WD Online

One's View コラム Web Designing 2017年12月号

【コラム】デジタルの数字が紡ぐ、ヒューマンな繋がり 今号のお題「数字」

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

今号のテーマが「数字」ということで、日ごろ行っているWebメディア管理の話をしようと思います。

ローソン(グループ)では、週に1度、各部門のWeb担当者によるオンラインの編集ミーティングを行っています。その顔ぶれは、販促部門から商品部門、ナチュラルローソンにローソンフレッシュ、ローソンストア100、ローチケ、HMV、ユナイテッドシネマの担当者など…。毎回30名ほどの人数でWebサイトやメルマガ、ソーシャルメディアの数字を検証しています。「この週はLチキ(フライドチキン)のRTキャンペーンが好調で、Twitterのフォロワー数が30万増えた」という報告や、逆に「PRしたかったデザートの反応が想定より伸びていない」などといった反省と原因究明を行うのもミーティングの目的です。

このWebミーティングでは、同じツール(GoogleアナリティクスやEngageManager)を使って、関連各社・サービスの数字を、まるで健康診断のように細かくチェックしています。とかく「Webの効果って見えにくいよね…」と言われがちな担当者に、「数値効果」を持って帰ってもらうのは有効です。

ところで、大人数が一堂に会するのには、3つの利点が挙げられます。ひとつは、「ノウハウの共有」。ローソン本体のアカウントは運用7年目に入りフォロワー数も安定してますが、他はまだ数万規模です。そのため、担当者であってもわからないことが多く、ミーティングですぐに相談ができます。成功事例、新しい投稿法や広告メニューなどを全員が共有できれば、グループ全体でノウハウの蓄積にもつながります。

ふたつ目は、「よきライバル心の醸成」。数字の変化に着目して良い点悪い点を共有していますが、SNSの運用担当者が並んでいると、意外にもライバル意識が芽生えるのです。例えば、ナチュラルローソンとローソンフレッシュ、ローソンストア100はTwitterフォロワー数が同じくらいなので、負けじと切磋琢磨しています。SNSの運用は効果が見えにくいがゆえ挫折しやすく、社内でも孤立しがち。よきライバルがいることは、モチベーションのアップと維持にも効果を発揮します。

最後は「デジタルお困りごと把握」。各部門が抱える「デジタルで解決できる、アナログな『お困りごと』」の把握です。Webミーティングには実務担当者が参加しています。そのため、担当者が今まさに現場で困っていることについて「デジタルで解決する方法はありますか?」と、相談いただくことがあります。会社によっては、異なる部門が同じ時期に同じようなソリューションをつくってしまうことがあるのですが、Webミーティングのおかげでそれらを未然に防げるほか、社内の「専門部隊」でフォローに入ることも可能になりました。

Webは数字を取りやすいメディアです。デジタルの数字を媒介にしてヒューマンな繋がりをつくる。このWebミーティングの本質的なPDCAは、そこにあるのかもしれません。

写真は週に1度のWebミーティングを写した1枚。参加者同士が切磋琢磨しながら、いい関係を築き上げることができればいいな、と思います

 

bec798923831bfda3859160f5d83cfd7.jpg
ナビゲーター:白井明子
(株)ローソン デジタルプラットフォーム部シニアマネジャー。デジタルプラットフォームを用いた施策の構築と企画を担当。「Web人大賞」、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞」受賞。ACC新事業検討委員会委員、法政大学イノベーションマネジメント研究センター客員研究員。http://www.lawson.co.jp/

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています