WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年10月号

それイイね!”が集まるSNS運用の [インスタ動画]術 企業アカウント「中の人」養成講座

企業のSNS運用は、戦略を欠いたままでは担当者の負荷が高まり、投稿ネタの枯渇やトンマナを逸脱してトラブルが生じるリスクも。今回は運用体制のつくり方から省力化のアイデアについて考えていきます。
Illustration:シライカズアキ

SNS_column01.jpg
【SNS担当 仲野ヒトミ】
とある中堅メーカーに勤務する仲野さんは、ある日SNSアカウントの担当に指名されました。企業アカウントの「中の人」としての活動をウォッチしていきます。

ユーザー層が多様化し男性向け商材にも有用

Instagramといえば、比較的若い女性ユーザーが多く、オシャレでキラキラした写真が多く投稿されているというイメージがあるかもしれません。しかし、今はそれだけではないようです。ソーシャルメディアマーケティングを研究し、企業などの課題解決を支援する(株)ガイアックスの重枝義樹さんと吉田朋子さんは、こう話します。

「女性ユーザーによるオシャレな投稿が多いという傾向は今も引き続きありますが、近年はユーザー層がより多様化しています。男性ユーザーも多く、年齢層も広がっています。そのため、自動車メーカーやスポーツメーカーなど男性ユーザーの多い商材を持つ企業でもInstagramが活用されるようになってきました。特に最近は、在宅ワークになり家にいる時間が長くなった方が増えた影響で、男性をターゲットとした料理コンテンツや調理家電などが盛況のようです」

同社が推算したInstagramユーザーの年代別分布を見ると、10代から60代まで幅広く、男性ユーザーも4割~5割程度と多くなっています。いまや業種を問わず、企業にとってマーケティングに有用なプラットフォームになっているといえます。

投稿される写真に関しても、“映える”ものばかりではなくなっているそうです。

「インフォグラフィックスや文字主体のものなど、“読むInstagram”が増えてきました。また、ダイエット記録や家計簿帳としてなど、使われ方も多様化しています」

TwitterやFacebookといった他のSNSとは、どのような違いがあるのでしょうか。Instagramの特徴を伺いました。

「Instagramの公式アプリでは、DMで共有する機能はあるものの、リポスト機能がありません。情報が場違いに拡散されることが少なく、ほとんどがフォロワーかタグから検索されるか、発見タブというレコメンド機能で表示されるかという経路で閲覧されることになるので、“同じ物が好き同志で繋がる”という特徴があります。そのため炎上しづらく、場が荒れることを心配する企業も安心して使えます」

 

フィードは世界観を重視ハマらない投稿はストーリーに

Instagramには、「フィード」「ストーリー」「ライブ」「IGTV」と4つの投稿場所がありま
す。これも他のSNSにはない特徴です。それ
ぞれ、どのように使い分ければよいのでしょうか。まずは、ユーザーのタイムライン上に
表示されるフィードについて伺いました。

「フィードの投稿は、ブランドのカタログやお店の正面玄関のようなものです。“世界観を統一し、壊さない”ことが大切です。動画より静止画の方が見られやすい傾向があるので、複数枚投稿にして1枚目は静止画、2枚目以降に動画を置くというような使い方をするのもよいでしょう」

 そうはいっても、セールの告知などブランディング以外で使いたいこともあるでしょう。その場合は、24時間で投稿が消えるストーリーが有用です(アーカイブを残すこともできます)。

「フィードが“表の顔”だとしたら、ストーリーはそこにハマらないセールのお知らせや舞台裏を見せる“裏の顔”として利用されています。たとえば、人気のアイス店のスタッフが上手な盛り付けを練習する光景や、普段は表に出てこない雑誌の編集スタッフによる対談といった内容もあります。投稿を最後まで見てもらうための工夫としては、再生された瞬間に心を掴む内容にし、縦長動画で画面占有率を高くして目にとまりやすくすることがポイントです」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています