WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年6月号

Goodpatch Anywhereに学ぶリモート・チーム術 テレワーク・ビデオ会議の質を高める実践テクニック1

フルリモートでサービスやプロダクトのUI/UXデザインを行う「Goodpatch Anywhere」。彼らはどんな環境で、リモートワークを行っているのでしょう。まずはその環境を見ていきましょう。

Goodpatch Anywhereとは
UI/UXデザイン会社Goodpatchが運営する、国内外の100名を越えるクリエイターが参画するフルリモートデザインチーム。オンラインのツールを活用しながら、通常のプロジェクトを越える成果を目指している。

仕事の質を高めるためのオンライン環境とは

今回オンライン取材に協力していただいた5名は、それぞれ北海道、新潟、東京、福岡と異なる場所からGoodpatch Anywhereに参加しています。

彼らがめざすのはオンラインであるということを活かして、オフラインの制作チームよりも質の高い成果を上げること。そんな高い目標を実現するために構築したのが、上図で紹介しているコミュニケーション環境です。

通常時は、SlackとDiscordを併用して、文字でも音声でも連絡がとれる常時接続環境をつくっています。これはいつでも、その時の内容に合わせたコミュニケーションがとれるようにするための工夫です。チャットはメールと比較して気軽でスピーディなコミュニケーションが可能ですが、内容によっては直接話したほうが伝わりやすい時もあります。そういった要望をかなえるために、どちらの手段をとってもすぐに話ができる環境を整えているのです。

Discordでは「◯◯さーん!」と声をかけると高確率で返事が帰ってくるそう。いちいちチャットで確認をとるなどという遠回りをしないですむようにしているというわけです。

一方、Zoomを使ったビデオ会議では、miroやFigmaといったツールを活用することで、話をするだけでなく、同時に制作も進めるのだそうです。これによって、メンバー全員が制作に関わることになるため、プロジェクトへの理解が深まり、質も上がるといいます。会議というよりは「制作のための場」と記したほうが、実際のイメージに近いでしょう。

ではこうした環境を運営していくために、それぞれのメンバーはどんな点に気を遣っているのでしょう。次ページで紹介します。

telework01.jpg
 
telework02.jpg
 

 

Goodpatch Anywhereメンバーに聞いた「リモートワークの質を高める6つのポイント

オンラインであることの強みを活かして、オフラインよりも質の高いチームづくりをめざすGoodpatch Anywhere。ここでは彼らが経験の中から生み出したポイントを紹介してもらいます。

telework09.jpg
大堀祐一さん
サービスデザイナー。(株)DENDESIGN 代表取締役も務める。アプリやWebサービスの設計、UIデザインなどに200以上従事。母校である千葉大学工学部デザインコースで非常勤講師。サバゲーとジープが趣味。
telework10.jpg
齋藤恵太さん
サービスデザイナー。2013年にGoodpatchにジョイン。良いプロダクトやサービスを生み出す組織について研究、2018年10月よりリモートワークの新規事業 Goodpatch Anywhere を事業担当者として立ちあげに携わる。
telework11.jpg
五ヶ市壮央さん
UXデザイナー。メーカー企業でUI/UXデザインに従事。2017年、子どもが小学生になるタイミングに札幌へUターン。2018年からGoodpatch Anywhereにジョイン。スタートアップ「スマートルアー」にも参画中。
telework12.jpg
須貝美智子さん
プロジェクトマネージャー/テクニカルディレクター。東京の制作会社にて、主に広告系のPM、PGに従事。結婚・出産を機に新潟へ。デザイン会社を経てGoodpatch Anywhereヘジョイン。
telework13.jpg
ハマダナヲミさん
UI・グラフィックデザイナー。アプリのUIやWebなどオンスクリーン媒体中心にロゴ、紙ものまで、見た目を作る側に比重の高いデザイナー。東京から福岡に戻った後もデザインに携わる。

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています