データで理解する Web動画の[最適化]術|WD ONLINE

WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年6月号

データで理解する Web動画の[最適化]術 動画マーケティングを数値で読み解く!

動画は撮影のセンスや映像の品質が重要と捉えている人は少なくありません。しかし、Web動画にその常識は当てはまりません。視聴ユーザーが求めているものをデータから読み解くことでどのような動画が効果的であるのかが自ずと見えてくるのです。
Illustration:大野文彰

Web動画ビジネスの現状を数字で知る

動画を企業のプロモーション活動の中心に据える動きが、近年ますます加速しています。そして、その中心が動画共有プラットフォームの「YouTube」です。月間約20億人のユーザーがアクセスし、1日の総視聴時間は10億時間以上に及ぶなど、グローバルで圧倒的なシェアを誇っています。

YouTubeを筆頭にした動画共有サービスは、日本人の生活の中にも浸透しています。平成28年度の情報通信白書の調査によると、年齢が高くなるほど利用率が下がる傾向にあるものの、全体の平均で74.5%のユーザーがYouTubeなどの動画配信サービスを継続的に利用したい意向を示しています。

「動画視聴ユーザーが増えている一方で、SNSや動画配信・共有サイトの信頼度は約11%とテレビの62%より低い傾向にあります。YouTube活用を検討している企業の担当者は、まずそうした全体像を理解する必要があります」と動画マーケティングのスペシャリスト、木村健人さんは語ります。

 

モバイル動画で商品を発見・購入する

そして、YouTube視聴ユーザーはテレビ視聴者とは異なる目的で利用している傾向があることがGoogleの調査などで判明しています。特にスマートフォンなどモバイルユーザーは、場所や時間帯に縛られず生活のあらゆるシーンで動画を視聴する傾向があり、主に「エンタテインメント」「情報」「つながり」という3種類の動機で利用していることが判明しています。

「90%以上のYouTube視聴ユーザーが新たな商品やブランドの発見のために利用していますし、動画の内容を購買決定の参考にしているユーザーは約68%にのぼります。特に商品やサービスの使用感をわかりやすく伝える『レビュー動画』が求められる傾向が高まっています」

また、ユーザーがそのレビュー動画に到達するまでの経路もYouTubeでは独特です。従来のWebサイトのような検索キーワードによる流入とは別に「関連性の高い動画」から流入し、動画を相互に移動する傾向が見られるのです。YouTubeでは、この動画間の回遊を促すためのアルゴリズムが導入されています。

「YouTube活用を検討している企業の担当者は、まず、こうしたユーザーの動機やサイト内での動き、YouTube側が提供する仕組みを理解してから動画制作に取り組む必要があります」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています