセスも伝えておくとよいでしょう。口頭での説明だけでなく、ストーリーボードなどを用意しておくのも伝わりやすくなります(02)。このとき、「誰」の「どんな課題」に対して「何を提供して」解決しているのかを見える化することが大切です。こうした準備をしておくことで、入社後に思っていたのと違ったという問題を未然に防ぐことができます。

c44aaf443cb30d8735bada5965e66b6d.jpg
02 業務紹介のストーリーボード例
架空の企業のストーリーボード例。このように、自社の業務内容をストーリーボードにすることで、 誰のどんな課題をどのように解決しているのかを一目でわかりやすく伝えることができます

 

ポジティブなこともネガティブなことも隠さず伝えていく

企業として伝えいたいことだけではなく、候補者にとって知りたいことをしっかりアピールすることも大切です。最初にボトルネックとなっている部分を取り除かないと、その他の話をきちんと聞いてもらえません。一般的に候補者が気にする内容には、下記のものがあります。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています