WD Online

知的財産権にまつわるエトセトラ Web Designing 2015年12月号

TPPで変わる著作権の保護期間。「戦時加算」って知っていますか? ~青山ではたらく弁護士に聞く「法律」のこと~

先日、環太平洋連携協定(TPP)交渉が大筋で合意に達しました。その中には、著作権に関する項目もあります。

10月7日に、環太平洋連携協定(TPP)交渉が大筋で合意に達しました。合意内容はさまざまな経済分野にわたっていますが、知的財産権に関しても重要な項目が含まれています。今回は、著作権に関する合意項目のうち、保護期間の問題についてご紹介します。

著作権には保護期間があります。現在の日本の著作権法では、著作権の保護期間は著作者の死後50年となっています。ところが外国では死後70年という国が多数派です。このように外国と日本で保護期間にズレがある場合、条約では短い期間が適用されることになっています。そのため、米国の著作権は米国内では70年保護されるのに、日本国内では50年しか保護されません。米国などはそれが不満なので、TPPにおいて日本の保護期間も70年にするよう求めており、日本側はそれを受け入れたわけです。近いうちに著作権法が改正され、著作権の保護期間は70年になることでしょう。

ここまではそんなにややこしい話ではありませんが、実は国内の著作権問題を複雑にしていることがあります。日本に対する「戦時加算」という制度です。第二次世界大戦の連合国の著作権については、本来の著作権の保護期間に戦争期間に相当する約10年間(1941年12月5日から平和条約が発効する日の前日まで)を加算するという制度です。日本は戦争中、対戦国の著作権を保護していなかったからその「著作権保護の空白期間」を穴埋めしろというわけです。加算される主な国と日数をまとめたのが下の表です。スイスやスウェーデンなどの中立国、イタリア、ドイツなどの枢軸国、そして連合国でもサンフランシスコ平和条約に署名していないロシアや中国などには戦時加算の適用はありません。この戦時加算により、米国や英国などの連合国の著作権の保護期間は、現在の著作権法ではおおむね死後60年となります。

たとえば、小説『風と共に去りぬ』の著者のマーガレット・ミッチェルは1949年に逝去していますから、本来の著作権の保護期間は没年の翌1950年1月1日から起算して50年後の1999年12月31日までとなります。そこに表の米国の戦時加算の期間である3,794日が加算されると、最終的に保護期間は2010年5月20日までということになります。

著作権の保護期間を70年に延長した場合、戦時加算も含めると保護期間は約80年になるところですが、報道によると今回のTPPに基づく著作権の保護期間の延長に伴い、TPP参加国との間では戦時加算は解消される見込みです。とすると、法改正後の外国の著作権の保護期間は、70年(もともと戦時加算の適用がなかった国とTPP参加国)と、約80年(もともと戦時加算の適用があったTPP非参加国)の二つの場合があるという、ちょっと複雑な状況になります。

なお、著作権の保護期間が延長されても、すでに保護期間が過ぎてしまった著作権が復活することはない見込みです。ですから『風と共に去りぬ』の著作権が復活することもないと考えてよいでしょう。

d732f368f451597fc036df8dd94e2e28.jpg
海外の著作物に対する戦後加算日数一覧。TPP加盟国間では撤廃される予定だ
c0cdfb8b61db28c0e9aeba1dfd46a8ae.jpg
Text:桑野雄一郎
1991年早稲田大学法学部卒業、1993年弁護士登録、2003年骨董通り法律事務所設立、2009年より島根大学法科大学院教授。著書に『出版・マンガビジネスの著作権』社団法人著作権情報センター(2009年)など。 http;//www.kottolaw.com/

掲載号

Web Designing 2015年12月号

Web Designing 2015年12月号

2015年11月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

動画マーケティング時代の成功法則/SSLを理解する

サンプルデータはこちらから

■ 特集:動画マーケティング時代の成功法則
 ネット動画で変わる集客・販促・ブランディング

■ 集中企画:SSL導入実践ガイド
 Webディレクター/マーケターは、もう知らないでは済まされない!

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
西尾維新公式サイト/G・U・M PLAY/株式会社モリサワ コーポレートサイト/Wonderwall/開かずのウェブサイト/ロレアル パリ EMOTIONAL ROUGE/くつろぎ族-金麦〈琥珀のくつろぎ〉-/UNIMEDIA/TryMore Inc./Andrew Harzog/「G展」スペシャルサイト「MEETinG」/NIGHT WAVE

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
 動画コマース:近くて遠い、EC向け動画の作成・活用法

 □ 月刊店舗設計
 ネコリパブリック:熱い思いやストーリーを伝えることで顧客の共感を呼ぶ

 □ モバイルビジネス最前線
 Anyca:個人間カーシェアリングで新しいクルマの持ち方・乗り方が生まれる?

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 著作権の保護期間「戦時加算」って知っていますか?

 □ Bay Area Startup News
 自分のクルマを使わないときにシェアするサービス「Getaround」

■ マーケティング・プロモーション

 □ サイト改善基礎講座
 閲覧開始ページの直帰率改善に取り組む

 □ ハギハラ総研
 PCに匹敵するスマートフォンからの動画視聴

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
 広告を望まない商品ブランドが展開したコミュニケーション

 □ 行動デザイン塾
 人が動きたくなる「手段が目的化した行動」

 □ 課題解決のためのUI実装講座
 待ち時間のストレスを軽減するプログレスバー

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
 アクセス解析とユーザーヒアリングの両輪でPDCAを回す

■ クリエイティブ・コラム

 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
 [バズ施策]モテ女子の秘密♡:五五七二三二〇 眞鍋海里
 [デジタルプロモーション]美味しいを環境でつくる:THE EXTREME LATTE 試飲会 築地 Roy 良
 [Webサービス]複雑性と汎用性の狭間:Formlets 仲暁子
 [IoT]自動車産業に切り込む:DriveOn 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
 RIDE MEDIA&DESIGN:サスティナブルな会社の在り方

 □ 清水幹太の「Question the World」
 Rafaël Rozendaal:ネット超大好き人間から学ぶ、自由との付き合い方

 □ ツクルヒト
 榊原澄人:「フレーム」を超えて動き出す世界

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
 第18回 いまなん詩゛?

 □ デザインにできることMonologue
 Vol.143 デジタル回帰

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
 ロボットがロボットを作る時代がもうすぐ? 人間の呪縛から逃れたロボットの家族観

■ インフォメーション
 □ Topics
 ヨコかな?(AI EMOJI©)/2015年度グッドデザイン賞

 □ Movement&News
 謎に包まれた天才写真家ヴィヴィアン・マイヤーとは何者か/オンライン動画コンテスト「BOVA」、作品募集を開始/湖畔にある美術館で巨匠・浅葉克己の個展/驚きと発見と感動をもたらす建築家フランク・ゲーリーの2つの個展 ほか
 東京モーターショー2015/経済産業省「Innovative Technologies」/総務省、IoT向けに「020」番号を割り当て/minne、積極的な拡大戦略を発表/YouTube向けショッピング広告施策を発表/「縦書きWebデザインアワード」作品募集開始

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています