WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年6月号

[SiTest]多忙なマーケターを日常的に支えるAIサービス 導入サイト数17万の裏づけは、AIで現場を効率化できるから!

日々、デジタルマーケティングの現場で奮闘するマーケターやWeb担当者の間で支持を集めるサービスが、(株)グラッド
キューブのAIソリューションだ。AIの力の発揮のしどころは? 同社COOの財部友希氏に話を聞いた。

SiTest

効率的に業務をこなすためにマーケターが喜べるサービスを

「SiTest」(サイテスト)は、2007年にマーケティング支援会社として設立された(株)グラッドキューブが提供する、AIを搭載したサイト改善サービスだ。サイト内のユーザー行動データを解析するオールインワンのソリューションを強みとしているサービスで、ヒートマップによるユーザー行動の可視化、AIによるレポート出力やA/Bテストなどが実行できる。

全機能が1カ月間試せるトライアル版を用意し、有償版も初期費用はかからず、特に期間の縛りを設けずに1カ月5万円からスタートできることから、大手企業とともに中小企業にも幅広く利用されている。

「設立から継続的に行ってきたマーケティング支援の知見を基盤にしたソリューションです。現場で多忙なデジタルマーケティングのマーケターやWeb担当者のために、導入による成果や効率性を引き出すことが開発コンセプトです」(グラッドキューブ・財部友希氏、以下同)

社内ではかねてから、AI搭載による機能強化がマーケターへの支援強化につながるという目論見があり、AIの独自開発を続けていた。そして2015年夏から、AIによるA/Bテスト機能が新搭載され、2016年に入ってからもAIによるアドバイスコメントやレポート出力機能が加わった。

4566d98d53f426e7d461fdc78e8efac7.jpg
「SiTest」(サイテスト)とは
ヒートマップで来訪ユーザーの傾向を探るスクロール解析のほか、入力フォーム支援機能(EFO対策)、AIによるレポートやアシスタントコメントの生成など、オールインワンのソリューション機能を搭載する

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年6月号

Web Designing 2017年6月号

2017年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

6月号のテーマは「AI」です。「え!?」と思った人、ぜひ本書ですでに直面している現実をご覧ください。

現在、ビジネスのキーワードとして飛び交っている「AI(人工知能)」。人間の脳の代わりとなり、さまざまな仕事をAIが賄ってくれる未来像がネット上でも飛び交っています。「人間の仕事を奪うのではないか」「人間を支配するのではないか」そういって煽るメディアも多々ありますが、果たして現在のAIとは、本当にそんなSFのような話なのでしょうか?
答えは「今はNO」です。
むしろ、AIはインターネット、そしてSNSといったものと同じ、現在のマーケティングを加速させる「新しいマーケティングツール」なのです。

一方、AIの導入は巨額の開発費を投資できる大手企業の話であり、自分たちのような中小規模の企業には関係ないと思っていませんか?
答えは「NO」です。
むしろ、時代の流れに少なからず影響を受ける中小企業こそ、大手との仕事のため、企業成長のため、正しい理解と認識が必要です。

AIは今すぐに、多額の投資をしなくとも活用できる状況がすでに作られています。
人工知能によってマーケティングにおけるあらゆるコミュニケーションが変わっていく可能性があり、そんな時代はもうすぐそこまで来ています。仕事の効率化、人件費削減など中小企業が抱える長年の課題に対する解決の道筋をつけてくれる可能性が大いに有り得ます。
御社の競合がAIを使った施策を行っている、そう聞いてからでは遅いのです。
本特集では、今、現場で活用できるAI技術を使ったWebマーケティングの方法と、それによるリソース面、予算面のメリットまで追求します。

第1部 【中小企業Web担こそ!】いますぐAIを検討すべき理由
●いますぐ使えるAIの基礎理解
●図解・AIがマーケティングで注目される理由
●AIの仕組み~要するに、何をしてるの?~
●AIをビジネスツールとして活かすには

第2部 AIを現場の即戦力にするメリット
●AI搭載型botでオペレーションコスト低減へ!スモールスタート可能なチャットボット活用法
●AIの機能は「分析」ではなく「分類」だ!AIの導き出す「答えの見方」
●実録・AIでFAQを作る
●こんな身近にある!AIツール

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています