WD Online

「同僚の存在」を感じる社内オンラインハッカソン “チーム”の一体感&連帯感を高めるIdea①

エンジニア向けの開発系イベントを、年に3回実施しているというクックパッド株式会社。通常ならばエンジニア100名ほどが一堂に会し、1日がけでイベントを行うところ、今年は敢えてリモートワーク環境下にて開催。その理由や目的についてうかがいました。

1. なぜ、リモートワークの最中にハッカソン?

エンジニアのやる気をつなぎ留めるイベントを!

新型コロナウイルス感染症の影響で、世の中のイベントが中止や延期を余儀なくされた2020年上半期。そんな状況下であっても「オンラインでもしっかりとイベントが行えるという実績をつくりたい。社員にも、オンラインでイベントができるのは当然なんだと思ってほしい」と考えたのは、クックパッド(株)CTO成田一生さんです。

そう考えたきっかけは、毎年2月に開催されていた社外向け技術カンファレンス「Cookpad TechConf」が中止されたことでした。このカンファレンスは、社内のエンジニアがクックパッドの技術を公開プレゼンするもの。ここでの登壇に向けて開発を進めたり、プレゼンテーションの練習をしたりと、エンジニアたちにとって一大イベントです。しかし本イベントの中止を皮切りに、月1回程度で開いていた社外向けの発表イベントはもちろん、社内向けの勉強会などの中止が次々と決定しました。この状況に成田さんは、エンジニアたちの考えや自分の持っている技術、やりたいことを表現する場がどんどん減っていくのでは…と焦りを感じたと言います。

「みんなが出社できない状況は、長期的に続くだろうと思っていました。一旦は中止して、また落ち着いたら集まってやろうといっても、空白期間がどんどん長くなるばかり。そうなると、エンジニアたちのモチベーションや会社の雰囲気に影響してくるだろうなと、懸念していました。その状況を打開するために今できることは何かと考え、そもそもこの状況の課題を解決するためにもハッカソンをオンラインでやったらいいのではないかと思いました。まだリモートワークに慣れていない時期だったので、自分の環境をよくするために、みんな柔軟に頭を使って考えていましたから。それをうまく活かしたイベントができたらいいのではないかと思い、オンラインハッカソンを企画しました」

社内ハッカソンは、「Hackarade (Hack + Paradeの造語)」と銘打って、もともとエンジニアの技術力向上のために年3回行っていました。それを、今行うからこそ意味のあるものにしようと、テーマは「私のWork From Homeの課題解決」と設定。ほとんどの人が直面する最大公約数的な課題ではなく、家の中で仕事をする上で自分が困っていることを自分で解決することに主眼を置いたテーマ設定にしたのだそうです。

 

イベントを通し感じてほしい「同僚の存在」

また、成田さんはリモートワーク中にも、「同僚の存在」を感じてほしいという想いもありました。自宅で仕事をしていると、業務上で関係があるチームの数人しか視界に入らなくなります。会社に出社して仕事をしていれば、なんとなく視界に入り意識することができていた他部署の人も、意識の中での存在感が薄れ、忘れてしまうかもしれない。他の部署の人の名前や、悩みを視界に入れる機会を意図してつくれないかと思い至ったのがイベントでありハッカソンだったのです。

「自宅で作業をしていると会話が減ると言います。しかし、チームで定例のミーティングを開いたり、マネージャーとは1on1を行ったりしていますので、業務上で必要な会話はそんなに変化はないはずです。つまり、減っているのは、業務上必要ない情報。例えば隣の部署から聞こえてくる会話の内容とか、コーヒーを淹れにいくタイミングがいつも同じ人とする雑談とか。リモートワークになり、そういった無駄なことがどんどんそぎ落とされて同僚を感じにくくなっています。しかし、『組織』のあり方としては、『無駄や遊び』は重要なものです。この無駄なことや遊びを、会社がどれくらい用意できるかが、事業の次につながっていくのだと考えています。実は大切な業務上に直接かかわりのない人とのつながりを、いい形でつくりたいと思っていました」

誰かがわざわざ音頭を取らなければ実施できないイベントは、まさに「無駄や遊び」を具現化したもの。参加者全員が、一斉に時間を取れない状況も踏まえて、オンライン用に参加や応募のルールを調整することも必要でした。

Idea1_01.jpg
【オンラインハッカソン提出作品】無駄なつながりをマッチングするサイト
オンラインチャットを誰かと繋ぎっぱなしにして黙々と作業をする通称「さぎょイプ」を、Zoomで行うためにマッチングを支援するWebサービス。自宅で作業をしていると、どんどんそぎ落とされていく「無駄」なつながりを担保

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています