WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年6月号

小さく始めようチャットボット作成のためのいろは ボット導入でコスト低減&サービス向上

AIによる事業効率化と言われても、「よくわからないから今は静観」という方がほとんどなのではないだろうか。それではもったいない。ここでは数あるAI活用手法の一つとして、小さく始めることができる「チャットボット」の導入方法を紹介したい。

1 チャットボットで見込める効果とは?

チャットボットを導入して見込める効果は、大きく分けて2つあることを知っておこう。

Webサイト上でのコミュニケーションを自動化してくれるチャットボット。導入することでどんな効果を見込むことができるのかというと、具体的に2つのポイントを挙げることができる。

(1)応対オペレーションコストの低減
(2)コミュニケーションの心理的ハードル軽減による誘導

(1)の「応対オペレーションコストの低減」についてはそのメリットを想像しやすいはずだ。どんな企業のWebサイトにも必ず置かれている「よくある質問」「FAQ」「お問い合わせフォーム」といった、ユーザーとコミュニケーションをとるページ。その内容の拡充に力を入れている企業も少なくないだろうが、いくら充実を図っても、電話での直接問い合わせやメール対応はなかなか減らないものだ。

これらにかかってしまう人的あるいは時間的工数の一部をボットに代行させることで、コストを低減しようというわけだ。すでに国内事例も多く、LOHACOのFAQ対応ボット「マナミさん」や、横浜市の「ゴミ回収方法に関する問い合わせ応対ボット」(P062参照)などはよく知られている。これらは結果としてサイトを訪れるユーザーに対してのユーザビリティ向上にもつながった好例だ。

ボットを導入するもう一つのメリットは、(2)の心理ハードルを低減しようというケースだ。向こう側に人間がいないからこそ、本音に近い言葉が、ライトにやりとりできる。たとえばいくつかのクイズのような質問を投げかけ、そこからユーザーのニーズを類推するといったやり方がそれにあたる。

チャットボットには大きく分けて2つの狙いがある。手間の低減とユーザーの心理ハードルの軽減だ。それらの事例を集めた

a98b58341723a9f8d6a997ce49ef5191.jpg
LOHACOのFAQ対応ボット「マナミさん」
fe77ea3e3044414f356768a689b84abc.jpg
横浜市のゴミ回収方法に関する問い合わせ」ページより
21b421d0a99be8092fa695179fd08050.jpg
ライフネット生命「ラネット君」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年6月号

Web Designing 2017年6月号

2017年4月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

6月号のテーマは「AI」です。「え!?」と思った人、ぜひ本書ですでに直面している現実をご覧ください。

現在、ビジネスのキーワードとして飛び交っている「AI(人工知能)」。人間の脳の代わりとなり、さまざまな仕事をAIが賄ってくれる未来像がネット上でも飛び交っています。「人間の仕事を奪うのではないか」「人間を支配するのではないか」そういって煽るメディアも多々ありますが、果たして現在のAIとは、本当にそんなSFのような話なのでしょうか?
答えは「今はNO」です。
むしろ、AIはインターネット、そしてSNSといったものと同じ、現在のマーケティングを加速させる「新しいマーケティングツール」なのです。

一方、AIの導入は巨額の開発費を投資できる大手企業の話であり、自分たちのような中小規模の企業には関係ないと思っていませんか?
答えは「NO」です。
むしろ、時代の流れに少なからず影響を受ける中小企業こそ、大手との仕事のため、企業成長のため、正しい理解と認識が必要です。

AIは今すぐに、多額の投資をしなくとも活用できる状況がすでに作られています。
人工知能によってマーケティングにおけるあらゆるコミュニケーションが変わっていく可能性があり、そんな時代はもうすぐそこまで来ています。仕事の効率化、人件費削減など中小企業が抱える長年の課題に対する解決の道筋をつけてくれる可能性が大いに有り得ます。
御社の競合がAIを使った施策を行っている、そう聞いてからでは遅いのです。
本特集では、今、現場で活用できるAI技術を使ったWebマーケティングの方法と、それによるリソース面、予算面のメリットまで追求します。

第1部 【中小企業Web担こそ!】いますぐAIを検討すべき理由
●いますぐ使えるAIの基礎理解
●図解・AIがマーケティングで注目される理由
●AIの仕組み~要するに、何をしてるの?~
●AIをビジネスツールとして活かすには

第2部 AIを現場の即戦力にするメリット
●AI搭載型botでオペレーションコスト低減へ!スモールスタート可能なチャットボット活用法
●AIの機能は「分析」ではなく「分類」だ!AIの導き出す「答えの見方」
●実録・AIでFAQを作る
●こんな身近にある!AIツール

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています