WD Online

Web Designing 2020年12月号

【コラム】Slackの“自分専用”ワークスペース 今号のお題 [ツール]

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

今回のテーマは「ツール」ということで、仕事でもプライベートでも愛用しているSlackについて、お話したいと思います。

私は、Slackで自分専用のワークスペースを設けています。そこでは、ブックマークした記事や好みのデザインのWebサイト、読みたい本、プライベートで行きたい場所や欲しいものなど、さまざまなチャンネルを設けておき、気付いた時にSNSで見かけた情報や、仕事中にデザインのイメージ収集をしていて素敵だなと思ったサイトのURLなどを、片っ端から該当するチャンネルに放り込んでいくのです。

この方法を試す前は、WebやSNSで一時的にインプットした情報をアウトプットできずにお蔵入りさせてしまうことが多々ありました。例えば「プレゼンのエビデンスに、打ち合わせ時のちょっとした小噺になど、その記事を読んだ瞬間は「あとで使おう!」と思っていても、いざ使える場面になった時、「そういえば、あの記事ってどの媒体で見たんだっけ?」となってしまうのです。各SNSやブラウザで「いいね」や「ブックマーク」といった保存機能を使うことはできますが、それでは集めた情報を一元化できません。いい方法を模索し、たどり着いたのが、Slackの自分専用ワークスペースでした。

メリットは「どのデバイスからでもアクセスできること」「URLと一緒に一言コメントを残せること」「絵文字リアクションで読んだものにチェックできること」の3つあると思います。この中でも「一言コメント」がもっともメリットがあると感じており、インプット時の気持ちを一緒に残せるため、読み返すときに「こんなことを考えていたんだ」と気付きがあります。

ただ、Slackにひたすら放り込むだけでは以前のブックマークと何ら変わりありません。そこで、1日の中で記事を読むための時間をつくる工夫はしています。以前は通勤時間を使っていましたが、現在はリモートワークなので、朝、仕事を始める前に未読の記事をひととおり読むようにしました。一度すべてのブックマークをSlackに共有することを定着させてしまえば、スマホをいじっている10分、15分のわずかな隙間時間でも手軽に情報収集するクセがつき、インプットも気負わずできるようになります。

これは個人的な話ですが、私は昔から「何食べたい?」「どこ行きたい?」と質問されるのが苦手で、自分の引き出しが少なく、意見が出せないことをコンプレックスに感じていました。このコンプレックスも、ワークスペース内に「行きたいところ」や「気になるもの」などのチャンネルをつくったことで、探す当て(=引き出し)ができたり、ブックマークの傾向から好みの系統がつかめたので、少し解消につながった気がします。

リモートワークによって、ますますSlackを利用する機会は増えました。仕事の域を超えて使えるツールの一つとして、もっと面白い使い方が模索できたらと思っています。

OnesView_kojima_01.jpg
「好きなデザイン」「読みたい本」「行きたい場所」といった、さまざまなチャンネルをつくっておき、リンクを貼り付けています(左)。一言コメントをつけることや、絵文字リアクションで読んだものを可視化することもできて便利です(上)。
OnesView_kojima_il.jpg
ナビゲーター:小島香澄
株式会社KOS デザイナー。ハウスメーカーに新卒入社、資料のデザインが褒められたのをきっかけに、デザイナーとしてWeb制作会社に転職。日々の学習記録をSNSで発信していると、“モテクリエイター”として活動するゆうこす(菅本裕子)の目に留まり、2019年より現職。ゆうこすの手がけるサービスやプロダクトのデザイン全般を担当。 Twitter:@_mi_su_ka_

掲載号

Web Designing 2020年12月号

Web Designing 2020年12月号

2020年10月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に業務を加速させる![図解]ビジネスツールガイド・Microsoft Teams使いこなし小冊子付き!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 12月号(10月17日発売)特集

8人のプロに聞く、Withコロナ時代に手放せない強力ツール
超図解!Webビジネス33ツール


あなたの会社にピッタリなツールが「素早く」見つかる!

年末から年明けに向けて今までの「新型コロナ」自粛で溜まり溜まった業務やノルマを、一気に巻き返さなければいけない企業は多いことでしょう。また、未だ収まりそうにない事態に不安のある中、動ける今のうちにしっかりと準備をしておきたいと考える会社、チーム、個人の方がほとんどだと思います。そこで大きく力になってくれるのは、デジタルをベースとしたツールやプラットフォームです。

しかし、すべての人にピッタリな「万能薬ツール」があるわけではありません。それぞれの業種やミッション、チーム&個人の状況により合う合わないがあります。できるだけ早い時間に、できるだけ時間的・人的コストをかけずに「最適なツール」を見つけ出せないものでしょうか。

そこで本号では、「自社に最適なツール」を素早く見つけ出すための選び方を紹介します。

「企画立案」「チームビルディング」「プロジェクトマネジメント」「制作」「解析」と、Web制作をはじめとしたデジタル施策の大筋の流れに従い、IT分野で活躍するプロフェッショナルにおすすめツールを理由とともに紹介していただきます。

ツールの機能やおすすめのシチュエーションなどを、ポイントを一言で簡潔に説明するので、じっくり読み込む必要はなく、誌面を眺めるだけで自然と自分(自社)に合いそうなツールが把握できます。

数あるツールに迷っている方、導入のために多くの関係部署や上司を説得しなければいけない方! 本号で意思決定→本格導入までをスピードアップさせてください!

●STEP1. プロジェクト運営×ツール <関係者の意思疎通をスムーズにしたい!>

●STEP2. 企画立案×ツール<アイデア出し・ブレストの質をあげたい!>

●STEP3. 設計&実装×ツール<共同作業の「二度手間」を無くしたい!>

●STEP4. 解析&改善×ツール<客観的&的確な判断材料が欲しい!>

●[16ページスペシャル!]一歩先ゆく「Adobe XD」使い方ガイド

【特別付録小冊子】
使いこなし度100%アップ!
Microsoft Teams 徹底活用ブック

知ればさらに生産性が上がるTips&連携ツール

リモート時代に企業での活用が目まぐるしく広がった「Microsoft Teams」を、さらに快適&効率的&生産的に活用するための「プラスα」を凝縮した小冊子です。

やりとりが効率化するTipsはもちろん、Teamsを活用したWeb会議にあると便利なマイクやカメラなどの周辺機器、Teamsを会社の代表電話にする!といったTeamsと連携できるツール紹介など知っていると確実に業務がはかどる情報を丁寧に解説しています!

この記事を見た人はこんな記事も見ています