PowerCMS 6をクライアントに勧める3つの理由|WD ONLINE

WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2022年8月号

PowerCMS 6をクライアントに勧める3つの理由 充実の機能はWeb制作会社の強い味方!

Webサイトのリニューアル案件では、既存のCMSに対する不満点がクライアントからいくつも挙がってくることがあります。Webの運用経験を積み重ねたクライアントの要求に応え続けるには、機能の充実したCMSをオススメするのが一番の近道です。

【製品データ】
[製品名] PowerCMS 6
[開発元] アルファサード株式会社
[URL]https://www.powercms.jp/

クライアントの要求に応え続けられるか?

Webサイトの運用年数が長いクライアントからは、CMSに対するさまざまな要求が挙がってくると思います。例えば、記事内に簡単にカルーセルを入れられるようにしたい、漢字にルビを振りたい、ログインパスワードの漏洩に備えたい…などなど。しかし、無料のCMSを使っている場合、要求によっては対応が困難な場合があります。また、カスタマイズによって対応が可能だとしても、人件費がかさんでクライアントの負担が増えてしまうこともあるでしょう。こうした問題をスマートに解決するには、最初から高機能なCMSを導入するのが一番の近道です。

PowerCMSは、豊富な機能を備えたハイパワーな国産CMS。2022年の4月には、最新バージョンの6がリリースされ、さらにユーザーの使い勝手を向上する機能がいくつも搭載されました。

中でも注目なのが、「フィールドブロックビルダー」という機能です。フィールドブロックビルダーでは、「画像+1行テキスト」や「リスト項目」といった要素をブロックとして定義できます。記事作成時にプルダウンメニューから定義済みのブロックを呼び出せば、投稿者にHTML編集の知識がなくても、簡単にそれらの要素を挿入できるというわけです。

投稿画面に備わっているリッチテキストエディタでもいろいろな見せ方ができますが、その場合、投稿者の力量に左右されてしまうのが課題です。例えば画像+説明文という組み合わせも、投稿者によって体裁が変わってしまいます。しかし、Web制作者がブロックを定義しておけば、投稿者全員が簡単に、かつ統一された体裁でパーツを利用できるようになります。

機能の豊富さに加え表示スピードも大切

そのほかPowerCMSでは、高齢者や障害者が利用しやすいWebサイトになっているか(Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3」への準拠)をチェックしてくれる機能や、まだそれほど日本語に慣れていない外国人にも配慮した「やさしい日本語」のWebサイトを作成する機能も充実しています。こうした「アクセシビリティ」や「ユニバーサルデザイン」に対する関心は、年を追うごとに関心が高まっています。

さらにPowerCMSは、静的なページを書き出す仕様のため、パフォーマンスに優れたWebサイトを構築できるのも大きなメリット。Webサイトのパフォーマンスは検索順位にも影響するため、表示の速さを重視するクライアントは多いと思います。PowerCMSはこの点でも自信を持って勧められるCMSだと言えるでしょう。

ブロックビルダーで作成したカルーセル用のブロック。あらかじめブロックを定義しておけば、HTMLの知識がない投稿者でも簡単にカルーセルを設置できます

 

 

 

企画協力:アルファサード株式会社

掲載号

Web Designing 2022年8月号

Web Designing 2022年8月号

2022年6月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

DX化・Webビジネスの成長に必須な クラウドサービスを使いこなせ!【AWS・Azure・GCP】

サンプルデータはこちらから

Web Designing 8月号(6月17日発売)特集
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
DX推進のカギはクラウド利用にあり!
実践的解説!AWS導入・活用ガイド
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれる中、日本企業のITシステムを抜本的に考えなければいけない状況になっています。そのインフラとしての主軸となる「クラウド」の活用は今後の企業活動の鍵を握るといっても過言ではありません。

クラウドといえば、世界的にシェアを持つAWS。DX&Webビジネスには必要とは知っている一方、

一体なんなのか、何に使えるのか?
どういうメリットがあるのか?
どのように導入するのか?
価格は?

といった、書籍などでは伝えきれない根本的かつ実践基礎的なポイントにフォーカスを当てて解説します。

AWS活用のための準備はこれで完璧!

ー CONTENTS ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■企業を守り、事業を成長させる「クラウド」を活用せよ!
セキュリティ対策も、新事業の立ち上げも。クラウドは「守り」と「攻め」の中心的存在だ!

●Webビジネスの「3つの潜在リスク」を払拭
●クラウド導入がもたらす劇的なメリット
●クラウドを利用したWeb基盤の強化事例

Chapter01 AWSを知る
●AWSが生んだ構造変化と中小企業のDXの現在
●ビジネス活用のためのAWS「解体新書」
●疑問や不安を解消するAWS利用の予備知識~コストは上がる?移行は可能?~

Chapter02 AWSを導入・運用する
●AWS導入・移行から運用までの手順と考え方
●クラウド初学者のためのAWS学習ガイド

【制作視点で考えるAWS】
●開発の前線から見るAWSの影響と今後

この記事を見た人はこんな記事も見ています