WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年10月号

冒頭2秒で効果を出すWeb動画[興味喚起]術 心を鷲づかむ動画とは?

溢れる情報の中で埋もれてしまいがちなWeb動画広告。近年急増したSNS動画広告の潮流を知ることが、埋もれない動画づくりの近道です。動画広告の継続的な改善を実現する株式会社Kaizen Platformの藤原玄さんに話を聞きました。
Illustration:大野文彰

なぜ“早く安く”が求められる?背景にあるのは潮流の変化

ここ1~2年、SNS動画戦略は大きく変化しています。特に「短納期、低コスト化が飛躍的に進んだこと」だというのは、(株)Kaizen Platformの藤原玄さんです。

この変化の理由のひとつには、2021年にはモバイルデータトラフィックの80%が動画で占められると言われ、動画広告市場が急速に拡大すること、加えて動画広告を配信する際に押さえるべきポイントが変化していることも影響しています。

従来、広告を配信するときには、配信するメディアのジャンルを決め、ターゲティングし、どんなクリエイティブにするのかを決めていました。しかしここ1~2年は、配信先として4大SNSが寡占状態です。これらはアルゴリズムによる最適化の精度があがり、細かなターゲティングも必要なくなり、残された投資領域はクリエイティブのみです。

「まさにクリエイティブが重要な時代の到来です。しかし僕らの統計では、動画クリエイティブの精度によって、最大11倍の費用対効果の差を生むと出ています。かつ、1~2週間でクリック率は30~35%悪化するほど、効果の摩耗が激しく、クリエイティブの鮮度が重要です。そのため、一球入魂で高コストを投入するのはもったいない。今はもっと、“短納期低コスト”で施策を重ねていくことが基本です」

動画元年と呼ばれていた4~5年前は、マスコミュニケーションの延長線上的な思考で作品的につくられていたものが、今ではユーザーに最適なものを検証する動きにあり、動画をひとつのコミュニケーションとして最適化させるようシフトしてきていると言えます。

movie01.jpg
年間130%市場が成長!拡大の一途の動画広告
動画市場の成長や動画の投稿や視聴が活性化し、2021年にはモバイルデータトラフィックの80%を動画が占めると言われる背景には、端末と通信の発展が強く影響しています。(出典:Cisco Visual Networking Index: Global Mobile Data Traffic Forecast Update, 2015–2020” by Cisco, Feb 3, 2016.)今はまだ、Facebookでは動画の自動再生をオフにしている層が少なくないですが、今後5Gがもっと浸透すれば、パケットを気にする必要のない環境となり動画が増加。特に動画広告はより増えていくでしょう
movie02.jpg
これからの動画戦略
4大SNSの動画広告を配信するプレイスメントが寡占状態にあることも影響し、クリエイティブの良し悪しによる効果の差が生まれやすくなっています。そのため、ほんのわずかな期間でクリック単価・クリック率が悪化する傾向が顕著になりました。この状況を考慮すると、今までのような動画戦略では費用対効果が上がりにくくなっています。結果、短納期・低コストの動画戦略が求められていると言えます

 

ALLクリエイター時代へ制作サイドにも潮流の変化

制作サイドに変化が現れたことも、早く安い動画作成に影響しそうです。

「最近ではツールの民衆化が進み、動画編集ソフトが素人でも使いやすいように改善されています。そのため、動画制作の敷居が下がり、クリエイターの参入のハードルが低くなりました。また、素材を入稿すると勝手にAIが動画を作成するサービスも登場しました。企業が動画制作を検討する際に、『自社でつくる/制作会社に依頼する/クリエイタープラットフォームに依頼する/AIでつくる』という4つの選択肢を手に入れたことになります」

どの選択肢を選ぶかの第一分岐は、素材の有無。撮影をする場合、時間やコストはかかっても制作会社に任せるのが安心です。ある程度自分たちで素材が集められるなら、最終的な判断の分岐点は動画制作のノウハウがあるか否かになります。

「動画の勝ちパターンを知っている場合は、AIでつくるのが最も低コストです。しかし、動画制作の知識がなければ、クリエイターに相談するのが効率的です」

movie03.jpg
Web動画はユーザーの生活の一部に
動画は限られた場所・領域は配信されるものから、どこでも接触できる気軽なものに変化しました。情報がすごく溢れている中で、ユーザーはどのような視聴態度で動画と対峙しているかを知ることが、SNS動画制作をするうえではとても大切です

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています