WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年4月号

“それイイね!”が集まるSNS運用の [CMS活用]術 企業アカウント「中の人」養成講座

企業のSNS運用は、戦略を欠いたままでは担当者の負荷が高まり、投稿ネタの枯渇やトンマナを逸脱してトラブルが生じるリスクも。今回は運用体制のつくり方から省力化のアイデアについて考えていきます。
Illustration:シライカズアキ

SNS_column01.jpg
【SNS担当 仲野ヒトミ】
とある中堅メーカーに勤務する仲野さんは、ある日SNSアカウントの担当に指名されました。企業アカウントの「中の人」としての活動をウォッチしていきます。

ストックとフローの違いを意識する

SNSアカウントを運用している企業の多くは、自社のWebサイトやブログ、メルマガなどを顧客接点として持っているのではないでしょうか。

それぞれの運用を外部に委託するか会社の「中の人」で回すか、ECサイトなど商品の販売も行うかどうかなど、その戦略は会社の規模や事業の目的などによって千差万別です。しかし、SNSが発展して購買メディアとしての機能を持ち始めた現在でも、WebサイトやCMSを用いたブログの存在は必要不可欠と語るのはSNSコンサルタントの田村憲孝さん。

「SNSの仕事をしている私が言うと不思議に思われるかもしれませんが、社内ブログや継続的に更新するコンテンツはほとんどの場合で必要です。SNSとどちらに力を入れるべきかは目的次第ですが、トリプルメディアでいうところの“オウンドメディア”とSNSなど拡散に適した“アーンドメディア”は扱う情報の性質が大きく異なるので両方が欠かせません」

その違いとは、CMSで構築するブログなどの記事は「ストック」として蓄積されていき、検索からの流入が基本となるのに対して、即時性の強いSNSは「フロー」として流れ続けるという性質が強いというものです。この根本的な違いを捉えて、それぞれのメディアの間で人の流れを循環させていくことが重要です。そして広告などの“ペイドメディア”は、このサイクルの流れを加速するアクセラレータとしての役割を果たすのです。

さらに、それぞれのユーザーの動きを可視化する解析ツールも普及していますが、「これまで以上にオーガニックなコンテンツが求められるようになる」といいます。

 

メディア集客モデルの大きな変化

また、各メディアの役割の違いを知るのと同時に意識しておきたいのが、メディアの集客モデルの構造的変化です。

かつてTVや新聞・雑誌などマスメディアが主流の時代は、情報の伝播は一方的でした。ところが、インターネット登場以降は情報の流れが双方的になる一方で、情報発信力の強いインフルエンサー型のモデルが現在進行形で広まっています。

そしてスマホの普及によって、情報発信者と受信者の関係性はさらにフラットにななりつつあります。もはや特定のメディアや個人に依頼すれば企業が望んだとおりの情報を伝えられるということは難しい時代なのです。時として情報が一人歩きする「シミュラークル(虚像)型」の操作不可能な状況下では、リアルタイム性の高いSNSと幅広く役立つコンテンツを織りなして対応していくことが企業のメディア運用の肝となるのです。

「何が理由でSNSの投稿が跳ねたり、ブログの記事が読まれるか、過去のデータの分析だけでは予測できません。ましてや短期間で成果を求めることは困難です」

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年4月号

Web Designing 2020年4月号

2020年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSはマーケティング戦力アップの最終兵器だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さまざまなマーケティング戦略の「母艦」にする実践ノウハウ

攻めのCMSマーケティング2020


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMS。
顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!

Web Designing 2020年4月号では、
積極的にビジネスを展開させるためにCMSを120%活用するノウハウを
現場レベルの課題感に合わせてお伝えします。


【こんな方にオススメ!】
■とりあえずWordPressにしてみたものの、実際の運用に様々な課題が出てきた
■既存のCMSではこの度やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【内容(予定)】
●[攻めの多角的発信]ワンソースマルチユースを実現せよ!
・情報発信先はWebサイトだけではない!アプリ・IoT・サイネージ etc.
・ワンソースマルチユースが考えやすいCMSは?(機能面&サポート面)


●[攻めの新ビジネス]Webビジネスの潮流にCMSで乗りこなせ!
・サブスクリプション、CX、SNS、動画、EC、AI・・・


●[攻めのマーケティング]CMSをマーケティングにフル活用せよ!
・さまざまなマーケティングツールを連携させる戦術ノウハウ


●[攻めのリニューアル]Webサイトリニューアルで収益を上げろ!
・既存サイトを「攻めのサイト」に変えるには


●[攻めの運用]効率的かつ業務改善に繋がる運営をせよ!
・多部署間連携をスムーズにするコツ

●[攻めのための守り]セキュリティを堅固にせよ!

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています