WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年6月号

AI=「分類の自動化」が示すいろは AIの本質を知ることが事業化の近道!

ここまでAIの全体像や、特に応対(チャットボット)についての考察を深めてきた。最終的にはAIで何ができて、何ができないのかをきちんと捉える者だけが、ビジネス最適化に踏み出せる。そこで現在AIができることについて、総括したい。

1 現状AIにできるのは「分類の自動化」と考える

今のAIができることは、一言で表すと「分類」。その真意をここで整理しておこう。

現在、AI(人工知能)が人間の代わりに企画を考えたり、人を説得したりすることは(単独では)難しい。しばらくは技術的に無理だろう。では、現在マーケットを日々騒がせているAIとは、具体的に何ができて、これほど多種多様なシーンで騒がれるのか。AIで何かしらの施策を検討したり、AIで事業のどこかしらの効率化を考えたいなら、まずは仕組みと特性について、ざっくりであっても把握しておきたい。

今AIと呼ばれるものは、「分類の自動化」を行うための仕組みだと考えればいいだろう。決して、AIが人間の代わりに何かを考えてくれるわけではない。現時点でできるのは「データの中の特徴を探し出すこと」「その特徴を分類すること」がメインとなる。「データの中の特徴を探し出すこと」とは、例えば「犬っぽい画像を数万枚の写真の中から探す」や「テキストデータの中から、単語と文節の組み合わせによって、書き手の “感情” などのパターンを見つけ出す」といったことである。

ただし、AIがいきなり「あっ!これ犬っぽい!」や「この人、転職したがっている!」といった分類を行えるわけではない。便宜的に名前をつければ、「グループA」「グループB」といった機械的な分類が可能になる、ということだ。

cb74558025408ea23ff34a575c0bc55b.jpg
表向きに行われているイメージ
処理だけを見ると、AIが勝手に判断しているように見えているかもしれないが…
10a0be44c4796058adab81aca1a4bb39.jpg
実際に行われている処理
実際は複数の分析による情報の分類と選択を行っているイメージが近い
※ 図は、便宜上極端に簡略化した図なので、この通りにあてはまらないケースがある

では、これらをどう活かすと、事業への有効な施策につながるのか。というのは、グループAといった“AIが機械的に見つけた”分類は、そのままでは人間には利用ができない(しにくい)状態だからである。そこで、「○○な特徴を持ったデータ」を「■■として分類する」といったルールが必要になる。これを「教師データ」 などと呼んでいるが、ビジネスにAIを活用したいならルールの設計こそが肝になる。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年6月号

Web Designing 2017年6月号

2017年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

6月号のテーマは「AI」です。「え!?」と思った人、ぜひ本書ですでに直面している現実をご覧ください。

現在、ビジネスのキーワードとして飛び交っている「AI(人工知能)」。人間の脳の代わりとなり、さまざまな仕事をAIが賄ってくれる未来像がネット上でも飛び交っています。「人間の仕事を奪うのではないか」「人間を支配するのではないか」そういって煽るメディアも多々ありますが、果たして現在のAIとは、本当にそんなSFのような話なのでしょうか?
答えは「今はNO」です。
むしろ、AIはインターネット、そしてSNSといったものと同じ、現在のマーケティングを加速させる「新しいマーケティングツール」なのです。

一方、AIの導入は巨額の開発費を投資できる大手企業の話であり、自分たちのような中小規模の企業には関係ないと思っていませんか?
答えは「NO」です。
むしろ、時代の流れに少なからず影響を受ける中小企業こそ、大手との仕事のため、企業成長のため、正しい理解と認識が必要です。

AIは今すぐに、多額の投資をしなくとも活用できる状況がすでに作られています。
人工知能によってマーケティングにおけるあらゆるコミュニケーションが変わっていく可能性があり、そんな時代はもうすぐそこまで来ています。仕事の効率化、人件費削減など中小企業が抱える長年の課題に対する解決の道筋をつけてくれる可能性が大いに有り得ます。
御社の競合がAIを使った施策を行っている、そう聞いてからでは遅いのです。
本特集では、今、現場で活用できるAI技術を使ったWebマーケティングの方法と、それによるリソース面、予算面のメリットまで追求します。

第1部 【中小企業Web担こそ!】いますぐAIを検討すべき理由
●いますぐ使えるAIの基礎理解
●図解・AIがマーケティングで注目される理由
●AIの仕組み~要するに、何をしてるの?~
●AIをビジネスツールとして活かすには

第2部 AIを現場の即戦力にするメリット
●AI搭載型botでオペレーションコスト低減へ!スモールスタート可能なチャットボット活用法
●AIの機能は「分析」ではなく「分類」だ!AIの導き出す「答えの見方」
●実録・AIでFAQを作る
●こんな身近にある!AIツール

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています