WD Online

データのミカタ Web Designing 2021年4月号

世界CMS利用率1位はWordPress、では2位は? データアナリスト萩原雅之氏による統計コラム

2年前のCMS特集号のコラムでは、Q-Success社のデータに基づき、世界の半分以上のWebサイトがCMSを導入し、WordPressの利用率が圧倒的なトップであることを紹介した。あらためて同社の最新データ(2021年1月時点)を見ると、CMS導入サイトは7ポイント上昇して61.7%、WordPressの利用率も39.5%へとさらに上昇し盤石の強さを見せている。

大きく変化したのは、JoomlaやDrupalの利用率が相対的に低下し、2014年にランキング初登場した Shopify(Spotifyではない、念のため)が急上昇して2位(3.2%)になったことだ。Shopifyはその名の通りECサイトの構築、管理に特化したCMSだが、ECプラットフォームとして認知されているので、驚く人も多いだろう。世界170カ国、100万店以上の中小小売や個人のネットショップが使用し、流通総額は20兆円を超えるという。

WordPressやWixでも、ショッピングカート機能や決済などのプラグインを利用することでECショップの構築は可能だが、リアル店舗とのPOS統合や在庫管理を含むショップ運営が主目的なら、Shopifyに優位性があるのは当然だ。日本でも急速に普及し、例えばShopify公式パートナーのトランスコスモスは、この1月、福岡にShopify専用のオペレーションセンターをオープンし、2年後には500人態勢を見込むという。

目的・機能特化型のCMSは、ECだけに限らない。例えばnoteも広義のCMSだが、NHKが記者の取材過程の情報を書き留める「取材ノート」という公式noteを外部プラットフォームとして利用するなど、メディア業界のCMSとしての存在感が増している。こうしたCMSは、シェアは低くてもビジネス特有のニーズに応え、機能を磨くことでその業界にとって欠かせないツールになりつつある。

Mikata_01.jpg
オーストリアの調査会社、Q-Success社が運営するWeb調査サービス「W3Techs」が2021年1月に公開したデータ
出典:「Historical yearly trends in the usage statistics of content management systems」
https://w3techs.com/technologies/history_overview/content_management/all/y
Text:萩原雅之
トランスコスモス・アナリティクス取締役副社長、マクロミル総合研究所所長。1999年よりネットレイティングス(現ニールセン)代表取締役を約10年務める。著書に『次世代マーケティングリサーチ』(SBクリエイティブ刊)。http://www.trans-cosmos.co.jp/

掲載号

Web Designing 2021年4月号

Web Designing 2021年4月号

2021年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

“新常態”での“新課題”を予防&対処するCMSの必須知識!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 4月号(2月18日発売)特集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「非接触ビジネス」で勝利する!
CMS 最新ノウハウ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

“新常態”時代のWebサイト運用には「多様なコンテンツ管理」と「セキュリティ」の意識が不可欠!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2021年に突入しても、未だ先行き不透明な“新常態”の現在。
直接的な接触を極力避けることを推奨される「非接触」前提の中、顧客とのタッチポイントとして
Webサイトの役割はますます高まってきました。

ひとえにWebサイトと言っても、PC、スマホはもちろん、さまざまなデバイスで情報を発信できるようになり、
コンテンツもテキストベースだけでなく動画やライブ配信など、さまざまな手段が主流になってきています。

そう言った中、コンテンツ管理システム(CMS)の重要度はますます高まります。
さまざまな手段で情報を受け取る顧客の状況に合わせて適切な情報を届け、それを管理するには、
CMSを上手に活用することが不可欠です。

また、
「Webサイトに異常が発生したけど、在宅勤務なので社内サーバにあるCMSが触れない!」
などなど。テレワークという新しい働き方は、新たな課題も生み出しています。

さらに今後、個人情報保護の意識も国を挙げて高まり、
一度不祥事を起こすと会社の存続に関わるほどのダメージを受ける可能性も大いに高まってきました。
社内サーバにアップデートしていないCMSを置きっ放しにして許される状況ではもはやありません。
早急に「セキュリティ」について整備しないといけない状況です。


本特集では、そんな「非接触時代のWebビジネス」を効果的に、そして課題も解決しつつ運用するための
“新常態”におけるCMS運用の必須知識を、「選択・導入・運用」「セキュリティ」「リモート体制」「動画」の側面から
見ていきましょう。

さらに、この“新常態”時代に安価・安心・安全な商用CMSも多々紹介しています。
みなさんの会社やお仕事の状況&条件に適したCMSを検討してみてください!


【おすすめピックアップ!】
●非接触ビジネスの最適解! 安心・安全な商用CMS11
●クラウド型&オンプレミス型 CMSのメリット・デメリット
●個人情報保護法改正の衝撃! CMSの最新セキュリティ
●動画・ウェビナーはCMSで効果的に仕掛けよう
など

この記事を見た人はこんな記事も見ています