[お悩み05]フォームからCVまでの離脱率が高いのはなぜ?|WD ONLINE

WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年12月号

[お悩み05]フォームからCVまでの離脱率が高いのはなぜ?

フォームからのアクションをコンバージョンとしている場合、その間の離脱率も注目すべき点だ。多くの場合で、フォームのユーザビリティを見直すと離脱率は改善される。入力を3項目以内にする、入力補助機能を付けるなど、細かな気遣いが大切だ。

 

ユーザー視点のフォームになっているのか?

サイトのコンバージョンを、フォームからの問い合わせや資料請求などとしている企業は多いです。経験上、フォームからコンバージョンに至る離脱率には、フォーム自体のユーザビリティがとても大きく影響します。よくある離脱の原因としては、フォームの入力項目数が多すぎることが挙げられます。一般的に、「項目数は3つ以下がよい」とされています。そうはいっても、入力項目が少なすぎると情報として不十分だったり、あとから連絡を入れて詳細情報を改めて入手するという営業担当などの作業負荷が増えるというデメリットもあります。社内で何項目まで減らすことを許容できるかも考えなければなりません。そのうえで、一つずつ項目数を減らして離脱率の変化をチェックしていくと良いでしょう。ユーザーは、必要性があれば、たとえ項目数が多くても最後まで入力してくれるものです。

併せて、郵便番号を入力したら該当住所が表示されるような補助機能、直感的に入力内容が理解できるように入力欄への参考例記入、確認画面が送信完了画面だと誤認されない工夫といった、細かい気配りを重ねることでユーザーの離脱を防ぐことができます。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています