WD Online

オンライン業務で役立つ即戦力Tips(1) オフラインをツール活用で超える!

リモートワークの本格的な普及で、Web会議などを日常的に使うシーンが増えました。ここでは、オンラインコミュニケーションツールをもっと便利に使いこなすための便利技を紹介します。

バーチャル背景に写真・動画を設定する

使用ツール●Zoom、Microsoft Teams

リモートワークでは、PCやタブレットのWebカメラによるビデオ通話やビデオ会議の機会が増えます。その際に、自宅の雑然とした室内やオフィスの様子が背景に映り込むのはあまり望ましくありません。

オンラインビデオツールの「Zoom」やコミュニケーションツールの「Microsoft Teams」にはビデオに背景効果を追加する機能があり、オリジナルの写真を背景として追加できます。さらに、Zoomでは一部の環境でHD動画(1920×1080ピクセルまでのMP4またはMOV形式)を背景として設定できます。フリー素材配布サイトなどでは、写真はもちろん繰り返し再生されるループ動画(10秒程度がおすすめ)がダウンロード可能なので、TPOに合わせて設定しておくとよいでしょう。なお、Zoomではクロマキー合成用のグリーンバックなしに映像から人物だけを抜き出す「バーチャル背景」機能があります。ただし、画像処理に負荷がかかります。

このような背景合成機能はビデオ通話の雰囲気を和ませる効果が期待できますが、そのほかのシーンでも活用可能です。例えば、Webセミナー(ウェビナー)を実施する際に、講演者の背景にコーポレートロゴが入った画像を合成すれば記者会見や展示会でよく見られるバックパネルと同じ効果が得られます。アイデア次第でほかにもさまざまなシーンで活用できます。

TIPS_01.jpg
TIPS_02.jpg
TIPS_03.jpg

 

Google Meetでもバーチャル背景を使いたい

使用ツール●Google Meet、Snap Camera

Zoomのバーチャル背景やMicrosoft Teamsのカスタム背景機能を利用したいけれど、自社の情報セキュリティポリシーなどで導入が禁止されていることがあります。一方、Googleのオンラインミーティングサービス「Google Meet」では、残念ながらこうした背景機能に対応していません(原稿執筆時点6月上旬、今後対応予定)。しかし、企業向けのG Suiteを導入済み、あるいは個人のGoogleアカウントがあるユーザーであれば、あるテクニックを利用することで今すぐ背景機能を利用できます。

用意するのは「Snap Camera」というオンラインソフトで、Mac版とWindows版があります。同ソフトはWebカメラに映った人物にユニークな加工をリアルタイムで行うソフトで、そのエフェクトを「レンズ」と呼んでいます。レンズの多くはジョーク的なものですが、英語で仕事やオフィスに関わるキーワードで検索するとビジネス向きのレンズも見つけることができます。

ここで、背景効果に適したレンズを選択した状態でWebブラウザでGoogle Meetにアクセスし、設定画面からビデオの入力を標準のWebカメラからSnap Cameraに切り替えます。すると、背景効果が反映されるようになります。ただし、現在のところGoogle Chromeは対応していますが、Safariなど一部のブラウザではこのビデオの切り替え機能が未対応となっています。

また、注意点としてWeb通話中はSnap CameraとGoogle Meetの2つが起動することになるため、マシン負荷は通常の場合と比べて高めとなります。ノートパソコンなどでは冷却ファンが回転してしまいノイズを生じることがありますので、画面解像度の設定を低めにするなどの対応が必要となります。

TIPS_04.jpg
TIPS_05.jpg
TIPS_06.jpg
TIPS_07.jpg

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています