WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

[3-1]自社とのマッチングは候補者の意向から判断しよう Part.3 入社してもらう

多くの場合、採用活動の一次審査となる書類選考。しかし、学歴、職歴、資格といったスペック的な情報のみで、自社にマッチした候補者を見分けることは困難です。では、どんな情報から判断していくとよいのでしょうか。

エントリー件数は多ければ多いほどよい?

書類選考の話の前に、まずはエントリー件数についてどう捉えるべきかを考えていきましょう。従来の採用活動では、「母集団形成」の観点から、エントリー件数は多ければ多いほどよいとされてきました。これは、エントリー件数が多い方がそこに含まれる優秀な人材の数も多いという考え方です。たとえば企業が10人採用したいとして、エントリー件数が100人の場合よりも、1万人の場合の方が最終的に内定する10人は優秀な人材であると考えられてきたわけです。

しかし、現在の採用活動においては、極論をいえば、企業のペルソナにマッチした10人だけのエントリーがあればよいという考え方がトレンドになっています。エントリー件数が多すぎることは、採用活動においてデメリットにもなります。採用コストには、主に「媒体費やWeb制作費などの見えやすい費用」と「人事や採用に関わる人の時間などの見えにくいコスト」の二つがあります。現在の採用活動では、後者にコストをかけ、候補者と採用者のコミュニケーションに力を入れることの方が投資効果として効率的であり、うまくいく方法だと考えられています。前者にばかり力を入れて、ペルソナにマッチした候補者の割合が少ないとそこに至るまでの工数がとられてしまい、本来力を入れるべき採用マーケティングに時間を割けなくなってしまいかねません。

Part.2で行なってきた、SNSや自社作成コンテンツを通しての情報発信や候補者とのコミュニケーションがうまくいっていれば、その時点で企業のペルソナとマッチした候補者へのターゲティングが行われ、候補者自身も「この企業の社内風土と合いそうだ」「この企業の業務は自分がやりたいことと違うかもしれない」ということが判断でき、エントリーする候補者はかなりセグメントされているはずです。企業のペルソナとマッチする可能性が高い層に絞られた候補者だけがエントリーしてきて、彼らに対して採用者が丁寧にコミュニケーションをとっていけることが理想的な状況だといえるのです(01)。

47fa42ab884fd760c568e6948098e2b3.jpg
01 エントリー件数への考え方比較
従来の採用活動では、エントリー件数は多ければ多いほどよいと考えられてきましたが、現在の採用では、企業のペルソナに合う候補者にセグメントした層に絞られる方が望ましいです

 

書類選考で企業が知るべき情報

書類選考に用いられる一般的な履歴書や職務経歴書には、学歴や資格、職歴などが書かれていますが、こうした情報だけでは選考するのに不十分です。自社の業務に必要不可欠な資格などがある場合に確認ができる程度にしか役立ちません。以前は高学歴であることや即戦力となる技術や経験値があることという観点が選考基準だったかもしれませんが、そうした観点での採用は、企業にマッチした候補者ではなく入社しても早く辞めてしまったり、企業への特別な思い入れがなく内定を出しても他に内定の出た企業へ行ってしまったりと、採用がうまくいかないケースが多いです。

そうならないために企業が知るべきなのは、その候補者が仕事に対してどのようなビジョンを持っていて、そのためにどのようなロードマップを描いているのかという彼らの意向です。エントリーシートにそうした項目を用意するなどし、適切な情報を得られるようにしましょう。

たとえば、多くの転職経験がありそれぞれの在籍期間が短い候補者がいたとして、入ってもすぐに転職してしまうと不安に思うかもしれません。しかし、それらの職歴がロードマップに沿っていて、その人がよりビジョンに近づいているという論理性があると転職の意図が理解でき、そのうえで次に自社で働くのがマッチしているのか否かを判断することができます。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています