WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年6月号

【業界別】AIがもたらす“バージョンアップ”

ビジネスのソリューションとしてすでに検討に値する段階に入りつつあるAI。AIを活用することで、各業界においてさまざまな「バージョンアップ」が期待できる。ここでは、その一部を紹介しよう。

EC

レコメンデーションを強化

ユーザーが欲しい商品の提供だけでなく、魅力的なレコメンドが売り上げに直結するEC。例えば「ROCK」というカテゴリーに対してどんな楽曲が出てほしいかを各ユーザーの行動履歴から自動学習し、ある人にはメタル寄りに、ある人にはJ-POP寄りに振った「その人の好きなROCK」を生成することで、CVRを大きく向上させるAI技術・サービスはすでに存在している。例えば、アメリカの人気アウトドアブランド「The North Face」のECサイトのように、AI技術を使えば、より精緻で広い関連性でレコメンドができる。さらにECのログインをFacebookログインなどにすれば、その情報を解析して、その人がどんな気分なのか、最近何があったのかを解析し、それに紐付けた商品提案もできるだろう。またチャットボットを導入することで「●●が欲しい」といったニーズも拾うことができるだろう。

データ解析を本格化

膨大なレポートの中から、事業に役立ちそうなものを選んで仮説を立てる作業は、すでに人間がしないほうが安い時代に入っているのかもしれない。月々わずか数万円で、競合を含む膨大なベンチマークデータから導き出した具体的な解析・アドバイスデータを受け取れるAI解析サービスは、既にいくつも存在している。先日アプリ版限定で公開されたGoogleアナリティクス公式AIアシスタント機能(P084)もその1つだ。日本語化されれば、こうした機能がすべて無料になる可能性も高い。

49c8c6264683959711e224373526b8c8.jpg
Google Analytics Assistant

 

小売(実店舗)

在庫管理、発注業務の効率化

これまで経験と勘、熟練スタッフの感覚をベースに行われてきた小売りや飲食店のような業界にこそ、AIによる高効率化が望める領域となる。IBMのCommerce Insightsなどを使えば、ワトソンの能力を活用し、今までの在庫量と過去POSでの販売予想に加えて、世の中の動向、天気情報などと連携し、より精度の高い在庫管理、発注業務ができる。高額な投資が必要となるケースも多いが、スタッフの学習コストが激減することを考えれば安いととらえる事業者も多いはずだ。

6e9240473a42f252d3d9b1d6fa670ce2.jpg
IBM Commerce Insights

 

IT・開発・デザイン

デザイン提案を効率化

労働集約型のこの分野ではまだまだ日本語圏における実用サービスは少ないが、『Wix ADI』『Logojoy』など、既に英語圏ではサービスがいくつか存在している。わずか数万円程度の予算で、制作対象となるサイトの目的・業種・単価・イメージカラーなどを指定するだけで勝手にデザインを作ってくれるサービスや、原稿情報から意図を読み取り、情報構造に合わせたデザインを自動で提案してくれるサービスがあるが、まだ実用となると難しいのが実情だろう。現在では、AIによる自動生成よりも、Adobe MUSEのように、直感的な動作指示がコードを書かずにサイトとして出力されるといった自動化処理がしばらくは主流となっていくだろう。

PDCA、グロースハックを高速化

「ユーザーの行動を分類して、いくつものデザインパターンを試し、改善する」「過去と同様の条件下で改善効果のあったレイアウトやデザインを試す」「サイトを改善する点と方法」など、デザインのPDCAやグロースハック的処理も、『FIREDROP』、WACULの『AIアナリスト』などのサービスによって、実験可能な段階になりつつある。ビジネスの現場で使える本格的なものには、まだまだ大きな予算が必要ながら、これまで熟練の人間の経験に頼っていたデータ解析・改善施策PDCAといった領域もAIによる自動化・効率化しやすい業務となりつつある。

76e6e59c847f4cea7666c129724dca9e.jpg
FIREDROP

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年6月号

Web Designing 2017年6月号

2017年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

6月号のテーマは「AI」です。「え!?」と思った人、ぜひ本書ですでに直面している現実をご覧ください。

現在、ビジネスのキーワードとして飛び交っている「AI(人工知能)」。人間の脳の代わりとなり、さまざまな仕事をAIが賄ってくれる未来像がネット上でも飛び交っています。「人間の仕事を奪うのではないか」「人間を支配するのではないか」そういって煽るメディアも多々ありますが、果たして現在のAIとは、本当にそんなSFのような話なのでしょうか?
答えは「今はNO」です。
むしろ、AIはインターネット、そしてSNSといったものと同じ、現在のマーケティングを加速させる「新しいマーケティングツール」なのです。

一方、AIの導入は巨額の開発費を投資できる大手企業の話であり、自分たちのような中小規模の企業には関係ないと思っていませんか?
答えは「NO」です。
むしろ、時代の流れに少なからず影響を受ける中小企業こそ、大手との仕事のため、企業成長のため、正しい理解と認識が必要です。

AIは今すぐに、多額の投資をしなくとも活用できる状況がすでに作られています。
人工知能によってマーケティングにおけるあらゆるコミュニケーションが変わっていく可能性があり、そんな時代はもうすぐそこまで来ています。仕事の効率化、人件費削減など中小企業が抱える長年の課題に対する解決の道筋をつけてくれる可能性が大いに有り得ます。
御社の競合がAIを使った施策を行っている、そう聞いてからでは遅いのです。
本特集では、今、現場で活用できるAI技術を使ったWebマーケティングの方法と、それによるリソース面、予算面のメリットまで追求します。

第1部 【中小企業Web担こそ!】いますぐAIを検討すべき理由
●いますぐ使えるAIの基礎理解
●図解・AIがマーケティングで注目される理由
●AIの仕組み~要するに、何をしてるの?~
●AIをビジネスツールとして活かすには

第2部 AIを現場の即戦力にするメリット
●AI搭載型botでオペレーションコスト低減へ!スモールスタート可能なチャットボット活用法
●AIの機能は「分析」ではなく「分類」だ!AIの導き出す「答えの見方」
●実録・AIでFAQを作る
●こんな身近にある!AIツール

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています