WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年10月号

[いきなり!ステーキ]リピートに繋げる、いきなり!ステーキの電子決済戦略 カードのインセンティブでファン化を促進

1号店オープンから、わずか3年8か月にもかかわらず、急成長を続けるペッパーフードサービスの「いきなり!ステーキ」。その成長を支えるのが、電子決済機能付きのカードだ。

いきなり!ステーキ

電子決済のインセンティブが呼んだ想像以上の反響

美味しいステーキを食べたい量だけ、立ち食いで食べるという斬新なコンセプトで、2013年の創業以来、急速な成長を続けるペッパーフードサービスの「いきなり!ステーキ」。

第一号店のオープンからわずか3年8か月にもかかわらず、今や全国に142店舗(2017年8月4日現在)。その急激な成長の一つの要因となっているのが、独自に発行している電子決済機能付きのカード「肉マイレージカード」だ。カード導入のきっかけを、同社の取締役を務める川野秀樹さんは次のように説明する。

「いきなりステーキはオープン以来、おかげさまで非常に多くの方にご利用いただくことができたのですが、いきなりステーキの特徴は、何度も足を運んで下さるリピーターの方が非常に多いこと。しかも、昨日は何グラム食べたと、楽しそうに話して下さる。そこで食べていただいた肉の量を記録できるようにしたら喜んで頂けるのではと考えたのが、肉マイレージカードの始まりです」

同店ではオープン当初から交通系や電子マネーに対応していたことから、「肉マイレージカードにもプリペイドカード機能を持たせるのは、当初からの予定」だったと川野さん。しかし、食べた肉の量を記録できるというカードのコンセプトを強く打ち出すためにも、プリペイド機能はカードのスタートから1年ほど遅れて追加。とはいえ、当初はプリペイドへの入金はそれほど期待していなかったという。しかし、いざプリペイド機能をスタートすると、想像を大幅に超える入金があったという。その理由を川野さんはこう分析する。

「一番大きいのは、やはりインセンティブだと思います。いきなり!ステーキはランチタイムでも1,000円以上と、決して安い価格帯ではありません。でも、何度も通いたいから、少しでもお得に利用したいというお客様が非常に多かったのだと思います」

肉マイレージカードは、3,000円以上の入金で1%、5,000円以上で2%、10,000円以上の入金で3%のインセンティブを受けられるのが特徴。それがリピート率の高い客層に広く支持されたのではないかと川野さんは言う。

それを象徴するのが、2016年2月に実施した「肉の日・5倍デー」だ。これは2月9日と、毎月29日に入金すると、いつものインセンティブが5倍になるキャンペーン。すると、大きなPRはしていないにもかかわらず、通常の10倍を超えるチャージがあったという。また、2014年7月からは同店のアプリ「いきなり!肉マイレージアプリ」もリリース。アプリでは、これまでに食べた肉の量がわかるだけでなく、全国ランキングも表示。さらに2017年4月からは、それまでプリペイドカードへの入金は店頭での現金入金のみだったのが、アプリからのクレジットカード入金にも対応。これによって、さらにチャージの頻度も上がったという。

10b2b3dabb4c51322664f68d1ab16771.jpg
いきなり!ステーキの特徴(1)
「いきなり!ステーキ」のWebサイト。迫力ある肉の画像が印象的。肉へのこだわりのほか、肉マイレージカードも大きく扱っている。ペッパーフードサービスのECサイトにもここからアクセス可能
abf836f282bd4278243d500e60ee013d.jpg
いきなり!ステーキの特徴(2)
「いきなり!ステーキ」の内観。基本は立ち食いだが、最近は椅子を導入している店舗も増えている

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年10月号

Web Designing 2017年10月号

2017年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

決済の改善は売上拡大に直結する!

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

10月号のテーマは「Webビジネスとお金」。電子決済やポイントシステム、はたまた仮想通貨で変わるビジネスの世界を追究します。



技術の進化に伴い、決済方法の多様化・自由度拡大により、ビジネスは大きく変わろうとしています。

①ビジネスのバージョンアップ
 ・新しい市場、新しいマネタイズ

②お金まわりに関わるコスト削減

これは、大企業がやっていることでウチのような中小企業には関係ない、で済ませて本当にいいのでしょうか?

さらに新しい技術の波(仮想通貨)が近い将来に確実に押し寄せようとしている中で、すでに波が来てしまってから慌てても遅いのではないでしょうか。そして、あなたのビジネスをさらにバージョンアップさせる可能性が眠っていないでしょうか?


本特集で、電子決済・電子マネー・そして仮想通貨という「これからの決済」を軸に、決済の進化があなたの(Web)ビジネスをどうバージョンアップさせるのか追究してみましょう。


●日本の決済の現状とIT技術進化によるビジネスの変化、中小企業にとってどんなチャンス(注意点)があり、どんな認識・準備が必要か

●データで見る、顧客の意識・利用調査、海外の現状

●身近な事例で見る、ITの進化で生まれた新しい決済方法

●決済の進化が変える<収益増大・市場拡大> 
 ・越境ECをメインに海外の状況、すでに日本で対応している例、これから小規模ビジネスでもビジネスチャンスを逃さないために必要なポイントなどを解説します。

●決済の進化が変える<買い逃し防止>  
 ・ユーザー側にすでに幾多の決済方法が用意されている現状で、指をくわえて商機を逃す(かご落ちさせる)わけにはいきません。業界、業態、商品によってどの決済方法は必須なのか、それによる費用対効果は?


●決済の進化が変える<マーケティング> 
 ・電子決済、Webマネーで期待できることとして、POSでは計れない購買データ、顧客データがマーケティングに活かせるというポイントがありますが、実際にはどんなサービスでどんなデータが取れ、それを何に活かせるのでしょうか。大手ペイメントシステム会社に聞きました。

●決済の進化が変える<業務効率化・コスト削減>

●決済の進化が変える<新しいビジネスモデル>

●決済サービスとセキュリティ

●ポイントシステム導入に必要なこと
 ・中小企業におけるポイントシステムの費用対効果は? ポイントは課税?非課税?など


●仮想通貨
 ・近い将来にやってくる、今まで決済の進化から考えられるビジネスのバージョンアップを現実のものにできるかもしれない、仮想通貨の基礎知識と、それにより具体的にどんなビジネスが可能になるのかまで言及します。

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています