WD Online

データのミカタ Web Designing 2020年12月号

ビジネスツールで「生産性が向上する」とは? データアナリスト萩原雅之氏による統計コラム

プロジェクトマネジメント、コミュニケーションツール、タスク管理ツールなどの広告や紹介文でよく見るのが「生産性向上」である。正確には労働生産性と言い、単位時間あるいは労働者一人あたりの付加価値の生み具合を測る。工場やオフィスでは定義や算出法は異なるが、生産性向上と言うためには、そのツールを使って利益が増えるか、同じ利益を少ない労働量で達成するかが必要だ。

諸外国に比べて日本の労働生産性が低い話はよく聞く。2019年12月に発表された、日本生産性本部による最新データでは、1時間あたり労働生産性は46.8ドル(4,744円)で、調査対象の36カ国中21位だった。主要7カ国(G7)では、米国が74.7ドル(7,571円)、日本は最下位が続く。その国の産業構造や高収益企業の数によっても決まるので、日本人がさぼっているとかモタモタしているとは限らないが、競争力の源泉なのは間違いない。

似た言葉に「業務効率化」があり、こちらは同じ業務や作業をより少ない労働量(時間、人数)でできることを言う。ツールを使う個人にとっては、タスク量も労働時間も実感できる指標なので理解しやすいはずだ。経営者にとっては、少人数で業務完了となれば、配置転換や人員削減なども選択に入れられる。

面白いのは、ツールの効果がすぐに粗利益や労働時間に表れるわけではないことだ。例えば、「考えがまとまる」「アイデアを出す」タスクは、必ずしも労働時間に比例しない。創造性を引き出すツールから生まれたアイデアが、新規事業などで将来の売上や利益に貢献すれば、未来の生産性として表れる。ツールは使いこなして成果を出すことに意義がある。作業の効率性だけでなく、現在や未来の利益へのつながりを考える。それが生産性向上のためのツール活用である。

Mikata_01.jpg
上のデータは、公益財団法人日本生産性本部が2019年12月18日に公表。同本部がOECDデータベースなどをもとに分析、検証すると、2018年の日本の時間あたりの労働生産性は46.8ドル(4,744円)で、調査対象のOECD加盟36カ国中21位という結果に (グラフの単位:購買力平価換算USドル)
出典:「労働生産性の国際比較 2019」
https://www.jpc-net.jp/research/assets/pdf/R2attached3.pdf
Text:萩原雅之
トランスコスモス・アナリティクス取締役副社長、マクロミル総合研究所所長。1999年よりネットレイティングス(現ニールセン)代表取締役を約10年務める。著書に『次世代マーケティングリサーチ』(SBクリエイティブ刊)。http://www.trans-cosmos.co.jp/

掲載号

Web Designing 2020年12月号

Web Designing 2020年12月号

2020年10月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に業務を加速させる![図解]ビジネスツールガイド・Microsoft Teams使いこなし小冊子付き!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 12月号(10月17日発売)特集

8人のプロに聞く、Withコロナ時代に手放せない強力ツール
超図解!Webビジネス33ツール


あなたの会社にピッタリなツールが「素早く」見つかる!

年末から年明けに向けて今までの「新型コロナ」自粛で溜まり溜まった業務やノルマを、一気に巻き返さなければいけない企業は多いことでしょう。また、未だ収まりそうにない事態に不安のある中、動ける今のうちにしっかりと準備をしておきたいと考える会社、チーム、個人の方がほとんどだと思います。そこで大きく力になってくれるのは、デジタルをベースとしたツールやプラットフォームです。

しかし、すべての人にピッタリな「万能薬ツール」があるわけではありません。それぞれの業種やミッション、チーム&個人の状況により合う合わないがあります。できるだけ早い時間に、できるだけ時間的・人的コストをかけずに「最適なツール」を見つけ出せないものでしょうか。

そこで本号では、「自社に最適なツール」を素早く見つけ出すための選び方を紹介します。

「企画立案」「チームビルディング」「プロジェクトマネジメント」「制作」「解析」と、Web制作をはじめとしたデジタル施策の大筋の流れに従い、IT分野で活躍するプロフェッショナルにおすすめツールを理由とともに紹介していただきます。

ツールの機能やおすすめのシチュエーションなどを、ポイントを一言で簡潔に説明するので、じっくり読み込む必要はなく、誌面を眺めるだけで自然と自分(自社)に合いそうなツールが把握できます。

数あるツールに迷っている方、導入のために多くの関係部署や上司を説得しなければいけない方! 本号で意思決定→本格導入までをスピードアップさせてください!

●STEP1. プロジェクト運営×ツール <関係者の意思疎通をスムーズにしたい!>

●STEP2. 企画立案×ツール<アイデア出し・ブレストの質をあげたい!>

●STEP3. 設計&実装×ツール<共同作業の「二度手間」を無くしたい!>

●STEP4. 解析&改善×ツール<客観的&的確な判断材料が欲しい!>

●[16ページスペシャル!]一歩先ゆく「Adobe XD」使い方ガイド

【特別付録小冊子】
使いこなし度100%アップ!
Microsoft Teams 徹底活用ブック

知ればさらに生産性が上がるTips&連携ツール

リモート時代に企業での活用が目まぐるしく広がった「Microsoft Teams」を、さらに快適&効率的&生産的に活用するための「プラスα」を凝縮した小冊子です。

やりとりが効率化するTipsはもちろん、Teamsを活用したWeb会議にあると便利なマイクやカメラなどの周辺機器、Teamsを会社の代表電話にする!といったTeamsと連携できるツール紹介など知っていると確実に業務がはかどる情報を丁寧に解説しています!

この記事を見た人はこんな記事も見ています