WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年12月号

実録! 有効な指標の導き方 PV? CV? 評価指標に悩むWeb担当者の現場に学べ

自社サイト、オウンドメディア、各種SNS、インターネット広告…デジタルを主戦場とするWeb担当者、デジタルマーケターが突きつけられる予算と成果、それらを裏づけていく評価のあり方。今回は旅行予約サイトを運営する(株)パムの現場を取材し、「評価指標との向き合い方」に迫る。

パムが考える成果指標の意味は?
“ユーザーファースト”を「数字」で裏づけたい

 

STEP 1 きちんと自社のビジネスモデルを捉える

指標は「ユーザーの姿を具体化する手段」

今回、沖縄に本社を構え、旅行予約サイト「たびらい」などを運営する(株)パムの現場に潜入した。全国各地に実店舗を抱える大手企業、国内外のオンライントラベルエージェンシーと、ライバル会社が玉石混交にひしめく厳しい世界で、価格競争と一線を画したサービス展開で勝負する会社、それがパムだ。

2016年12月号の本誌では、予約申し込み者用にカスタマイズした電子ガイドブックを贈呈するサービスを取材。「アイデア勝負」で荒波に打って出るパムだからこそ、サイト運営の指標や数字への考え方に「一家言あるはず!」と踏んだ。

「予約“数”だけを追求しているわけではない」という同社。では、重視する指標と、実際に得られた成果とは何なのか?

 

STEP 2 「ユーザーファースト」実践のための取り組み

KPI開発を呼んだ、毎週500以上の指標を共有

Webサイトで旅行を予約する場合、大半のユーザーは一度の訪問でいきなり決めないだろう。パムは自社ビジネスの大前提に立ち返り、事業の本質に辿りつこうとする作業を続けている。

「創業以来、パムが大切にしているのが“ユーザーファースト”。ユーザーが望む行動を予約サイトを通じて実現できれば、結果として予約数にもつながるというスタンスです」(妻夫木友也さん)

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています